宿題が終わらない

8月最後の日。

といえば、夏休みの宿題が終わらなくて、その必死さを分散して前倒しにやっておけばこんなことにはならないのに、と後悔する日だった小学生の頃。何十年経っても、そこのところは成長していなくて、自ら課した宿題がやっぱり終わらない。今年こそ、夏のうちに刊行物の一元化ファイルとサーバ整理をする! と誓ったはずだったが。

「※※※※のデータはどこ?」「***は何部印刷したんだっけ?」「++++は何刷が最新?」などと聞かれたら、いろんなファイルをひっくりかえさず、テキパキとスマートにこたえられるようになるのは、いつになるのだろうか。かっこいい姿を妄想する前に、もっと手を動かして秋が終わるまでに頑張ろう。

 

[制作:呑猫]

ツイート

コメントをどうぞ