データ入力で今日も暮れゆく

今日は、MAUPのスタッフはみな外出しており、
なんとなくいつもより寂しい感じです。
午後からは総務担当のピロイと
営業担当の私しか残っていませんでした。

あたらしく刊行する本に対して、
書店さんから、委託注文を貰います。
今日はそのデータ入力に励んでいました。

必要な情報は、
出版社の販売の方ならご存知なのですが、
まず取次名、取次番線印、書店名、書店コード、書籍名、冊数、ご担当者名が必要なのです。

少し前は、書店さんから送られてきた、
注文書をチョキチョキ切ってお渡ししてたのですが、
いまはなんでもデータの時代です。

取次店毎、書籍毎にまとめて、取次会社へお持ちします。
今回は新刊5冊×取次会社さん4社で、20種類の書類になります。
一気にやると混乱。。。
(刊行点数の多い出版社さんに顔向けできませんが、
このくらいでアタフタしてしまう私のアタマ。)

しかし!
昨年、組み版マスターMさんが作ってくれた
「新刊委託注文システム」でめっちゃ簡単になりました。
書店コードを入れるだけで
ささっと、番線印や書店名がサラッとでてきます。
(元のデータは1度入力し、必要なところをチョコっと入力すればいい!)

このシステム画期的で、
本当に楽な作業になりました。
作ってくれたMさん、
ほんとうにありがとうございます!!

ほかに
「採用教科書システム」、
「直委託販売システム」も開発済みです。
これらを使いこなせるようがんばらねば。

[営業ずっち☆]

ツイート

コメントをどうぞ