赤くて速いやつに乗って……

わが家のセブン坊主(最近は17がお気に入りですが)は、ご多分に漏れず電車好き。ひと頃ほどではありませんが、山ほどあるプラレール(あ、私が買い与えたものではありません)を持ち出して遊んだり、鉄道関係の本をひっぱり出してこれは何系、これは何線などと聞いてもいないのに教えてくれたりします。新幹線ももちろん大好きで、200系の引退を悲しんだり、「はやぶさ」に乗る計画を勝手に立てたりしています。

そんな坊主だから、当然、間もなく運行開始する「スーパーこまち」にも興味津々かと思いきや、なぜか「こまちはキライ!」。山形人の父や祖父母に気を遣って、ライバル的(だいぶ差がつきましたが)な「つばさ」贔屓に走っているのかというと、然にあらず。

「こまち」は、秋田からナマハゲさんを乗せてくるからキライなのだそうです。

前にも書いたかもしれませんが、坊主はサンタさんと同じように、ナマハゲさんを信じています。火の用心の夜回りで、たまに家の前を通り過ぎる消防車の「チリーン(?)」の音にも、「ナマハゲさん?」と緊張した面持ちに。

なんだか可哀想になってきました。母親にも、いい加減ウチにナマハゲ来るとか言うのやめなさい! と叱られました。

ごめんよー、とーちゃんが悪かった。反省。

でも、親の言うことも聞かず暴れてばかりいると、来ちゃうかもよ〜。

 

(編集:凹山人)

ツイート

コメントをどうぞ