ゴールデンウィークのほんの一瞬

連休が終わったとたんの長雨です。しかも寒い。明日から天気はよくなるようですが風薫る五月にははるかに遠いです。

モッコウバラ、庚申バラのあと、テイカカヅラ、ノイバラが咲きそろい、大輪のつるバラがまとまって咲いたこの連休は、開け放った窓からよい匂いが家の中にも流れ込んで、文字どおり「風薫る五月」の贅沢な時間を堪能しました。匂いはごちそうです。
猫もそれはそれは幸せそうに風と光を堪能してました(そう見えた)。
バラは雨に弱くて、とくに咲いたばかりのこの時期に長雨が続くと、せめてあと一週間待ってくれ、と思う。普段の雨は好きなんですが。
DSC_0028

何年か前のピエール・ド・ロンサール(ルネサンス期のフランスの詩人の名に因むそうです。理由は知らない)です。ほんとは連休中に今年のバラの写真をとろうと思っていたのですが、なんだかやたらバタバタしていて、まったく撮れていないのである。さみしいもんです。

DSC_0309

これも何年か前の写真ですが、ほんのつかの間、猫といっしょにこんな時間を楽しんだのである。

編集:t:eeh

ツイート

コメントをどうぞ