message for you

出版社のブログというのは、誰が見てくれるのだろうか?

1. 読者のみなさま

2. 書店の方々

3. 同業者

4. 著者の先生、デザイナー、印刷所、紙屋さん(いわゆる関係者)

5. おともだち(家族、親戚一同ふくむ)

 

当初の予想はこの5つ。

しかし、このブログ、じつは社内のコミュニケーションに

もっとも役立っているのではなかろうか?

ライブになるとピロちゃんの「つけま」が長くなるとか、

呑猫がコンタクトの度を強くしてまで国民的歌手のイベントに

出かけてゆくとか、知らなかったなぁ。

 

そーゆー意味では、MAUPのブログは「出版社のブログ」としては

例外的な存在なのかもしれない。

いいよね、マイノリティとして、ニッチなところで

これからも生きていこうね。

いつもこんなブログを愛読してくださるみなさま、

まことにありがとうございます。

[編集:ハムコ]

ツイート

コメントをどうぞ