たどり着きたかった日の話し

ソウルに行ってきました。with 助机さん。
(こんな忙しい時期に遊びのこと書くのためらいますが、夏季休暇の時のお話…)

予定してた日程に、偶然にもライブ開催の朗報。
私が韓国語を始めた、全てのきっかけとなった人の。タイミングにびっくりしながらも、行かない訳に、いかない訳で…。

MAUグッズ「b-bag」の説明文の紙を切りながら、
b-bagの文字が、ムリやり
bigbangに見えてくるほどBIGBANGが好きです(笑)

忘れもしない。最初の衝撃。
「なんっだ、これ…」っていう…未だに当てはまる言葉がわからないままですが、とにかく、衝撃的でした。
正直私には、人というより、何かのエネルギー体に映りました。スーパーサイヤ人的な(^_^;)

3年前、初めてライブに行った時、当時はMCも曲もほぼ韓国語で…

くやしい…。わからないことが。
知りたい感性の大半を、理解できないでいる状態がくやしくて、なぜか涙が出てきました。
…な、涙⁈ なんで⁉って、自分にツッコミましたけど…f^_^;)
あまり「くやしい」という感情を持ったことがなかった。でもその時は、今まで感じたことないくらい、もどかしくて、くやしくて。

昔、「くやしくないのか?」とか、「闘争心はあるのか?」とか聞かれたけど、…くやしく感じるポイントも、闘争心の出し方も、人それぞれでしょうに…って、内心で思っていた、ちょっとひねくれた子供でした。当時の先生ごめんなさい。
という昔話はさておき…

それが、そのくやしさが、韓国語を始めたきっかけの全てです。
この人が表現していることを、感性を、感覚を、なんの脚色も通訳も入れずに、そのまま知りたい。

そんな脳内ビッグバンから3年後の先日。そんなサプライズなタイミングで偶然にもライブに行ってきました。ホームであるソウルで、もちろんオール韓国語。
まだまだ勉強不足で、わからない単語もいっぱいだし…またあんなくやしい気持ちになるのかな…
楽しみな反面、ちょっとそんな気持ちもありつつ、ライブスタート。

………わかる。…全部。
3年前とは全然違う意味の涙が、理解できることが嬉し過ぎる涙が…止まらなかった。
この日を、目指してたから。こうやってわかる日を。母国語の温度、表現をそのまま知りたかった。

いちばん知りたかった人の言葉と同時に、気付いたら、たくさんの韓国の友人と、たくさんの考え方がもたらされていました。

そんなミラクルな感覚と体験…まだまだと思っていた日にたどり着いてた…2013 도착! 앗싸〜‼(到着!やった〜‼)

そしてこれからもずっと、進化し変容し続ける表現を知っていきたいと、思っています。
わ〜!熱くなりすぎました。ごめんなさいっ!

[総務:ピロイ]

ツイート

コメントをどうぞ