ありがとう熱帯鳥温室!6/2

あたたかい日が続きますね。
5月は一年中で一番過ごしやすく感じます。
さて、今日は吉祥寺ネタです。

私は中央線(総武線)沿いに暮らしていますが、
吉祥寺から三鷹方面に向かう途中、
車窓から外をみると、こんもりとした森があり、
鬱そうとした木々のなか、
蔦にからまった透明の不思議な建物が見えます。
長年、何だろうと思っていたのですが、
Googleマップを見て、井の頭自然文化園
熱帯鳥温室だと分かりました。

天気もいいので先週、散歩にでかけよう、
さてどこ行くか!と思いついたのが、
この熱帯鳥温室でした。

行く前にネットで調べてみると、
老朽化のために2013年3月末・熱帯鳥温室<閉園>の文字が!
心底がっかりして、情報を探ったら、
奇跡のような出来事ですが、
6月2日(日)まで、閉園が延期になったそうです。

井の頭自然文化園は入場料400円。
動物園と水生物館の両方が楽しめます。
熱帯鳥温室は動物園の奥。
象のはな子(66歳)、かわいいリスの小径を寄り道して
たどりついたのがここ!

1962(昭和37)年にオープン。
建築モード研究所が設計。
レトロな雰囲気にうっとりしました。

中にはいると壁面から天井までガラス張り。
湿度が高く、熱くて汗がダラダラとでました。

かわいい赤い鳥や、かわった形をした熱帯の木々に囲まれ、
しばしジャングル気分を味わいました。
寒い日に遊びに行きたかったな、とは思いますが、
来られただけで十分満足しました。

6/2にはお別れ会があるそうです。
取り壊しされるのは残念ですが、
散歩がてらぜひお立ち寄りください!
[営業ずっち☆]

ツイート

コメントをどうぞ