ジョン・ケージ混沌ではなくアナーキー

白石美雪/著

ジョン・ケージ
定価:3,456円(本体価格:3,200円)
カートに入れる
※送料、ご請求金額は、3営業日以内に別途お知らせ致します。
各オンライン書店にて、この本を購入できます。

トラックの音、ラジオの雑音、雨や風、
崖崩れの音、モーターの爆音、心臓の鼓動
千変万化のノイズを捉えるケージの‘新しい耳’

ジョン・ケージの音楽作品を音楽学者ならではの鋭い視線で分析。同時に、ブラック・マウンテン・カレッジやストーニーポイントなど、ケージと友人たちのリアルライフと時代の軌跡を追い、音楽家としてのケージに迫る。巻末には初演情報など344 曲(全作品相当)のデータを収録。ケージ作品の全容をこれほど詳細に文字化した書籍は本邦初。第20 回吉田秀和賞受賞。第44 回造本装幀コンクール審査委員奨励賞受賞。

受賞図書
登録情報
著者白石美雪
ISBNISBN978-4-901631-89-1 C3070
体裁A5 判/ 仮フランス装/320 頁
刊行日2009年10月01日
ジャンル芸術理論

目次

はじめに 音楽でなければならなかった

第一章 ブラック・マウンテン・カレッジ◎「終了学校」のはじまり
column01 ケージと信仰

第二章 ギャマットからチャートへ◎近代型コミュニケーションの破綻
column02 ケージの自筆資料

第三章 偶然性とラディカル・モダニズム◎音楽の「形式化」の果てに
column03 音楽の骰子遊び

第四章 無心と融通無礙◎二元論からの脱却
column04 マース・カニングハム・ダンス・カンパニー

第五章 ニューヨーク楽派と仲間たち◎新たなコミュニケーションの構築
column05 レクチャー・パフォーマンス

第六章 ニュー・スクール・フォー・ソーシャル・リサーチ◎行為としての音楽
column06 ケージのビジュアル・アート

第七章 不確定性の音楽◎メディア論への連接

おわりに 混沌ではなくアナーキー

主要参考文献
人名索引/曲名索引
ジョン・ケージ音楽作品表1931-1992

関連書リンク

音楽論

白石美雪/編 / 定価:2,916円 (本体価格:2,700円)

デザイン学 思索のコンステレーション

向井周太郎/著 / 定価:3,240円 (本体価格:3,000円)