美術と福祉とワークショップ

高橋陽一/著

美術と福祉とワークショップ
定価:1,540円(本体価格:1,400円)
カートに入れる
※送料、ご請求金額は、3営業日以内に別途お知らせ致します。
各オンライン書店にて、この本を購入できます。

美術大学における教員養成の現場が
新しい美術教育をめざして
造形ワークショップの可能性に挑戦!

美術教員養成の現場における造形ワークショップとは? 武蔵野美術大学の教職課程「美術と福祉プログラム」11 年間の実績が1 冊に。「記録と表現」をキーワードに、岩崎清、葉山登、杉山貴洋らの介護等体験の授業展開を含む。

登録情報
著者高橋陽一
ISBNISBN978-4-901631-83-9 C3037
体裁A5 判/4 色+ 1 色刷/96 頁
刊行日2009年03月29日
ジャンルワークショップ/教育

目次

第1章 美術と福祉プログラムの展開
第1節 美術と福祉プログラムの導入
第2節 11 年間の経緯
第3節 美術と福祉プログラムの意義

第2章 ワークショップの概念あるいは反教化的教化
ワークショップヘの問い
第1節 近代学校に対するワークショップ
第2節 秩序づけに対するワークショップ
第3節 日常性をめぐって
第4節 ファシリテータをめぐって
まとめとして

関連書リンク

造形ワークショップの広がり

高橋陽一/編 / 定価:2,200円 (本体価格:2,000円)

ワークショップ実践研究

杉山貴洋/編 高橋陽一/監修 / 定価:2,163円 (本体価格:1,967円)

みんなのアートワークショップ 子どもの造形からアートへ

小串里子/著 / 定価:3,520円 (本体価格:3,200円)

新しい教師論

高橋陽一/編 / 定価:2,090円 (本体価格:1,900円)

美術館のワークショップ 世田谷美術館25年間の軌跡

高橋直裕/編 / 定価:2,420円 (本体価格:2,200円)