2017年3月/写真展図録から教育書まで4冊刊行準備中!

3月には以下の4冊を刊行いたします。
詳細、随時アップしていきます。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

【3月中旬書店発売!】

『山崎博 計画と偶然』
東京都写真美術館編
A4判変型・192頁・2750円(本体価格)

◎写真家・山崎博、45年間の軌跡。東京都写真美術館の総合開館20周年記「計画と偶然」展公式カタログ。長時間露光によって太陽の光跡を視覚化した代表シリーズ〈HELIOGRAPHY〉をはじめ、主要作品182点を収録。

[寄稿]
北野謙(写真家)/石田哲朗(東京都写真美術館・学芸員)/光田ゆり(美術評論家)

 

 

【3月下旬書店発売の3冊】

『工芸の教育』
大坪圭輔著
A5判・336頁・2400円(本体価格)

◎工芸の定義から工芸教育の歴史、設備、題材開発、鑑賞まで、工芸教育の基礎をおさえながら、教育の枠を超えた広い視野で工芸をとらえ考察。

 

『道徳科教育講義』
高橋陽一/伊東毅編
A5判・320頁・1900円(本体価格)

◎アクティブ・ラーニングとしての特別の教科である道徳。その理論や歴史から授業プランまで教師に必要なノウハウと教養を伝授!

 

『現代アート10講』
田中正之編
A5判・232頁・2400円(本体価格)

◎デュシャンにはじまり3.11以降の日本の美術まで
10のアプローチによる現代アートの新たな読み解き!

[10名の著者]
田中正之/松井勝正/沢山 遼/橋本 梓/天野知香/畠中 実/土屋誠一/岡山理香/木田拓也/蔵屋美香

 

[営業ずっち☆]

ツイート

コメントをどうぞ