災害を憂いつつ

一昨日の東京の風は凄まじかった。
18時過ぎに吉祥寺から中央線に乗ったところ、
各駅に10分くらいずつ停車し、国分寺まで
1時間ちかくかかった。しかも駅に着くと、
大木が倒れて南側の出口は通行止め・・・
「たいへんだった」と、お隣の武蔵小金井在住の
友人に昨日メールをしたところ、
学会で札幌にいると返事があった。
「こちらも大木倒れたり、電車止まったり、停電が
あったり、いろいろです。」
そして今朝、北海道地震のニュース。
Twitterを発信しているから無事だとは思うけれど、
いつ東京に戻れるのだろう。
「牛」版画の冨田さんもご無事でしょうか。
札幌に実家がある友人のことも心配だ。

ちょっと仕事の隙間ができたので、つらつらと考えごとを
しながら身辺整理に勤しんでいる。
なんでこんな書類をとっておいたのか?と思いながら捨て、
とっておくものをあらためて分類する。
とうぜんながら企画に関するペーパーが多い。
ううう、こんなに没になったのか・・・
そういえば、こんなこと考えてたっけなぁ・・・
いつまでたっても翻訳原稿ができず、結局、前払金を
返却してもらったこともあったっけなぁ(泣
こうしている間に、某著者から英訳出版を迫る
メールがきた。ええっ、そ、それは・・・
[編集:ハムコ]

ツイート

コメントをどうぞ