山口雅己さんとムサビ出版局

訃報のつづく梅雨はじつに寂しい。

大学出版部協会の前理事長であった山口雅己さんの

通夜が月曜日にあった。

東大出版会の前専務理事でもあり、いくつもの要職を

同時に務めておられた。

当時、まだ本郷にあった東大出版会にお邪魔すると

山口さんと常務理事の竹中さんがお雛様のように(?)

机を並べておられ、呑気にもハムコはシュークリームを

手土産に、ずいぶんといろんな相談をさせていただいた。

東大出版会のような老舗に比べれば、ムサビ出版局など

赤子のような存在だったが(今もそうだが)

赤子の話をよくも聞いてくださったものだと思う。

できたての『日本古典芸能史』を持参すると

「これは面白い本ができたね」と言ってくださり、

しばらくたって「ちょっと気になるところがあったよ」

と、そっと誤植を知らせてくださったこともあった。

あれほど多忙な方が、じつに丁寧に読んでくださり、

こうした指摘をさり気なくしてくださったことに

たいへん驚きもし、ハッと背筋が伸びるというか、

襟をただす瞬間でもあった。

遺影の山口さんは、とても柔和な笑みを浮かべて

おられた。三人の息子さんは、すらりと背が高く、

山口さんの若かりし日もかくあらんと思った。

ダンディーで優しい方だったと言うと、異論を唱える

人もあるかも知れないけれど、私どもムサビ出版局の

山口さんへの思いは、そうとしか言いようがない。

[編集:ハムコ]

ツイート

コメント / トラックバック1件

  1. Takenaka より:

    ありがとうございました。

コメントをどうぞ