展覧会情報

今日は、現在ムサビの版画専攻で指導されている講師お二方の展覧会のお知らせです。

まずは細密なリトグラフで主に制作されている元田久治さん。
皆さんもよくご存知の有名な建造物が、廃墟のような姿で描かれます。元田さんがこのような作品を発表し始めたのはそれより大分前のことですが、3.11以降、イメージが直結することもあり、当然作家としての葛藤やご苦労があった様子。
今、その風景は私たちの目にどのように映るのか。ぜひご自身の目で確かめてみてください。

元田久治展 「東京」
2013年6月21日(金)〜 7月14日(日)
11:00~19:00(月曜日休廊)
オープニングレセプション:6月21日(金)18:00~20:00

アート フロント ギャラリー
東京都渋谷区猿楽町 29−18 ヒルサイドテラス A棟
Phone:03-3476-4869

お二人めは、木版画と陶によるオブジェを制作されている木村繁之さん。今回は木版画による展覧会です。
木村さんの作品は、象徴的な形態、例えばヒトの手や頭、鳥、壷、魚、木などが、木版画独特のやわらかい色彩を伴いながら画面の中で響き合う、詩情あふれる世界です。
本の装丁などにもよく使われているので、目にされたことのある方も多いかもしれません。

木村繁之展
2013年6月22日(土)〜 7月10日(水)
11:00~18:30(日曜日休廊)
※7月5日(金)は、20:00まで

ギャラリー椿
東京都中央区京橋3-3-10 第1下村ビル1F

Phone:03-3281-7808

世代も違い、版種も異なるお二人ですが、あえて共通点をあげるならば作品の持つ静けさでしょうか。いずれの作品にも対峙すればしんとした心持ちになり、ぐぅーっと作品の中に引き込まれることでしょう。
是非おでかけください。

(編集:凹山人)

ツイート

コメントをどうぞ