書誌目録

内容をプリントする
定価:2,916円
(本体価格: 2,700円)
ジャンル
人文・社会・自然
編者
志田陽子
体裁
A5 判/384 頁
ISBN
ISBN978-4-86463-069-6 C3032
人文・社会・自然
あたらしい表現活動と法
志田陽子/編
2018年4月 刊行

自己の表現を追究し、他者との共存を図る
自分と世界の関係を豊かに構築するために
「表現の自由」の基盤となる法を学ぶ

法によってできること、法によって支えられているものの知識を持つことが、自由な表現を支える基盤となる。「表現の自由」とは何かを問いつつ学ぶ、著作権法の入門書。「表現にかかわる法ルールは自分を縛るためのものではなく、自分を上手に解放するための足場になるべきものだ、というイメージをもって法学の世界に親しんでいただければ」と願う編者の方針により、豊富な判例を「example」で、身近な問題を「column」で考察。

【執筆者】志田陽子・比良友佳理

  • MAU 通信教育課程教科書
数量:
各オンライン書店にて、この本を購入できます。以下のバナーをクリックしてください。
amazonで購入 Honya Club.comで購入 e-honで購入 セブン&アイで購入


目次

第1 章「表現の自由」とは[志田陽子]
❶ 憲法第21 条「表現の自由」
❷「表現の自由」と民主主義
❸ 情報社会の基本ルール


第2 章 「表現の自由」と人格権[志田陽子]
❶ 名誉権と名誉毀損
❷ プライバシーの権利
❸ 肖像権とその周辺


第3 章 「表現の自由」と共存社会[志田陽子]
❶ 多文化社会における共存と「表現の自由」
❷ 道徳か、弱者への配慮か


第4 章 産業財産権法[比良友佳理]
❶ 知的財産法とは
❷ 標識の保護に関する知的財産法
❸ 創作を保護する知的財産法


第5 章 著作権法[志田陽子・比良友佳理]
❶ 著作物とは
❷ 著作権の種類と侵害の要件
❸ 著作者人格権
❹ 著作権の制限規定──自由利用のルール
❺ 著作物の利用と権利処理
❻ 権利の発生と権利保護期間
❼ 著作権侵害と権利の行使・救済・罰則
❽ 著作隣接権


第6 章 文化芸術支援と法[志田陽子]
❶ 芸術と法のさまざまな関係と新しい流れ
❷ 文化芸術をめぐる法制度


第7 章 学術と表現者のルール[志田陽子]
❶ 学術研究倫理とは
❷ 研究活動上の法と倫理
❸ 研究成果の作成に関する法と倫理
❹ 成果の公表に関する法と倫理

◉資料 レポートの参考例

索引
書誌情報へ戻る

関連書リンク

表現者のための憲法入門
志田陽子
2,160円
(本体価格: 2,000円)
美大生の法学(新版)
中山敦夫
2,052円
(本体価格: 1,900円)

書誌情報へ戻る

ページの先頭へ戻る
amazonで購入 Honya Club.comで購入 e-honで購入 セブン&アイで購入