わすれたらたいへん

はッ! お弁当の予約をせねば!
鷹の台での、通信教育課程卒業制作の撮影準備を
しなければならない。まずは弁当予約なり。
えーと、なんという店だったか・・・毎年毎年、
思い出せないのはどういうことか。
「凹山、お弁当、どこだっけ?」助けを求めるが、
「覚えてないですよ」つれないお返事。
昨年の備忘録をひっぱりだし、ページを繰る。
そうだ、そうだった「○やす」だ。
今年はしっかりした「おばちゃん」が電話応対。
第一関門突破。
去年はめったに出ない社長(おぢ)さんが電話に出て、
届くはずのお弁当が来なくて困ったっけなー。
催促の電話をしたら、慌てて社長自らが配達にきた。
「す、す、すみませんっ!予約表を別の日付けに
 貼っていました!」と平謝り。
「おばちゃん」に、こっぴどく怒られたらしい。
お弁当をあけると、お詫びの気持ちなのか、
巨大なイカフライが御飯の上にドーンと乗っていて
大爆笑。ホカホカでうまかった。
こうしてカメラマンの岡野さんとは、かれこれ13年、
ひやひやしたり、時に大笑いして、毎年、卒業制作の
撮影を行っている。
2月末から3月にかけて、絵画系作品、デザイン系作品、
展示会場と3日間にわけての撮影。
ことに絵画作品は、撮影が終わるやスタンバイしている
約20人のアルバイトが、えっさえっさと卒制展の
展示会場に運び込み、設置する作業が加わる。
10号館はエレベーターがないので、たいへんな作業だ。
彼らの顔色が悪くなってきたら、「あめちゃん」を
配るのも、重要なハムコの任務である。
そうだった、あめちゃんを仕入れねば。。。
[編集:ハムコ]

ツイート

コメントをどうぞ