社会学のまなざし

小幡正敏/著 橋本梁司/監修

社会学のまなざし
定価:2,090円(本体価格:1,900円)
カートに入れる
※送料、ご請求金額は、3営業日以内に別途お知らせ致します。
各オンライン書店にて、この本を購入できます。

社会学とは、自分が生きる社会が
刻一刻と変化してゆくことの
不思議に目を向ける営みである。

近代に生まれた社会学の、現在に至る展開の過程と主要な問題点をわかりやすく論述した。家族や社会や労働システムはどのように変遷してきたのか。社会のありようやあるべき姿を社会学的に分析・模索する本。

MAU通信教育課程教科書
登録情報
著者小幡正敏
監修者橋本梁司
ISBNISBN978-4-901631-60-0 C3036
体裁A5判 180頁
刊行日2004年04月01日
ジャンル人文・社会・自然
正誤表 初版1刷

目次

第1部 近代と社会学
1―近代と新しい社会認識:マルクス
2―近代との格闘:デュルケムとウェーバー
3―近代の暗黒:戦争とトラウマ

第2 部 社会の舞台
1―近代家族の変容:インセント・タブー、密室、イソノ家
2―連帯の変容と社会保障:生活をどうやって支えるのか
3―労働と職場:フォーディズムからポスト・フォーディズムへ

第3 部 社会学と現代
1―テクノロジーと社会:テクネーとメガマシーン
2―グローバリゼーションと現代社会:マクドナルド、HIV、内戦
3―女性、クイア、マイノリティ:新しい主体

関連書リンク

コミュニケーション研究I・II

若林直樹・及部克人/監修 / 定価:4,711円 (本体価格:4,283円)

現代芸術論

藤枝晃雄/監修 / 定価:2,163円 (本体価格:1,967円)

近代デザイン史

柏木博/監修 / 定価:2,163円 (本体価格:1,967円)