セブン、セブン、セブン

性懲りもなく、うちの3歳ボウズのお話。
最近の彼がはまっているのが、「7」。
「7」が好きでたまらないらしい。

先日公園に遊びにいくと、ボウズより少しお兄さんと思われる男の子が積極的に一緒に遊ぼうと誘ってくれた。
少し離れて様子を見ていると、楽しそうに穴を掘ったりして遊びだした。
いろいろと会話もはずんでいる様子で、良かった良かったと思っていると、その男の子がこう問いかけた。
男の子「ぼく、4さい。もうすぐ、5さいだけど。きみ、いくつ?」
ボウズ「7さい!」
男の子「……」
どうみても自分より年下の子が、自分は「7さい」だと言う状況が受け入れられないようで困惑している。
「7」ブームだなんて知らないもんね。
私「こらぁ〜! 嘘を言うんじゃない! 3さいだろ!」
ボウズ「ちがう、7さいだもん!」
男の子「……」
なんだか、ビミョーな空気がながれました。

ある朝、母親にパンケーキが食べたいとリクエストし、母親がつくってお皿にのせて出してあげると
ボウズ「ちがう!」
母親「何が、パンケーキって言ったじゃない?」
ボウズ「7まい! 7まいのパンケーキ!」
母親「……」
その後、7枚でなければ食べないとごねること数十分。
じゃあ食べなくていい! と皿をさげようとしても「たべる! でも、ちがう!」の一点張りでたちが悪い。

私「父さんの誕生日、7月なんだよねぇ」
ボウズ「ちがう! S(ボウズ)が7がつたんじょうびなの!」
私「おまえ、10月うまれじゃん……」
ボウズ「ちがう! 7がつ!」

ちなみに、我が家のカレンダー、彼の手が届くところにあるものは、だいぶ前から全て7月です。

なぜ「7」なのかは未だに不明。
本人にもよくわかっていないのだろうなぁ。
しかし、このブーム、いつまで続くのだろうか……。

(編集:凹山人)

ツイート

コメントをどうぞ