「彫刻と対話法Ⅲ ー思いどおりにする、をするかー」展のお知らせ

東京地方、梅雨らしい空模様が続いています。

今日は、本日が開催初日のムサビ大学院造形研究科修士課程・彫刻コースと芸術文化政策コースによる展覧会のお知らせ。

「彫刻と対話法Ⅲ ー思いどおりにする、をするかー」

院展2017ポスター

日時:2017年6月13日(火)~ 6月25日(日)
   10:00-17:00 ※19日(月)は休館日
場所:府中市美術館 市民ギャラリー

ムサビwebサイトの展覧会紹介ページ → こちら
美術館のwebサイト → こちら

●公開講評
日時:2017年6月14日(水)13:00-16:00
場所:府中市美術館 市民ギャラリー
参加教授:黒川弘毅、戸谷成雄、伊藤誠、三沢厚彦、高柳恵里

●イベント
「彫刻と対話法Ⅲ 制作の現場からー思いどおりにする、をしたか」
日時:2017年6月18日(日)14:00-16:00
場所:府中市美術館 講座室 ※無料
ゲスト:和田昌宏氏(アーティスト)

公開講評は、明日。
それぞれ彫刻界の第一線で活躍されている先生方が、
学生たちの作品をまえにどのようなお話しをされるのか。
なかなか立ち会えない機会と思います。
平日の昼下がり、となかなか難しい条件かもしれませんが、
ご都合のつく方は是非足をお運びください。

(編集:凹山人)

ツイート

コメントをどうぞ