その舟を漕いでゆけ

ムサビ12号館前の広場に帆船が二隻。
かの関野吉晴が「黒潮カヌープロジェクト」で制作し、航海した
舟が無造作に置かれている。

110722_1010~02

「かの」とは、「あのグレートジャーニー」という意味だけれど、
今までの旅と違っている点は、初めて関野先生がムサビの学生を
ふたりクルーに迎えて、一緒に旅をしたことだ。
(関野先生はムサビで人類学を担当しています)
「若いときは一人旅をしたほうがいいよ」
と学生にいつも諭していた関野さんが、どうして???

今回の旅は、舟を造るところからはじまる。
しかも、舟をつくる道具(斧やらノミやら)から
自分たちの手でつくりだそうという壮大な計画。
縄を撚るなんて当たり前、製鉄まで踏み込んでしまう。
こうした活動は「僕らのカヌーができるまで」という映画に
まとめられています。

「黒潮カヌープロジェクト」については、これからも
いろいろ書いていきたいハムコですが、
今回は、学内に舟があること(いつまでもないぞ、多分)
図書館でこのプロジェクトに関する小さな展示が行われて
いることを皆さまにお伝えいたします。
ぜひ、見学にいらしてください!

[編集:ハムコ]

ツイート

コメントをどうぞ