『徹底検証 教育勅語と日本社会——いま、歴史から考える』

今日の東京地方、日中は20度近くまで気温が上がりぽかぽかでした。

できたてホヤホヤの一冊を、著者の一人であるケロT先生よりいただきました!

教育勅語

岩波書店編集部編
『徹底検証 教育勅語と日本社会——いま、歴史から考える』
岩波書店、2017年

出版社サイト → こちら

帯にあるとおり「なぜ、折々に蘇るのか?」、私も不思議に思います。でも、そうでない人たちが大勢いることも事実。
いかなる立場であれ、自らの考えをあやふやでないものにするためにも、歴史に学ぶことは続けなければならないと思います。
まあ、その歴史の解釈も一筋縄ではいかないので、諸々難しいわけですが。

ケロT先生、ありがとうございます。拝読いたします。
皆さまも、MAUP刊行、ケロT先生、I先生の共著『道徳科教育講義』とあわせて、是非。

今日の陽気に油断すると、風邪をひいたりするかもしれません。
くれぐれも体調管理に気をつけてお過ごしください。

(編集:凹山人)

ツイート

コメントをどうぞ