書誌目録

内容をプリントする
定価:2,160円
(本体価格: 2,000円)
ジャンル
美術
著者
堀内貞明・永井研治・重政啓治
体裁
A5 判/192 頁
ISBN
ISBN978-4-901631-93-8 C3071
美術
絵画空間を考える
堀内貞明・永井研治・重政啓治
2010年4月 刊行

洋の東西、時空を超えて
描かれた空間をめぐる考察は
自己の絵画表現をあらたに拓く!

古代から現代までの絵画における空間について、歴史の流れに沿いながら3 人の作家が〈描き手〉の視点で分析。西洋と日本を中心とした東洋に大別し、「遠近」をキーワードにそれぞれの地域や時代における特徴的な作品や絵画形式を取り上げ語る。
さらに、多数の図版と用語解説を加え〈描き手〉に自らの絵画について思考することを促すとともに、鑑賞者を絵画空間の考察へと導く好書。

  • MAU 通信教育課程教科書
  • 日本図書館協会 選定図書
数量:
各オンライン書店にて、この本を購入できます。以下のバナーをクリックしてください。
amazonで購入 Honya Club.comで購入 e-honで購入 セブン&アイで購入


目次

第一章 西洋における絵画空間1:堀内貞明
プロローグ  
絵を描く人  
遠近法とは  
絵画空間の歴史的流れ  
古代オリエント  
古代ギリシア  
古代ローマ  
中世  
ゴシック  
ルネサンス  
イタリア・ルネサンス/北方ルネサンス/盛期のイタリア・ルネサンス

第二章 西洋における絵画空間2:永井研治
遠近法からの離脱
トロンプ・ルイユとアナモルフォーズの空間
新たな絵画空間への変化
フォーヴィスムからキュビスムへ
キュビスム以降
シュルレアリスム
抽象表現など
結び

第三章 日本の絵画空間:重政啓治
中国の絵画空間
東洋の画面
日本における絵画空間
画のはじまり/やまと絵/絵巻物/水墨画/障屏画/琳派/大衆化/外来美術と浮世絵
日本絵画の視点

第四章 用語解説

参考文献
掲載図版リスト
書誌情報へ戻る

関連書リンク

絵画 素材・技法
武蔵野美術大学油絵学科研究室/編
6,623円
(本体価格: 6,133円)
絵画 アートとは何か
武蔵野美術大学油絵学科研究室/編
5,904円
(本体価格: 5,467円)
日本画 表現と技法
武蔵野美術大学日本画学科研究室/編
4,536円
(本体価格: 4,200円)
新版 版画
武蔵野美術大学油絵学科版画研究室・通信教育課程研究室/編
4,536円
(本体価格: 4,200円)
日本造形史
水尾比呂志
3,707円
(本体価格: 3,433円)
西洋美術史
北澤洋子/監修
2,376円
(本体価格: 2,200円)

書誌情報へ戻る

ページの先頭へ戻る
amazonで購入 Honya Club.comで購入 e-honで購入 セブン&アイで購入