〆切とは……

〆切とは……のあとに続く言葉は何を思い浮かべますか?

「守るべきもの」
「サバをよむもの」
「ないと、いつまでもとりかかれないもの」などなど
人や状況によって違うことと思います。

今年、課せられた〆切が大幅に前倒しされたものがあります。丸善雄松堂さんの電子書籍「eBook Library」の入稿日です。
電子媒体ではあるけれど、紙のカタログなしには注文がとれないと、年度末に搭載タイトルを網羅したカタログを、丸善雄松堂さんが作成してくださっていますが、
そのカタログに掲載するタイトルの電子書籍入稿データは、これまで年末でした。それが、今回は8月末日に、すばらしく前倒し!

というわけで、この度は、年末にバタバタせずに3タイトル、〆切を守って8月30日に入稿しました。
課せられないと、動けないものなのですねえ。

ちなみに上記のカタログは、年々、束幅を増しています。
2013−2014年版=11ミリ
2014−2015年版=18ミリ
2015−2016年版=22.8ミリ
2016−2017年版=30.3ミリ
2017−2018年版=31.7ミリ

推測するに、新規搭載データが一気に押し寄せては困ると判断されたのだと思います。おかげさまで、夏にひと仕事完了! ただいま査読中です。販売開始になりましたら、またお知らせします!

[制作:呑猫]

ツイート

コメントをどうぞ