in 国分寺

今朝の東京地方、このシーズン一番の冷え込み。
いよいよ本格的に寒くなってきました。

今日は国分寺で行われている、ムサビの学生によるイベントのご紹介。

「喚起 ムサビアートサイト2017」

t_20171011_1-1

日程:2017年11月11日(土)-2017年11月26日(日)
時間:10:00-16:00
場所:都立武蔵国分寺公園 円形広場(東京都国分寺市泉町2-1-1)
アクセス:JR中央本線・西武国分寺線 国分寺駅 徒歩10分
     JR中央本線・武蔵野線 西国分寺駅 徒歩7分
入場料:無料(一部イベントは有料)
主催:ムサビアートサイト2017実行委員会
後援:国分寺市、武蔵野美術大学

「ムサビアートサイト」とは
本学学生有志により運営されてきた野外展覧会です。1987年に小平市で開催された「小平野外彫刻展」を皮切りに、時代に即して名称や会場を変えつつ、約30年に渡る歴史を刻んできた伝統のあるものです。
今年度は「喚起」をテーマに、人々が集う公園という空間を変化させ、非日常的な感覚を呼び起こすという目的のもと、約30点の作品が集まりました。
会期中には、親子で楽しめるワークショップやイベント、作家自身の解説による作品鑑賞ツアーなども開催予定です。

関連イベント
(1)「作品鑑賞ツアー」
出品者本人に作品のコンセプトなどを話してもらいます
日時:11月26日(日)14:30-
参加料:無料

(2)「動物かくれんぼ」
公園の中にいる動物たちを探してみよう!
日時:展覧会期間中常時開催
参加料:無料

(3)「お絵かきフラッグを作ろう!」
公園の中にオリジナルフラッグを飾ろう!
日時:11月18日(土)、19日(日)12:00-14:30(30分×5回)
*「ぶんぶんウォーク」内のイベントとして実施
参加料:100円

その他、詳細はこちら →「喚起 ムサビアートサイト2017」ウェブサイト

国分寺と言えば、明後日19日(日)は「日立中央研究所庭園」秋の公開日。「日立中央研究所庭園」は野川の源としても知られ、手つかずの森が保存されています。同庭園に立ち入れるのは、春秋の年2回。なかなか貴重な機会です。

日付:平成29年11月19日(日曜日) 10:00-15:00(受付=14:30まで)(注)雨天中止
会場:日立中央研究所(東恋ヶ窪一丁目280番地)

「ムサビアートサイト2017」とあわせていかがでしょうか。
庭園公開は時間帯が短いので注意してください。

(編集:凹山人)

ツイート

コメントをどうぞ