カレンダー物語

今年も残りわずか。
あっという間の一年でした。
というのも、原因が分かっている(歳だからではない!)。
原因は東海大学出版会カレンダーです。
これは3ヶ月先までひと目でわかる秀逸なカレンダーなのです。
だいぶ先までが見通せるので、なんとな〜く一年が早く感じるのです。
東海大さんカレンダー
2010年版カレンダーをいただき
(東海大出版会さん、いつもありがとうございます!)、
さっそくデスクの前に貼りました。
このカレンダーはとても使いやすく、書店さんや取次会社、
ふと気づくと出版業界のあちこちで目にします。
また、この時期にはいろいろな方からカレンダーを頂くことがあります。
  ・「イラストが昭和でしぶい!」

  ・「いつもお金かけてる〜。ちょうだいちょうだい!」

  ・…これは会議室用だな」

  ・「あそこからはこなくなった……」とか。
ちょっとした品評会になってます。
みなさんもお気に入りのカレンダーがあるのではないでしょうか?
[営業ずっち☆]
ツイート

コメントをどうぞ