日本古典芸能史

今岡謙太郎/著

日本古典芸能史
定価:2,160円(本体価格:2,000円)
カートに入れる
※送料、ご請求金額は、3営業日以内に別途お知らせ致します。
各オンライン書店にて、この本を購入できます。

一読三嘆? ありそうでなかった、こんな本。
謎めいた伎楽面から、猿楽の滑稽、能の幽玄、歌舞伎の破天荒、
人形浄瑠璃の情、落語の洒脱、寄席の繁盛。
古代から江戸時代までの芸能史を通覧する。

歌舞伎、能、伎楽、舞楽、猿楽、浄瑠璃、落語、講談などの古典芸能を神話の時代から近世まで解説。スタンダードかつ普遍的な内容をめざし、初心者でも読み通すことができるよう、平易な文体での論述となっている。単著ゆえに通史として読みやすく明快!

MAU通信教育課程教科書
他校教科書採用
登録情報
著者今岡謙太郎
ISBNISBN978-4-901631-81-5 C3070
体裁A5 判/240 頁
刊行日2008年04月01日
ジャンル芸術理論

目次

序章    祭祀- 儀式から芸能へ
第1章  伎楽と舞楽ー国家行事と芸能
第2章  散楽から猿楽へー「演技術」の進歩
第3章  田楽・猿楽の展開と「能」の形成
第4章  観阿弥・世阿弥と能の「大成」
第5章  歌舞伎の成立と定着
第6章  人形浄瑠璃の成立と発展
第7章  近世演劇の開花と近松門左衛門
第8章  竹豊両座と人形浄瑠璃の黄金時代
第9章  江戸中後期の歌舞伎
第10章  落語・講談の発展と諸芸の交流
第11章  鶴屋南北と河竹黙阿弥
巻末   主要参考文献、人名索引、事項索引

関連書リンク

日本造形史 用と美の意匠

水尾比呂志/著 / 定価:3,707円 (本体価格:3,433円)

演劇空間論

小石新八/著 / 定価:2,052円 (本体価格:1,900円)