ハロウィン?

maupのある吉祥寺東町から通信教育課程の三鷹教室まで、自転車でぐいぐい漕いで20分程度の距離です。
今日の夕方、刊行を予定している教科書の筆者と打ち合わせがあり、行ってきました。自転車で。

夕方の吉祥寺駅界隈はとても人が多いので、裏道、脇道を繫いで繫いで走るわけですが、夕方の吉祥寺に裏道脇道はあっても人通りの少ない道なんてないのであった。

しかも、子どもがやたら多くて、5〜8歳くらい?
どうにも様子がおかしい。
クマの着ぐるみの坊ちゃんとか、ドレスのお嬢さんとか、魔女の帽子とか…あ、ハロウィンね。

10月31日にまだ1週間ありますが、どこかで子ども向けのイベントでもあったのかもしれません。

盛り上がり始めたばかりの頃、白昼の渋谷でグロテスクな何者かに対面して硬直して以来(まさかハロウィンの仮装だとは夢にも思わず)、10月31日の渋谷のスクランブル交差点には絶対近づくまいと決めてます。

ハロウィンという言葉は、うん十年前に読んだレイ・ブラッドベリの『ハロウィーンがやってきた』で知ったのですが、当時はブラツドベリのファンならば知っている程度の認知度だったはず。何事も変われば変わるもんです。

編集:t:eeh

ツイート

コメントをどうぞ