美大生の法学(新版)

中山敦夫/著

美大生の法学(新版)
1631041lのサブ画像1
定価:2,090円(本体価格:1,900円)
カートに入れる
※送料、ご請求金額は、3営業日以内に別途お知らせ致します。
各オンライン書店にて、この本を購入できます。

日常生活における視点から、
美術にかかわり生活する中で、
あらためて法を考える!

美大で憲法を履修する学生を対象に、法とはなにかを論じる。近代憲法の生成、日本国憲法における基本三原則にかかわる問題、社会権とは、家族と法とは。また、民法、刑法にかかわる初歩的な問題までひろく扱い、生活の中での法をとりあげる。

登録情報
著者中山敦夫
ISBNISBN978-4-901631-04-4 C3032
体裁A5判/308頁
刊行日2002年04月01日
ジャンル人文・社会・自然

目次

第1章 法とは何か
第2章 裁判の拠りどころとなる法
第3章 法の分け方
第4章 近代憲法の生成とその原則
第5章 明治憲法と日本国憲法
第6章 国民主権の実現
第7章 基本的人権の一般原則
第8章 精神的自由
第9章 裁判制度と人身の自由
第10 章 経済的自由と財産権
第11 章 社会権
第12 章 国会と内閣
第13 章 日本の平和主義
第14 章 犯罪と刑罰
第15 章 家族と法