【フェア情報】オリオン書房ルミネ店フェア6月1日から!

いよいよ6月1日(土)から30日(日)の1ヵ月間、
オリオン書房ルミネ店フェアが始まります。
今回のフェアタイトルは「美を倣び 美を学ぶ]です。

オリオン書房様から「武蔵野美術大学と何かやりたい!」
と声を掛けて下さり、ありがたいことに今年で3年連続
「ムサビ」の学生に協力して貰ったフェアを開催しています。

まいとし趣味趣向をこらして企画開催しています。
今回のフェアでは、MAUPの所属する
美術書出版会の選りすぐりの本!
若い方に向けて読んで貰いたい本ばかりを集めました。
またムサビ生(OB)の創作のヒントにしている本、
人生の糧としている本を紹介した
『ムサビ生の本棚』コーナーもございます。

そして、会場ではムサビ生(OB)の
線描“手ぬぐいデザイン”コンペを開催。
16名、24作品をパネル展示いたします。

ご来店の方に24作品の中からお好きなデザインを投票してもらい、
フェア終了後、一番人気のあったデザイン[=特賞]に
投票してくださった方の中から抽選で製品化した
“手ぬぐい”を3名様にプレゼントいたします。
「こんな手ぬぐいあったらいいな!」が形になるコンペです。
これは武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科教授として
「イラストレーション」を担当していた
三嶋典東先生(2012年12月逝去)が、
こだわり続けた「線」をモチーフにデザイン条件があります。

     ・テーマは自由
     ・色は「白地をベースに3色のみ」
     ・そして「線描」であることとしています。

「線描」って何? とご興味を持って下さった方、ぜひ店頭で
三嶋典東著『線の稽古 線の仕事』をお求めいただき、
コンペを楽しんで下さい!

またメイン看板の3つを武蔵野美術大学の視覚伝達デザイン学科を
卒業された中村仁さんに制作してくださいました。

白地をベースに黒文字のみデザインですが、
とても存在感のある作品です。
みなさまのご来店をお待ちしています。

そして、明日5月31日は
大学出版部協会創立50周年記念感謝の会が!

また詳細ご報告いたします。

[営業ずっち☆]

ツイート

コメントをどうぞ