topics

記事詳細

『石元泰博―写真という思考』刊行記念トークイベント記録

『石元泰博―写真という思考』の刊行を記念して、5月29日(土)青山ブックセンター本店にて「写真と写真集の理想」と題してトークイベントが行われました。その詳細記録をお届けします。

日時―2010年5月29日(土)  18:00―19:40
会場―青山ブックセンター
トークのテーマ―
写真と写真集の理想
出演―石元泰博、内藤廣、森山明子<司会>

関連イベント―
ブックフェア「石元泰博21世紀の書棚から」

森山―『石元泰博―写真という思考』の刊行を記念するトークショーにこのように多数ご参加いただき感謝申しあげます。グラフィックデザイナーの故・田中一光さんは石元さんについて「デザイナーに最も影響を与えた日本人写真家」と雑誌『クリエーション』に書かれました。その言葉どおりに、この会場には写真のみならず、デザイン、建築、ファインアートの関係者が大勢おられるようで、嬉しい限りです。私は武蔵野美術大学の森山明子と申しまして、今日は石元さんの写真の世界へご案内するガイドの役を果たしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 この5月、ヒューストン美術館+イエール大学と六耀社から石元さんの写真による桂離宮関連の書籍が2冊発刊されました。さらに10月には水戸芸術館で出品点数500点という大回顧展が予定されており、2010年は後々、「石元泰博ヴィンテージイヤー」と呼ばれることになるという予感があります。本日はまず『石元泰博―写真という思考』に掲載された代表作100点余をスライドショーでご覧いただき、次いで各章の扉に配した写真について解説を加えます。石元さんと建築家の内藤廣さんにご登壇いただくのはその後で、トークは1時間を予定します。それでは早速スライドショーと致しましょう。


イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

[ 2010/7/6 更新 ]

ページの先頭へ戻る