書誌目録

内容をプリントする
定価:2,052円
(本体価格: 1,900円)
ジャンル
芸術理論/教育
監修
神野善治
体裁
A5 判/200 頁
ISBN
ISBN978-4-901631-80-8 C3070
芸術理論
ミュージアムと生涯学習
神野善治/監修
2008年4月 刊行

学芸員は生涯学習の達人たれ!
美術館・博物館を学びの場ととらえる
実践的ミュージアム・ラーニング

生涯学習の機会を求める市民に対して、プロデューサー、ディレクター、エンターテイナーとしての役割と力量が期待されている学芸員。本書では「生涯学習」の意味をあらためて確認するとともに、学びの場としてのミュージアムと学芸員の活動を具体的に紹介。学芸員をめざす人にとって必読の書。

【執筆者】神野善治・杉浦幸子・紫牟田伸子・仲野泰生・鈴木敏治

  • MAU 通信教育課程教科書
  • 日本図書館協会 選定図書
数量:
各オンライン書店にて、この本を購入できます。以下のバナーをクリックしてください。
amazonで購入 Honya Club.comで購入 e-honで購入 セブン&アイで購入


目次

I 学芸員と「生涯学習」=神野善治
1 なぜ「生涯学習」を学ぶのか─「生涯学習の拠点」としてのミュージアム
2 ラングランを読む─なぜ生涯学習か
3 日本における生涯学習の展開
4 生涯学習における個人性の原理─ミュージアムと学芸員の役割
5 ミュージアム・ラーニング─博物館学習の特色

II ミュージアムでの学び
1 美術館における生涯学習─ギャラリー・リテラシーを育む=杉浦幸子
2 学びの編集─学びの場づくりの考え方=紫牟田伸子

III 生涯学習の先達に学ぶ
1 赭鞭一撻─青年牧野富太郎の学習計画十五か条=神野善治
2 一切智の夢─南方熊楠の曼荼羅思考=神野善治
3 岡本太郎の中の民族学─全人間的に生きるということ=仲野泰生

IV 学びの時、学びの場
1 「最後の授業」から学ぶ=神野善治
2 学びの場を創る─公民館活動、そして農的生活から=鈴木敏治

参考文献
図版クレジット
執筆者紹介
書誌情報へ戻る

関連書リンク

ミュゼオロジーへの招待
新見隆/編
2,268円
(本体価格: 2,100円)
ミュゼオロジーの展開 経営論・資料論
金子伸二・杉浦幸子/編
2,808円
(本体価格: 2,600円)
造形ワークショップの広がり
高橋陽一/編
2,160円
(本体価格: 2,000円)
ワークショップ実践研究
高橋陽一/監修 杉山貴洋/編集
2,124円
(本体価格: 1,967円)
美術館のワークショップ
高橋直裕
2,376円
(本体価格: 2,200円)

書誌情報へ戻る

書評・紹介

  • 「月刊スクールアメニティ」2008 年7 月号で紹介されました。
  • 「新美術新聞」2008 年4 月11 日で紹介されました。
書誌情報へ戻る

ページの先頭へ戻る
amazonで購入 Honya Club.comで購入 e-honで購入 セブン&アイで購入