topics

記事詳細

【これから出る本】4月4日発売『造形ワークショップを支える』

4月4日に『造形ワークショップを支える ファシリテータのちから』を発売します。
※一部web書店などで、発売日が3月30日となっている場合がございますが、4月4日に変更となりました。

造形ワークショップを支える
ファシリテータのちから


高橋陽一/著
A5判 240頁
定価 1,700円(本体 1,619円)
978-4-86463-006-1 C3037

ファシリテータとは活動をその背後から見守る人のことです。では、どのような能力が求められるのでしょうか。
武蔵野美術大学「美術と福祉プログラム」や「造形ファシリテーション能力獲得プログラム」の成果を踏まえて、
教育学の視点から論じた一冊です。

[ 2012/3/23 更新 ]

ページの先頭へ戻る