原稿督促の秘訣

タイトルを見て「そんな秘訣があるのか?!」
と思った貴方、あれば知りたいのは私のほうです。
どうもスミマセン。
でもね、そんな秘訣があればいいのに・・・

先日、大学の職員食堂に並んでました。
ムサビはすべての規模が小さいので、人が集中する
時間帯には、短いながら行列ができる。
カウンターに沿って並んでいる時、
ふっとお隣の人を見ると、
お隣さんは私を認識するや後ずさりつつ
「ぼく、考えています!」

ハムコ、何も言ってないのにぃ(笑
メールにお返事をいただけないのは、
ダメってことかなぁ、と諦めかけていた時の
一言だったので、これは嬉しかった。
何も言わずに「督促」が成功するなんてことは、
今回が最初で最後だろうなぁ。。。
いや、正式にはまだ御原稿依頼はしてないの。
書いてほしいのですが、というお願いの段階。

名誉教授M先生の御原稿締切は、今月末。
「わかってますよね」とメールする訳にはいかない。
先日、聴講させていただいた特別講義で、
M先生が短いドイツ語の詩を朗読された折りの感動
(感想)をまず書く。正直に書いているつもりが、
小学生が校長先生に宛てているような文章に
なってしまい、さらにはようやく手に入れた
プルキニエの資料を送りますと書くと、
まったく督促にはなっていない。なんぢゃこりゃ?
これではいかん。
結局、3時間かけて短い手紙を書き上げる。
キモチとしては、M先生が夏バテをしませんように、
それだけを祈っている(ホントに!)。
[編集:ハムコ]

ツイート

コメントをどうぞ