書誌目録

内容をプリントする
定価:2,916円
(本体価格: 2,700円)
ジャンル
芸術理論
編者
白石美雪
体裁
A5 判/384 頁
ISBN
ISBN978-4-86463-050-4 C3073
正誤表
初版1刷
芸術理論
音楽論
白石美雪/編
2016年4月 刊行

人はなぜ歌い、踊り、奏でるのか
音楽文化、現代音楽、世界音楽という三つの視点から
音楽的事象を読み解き、比較し、思考する

音楽に通底する基本的視点を1 章で示し、2 章は身体を、3 章では道具を手段とする音楽の表現について記述し、4 章では楽譜と口頭伝承という伝播の方法について説く。5 章では新しいパフォーマンス理論を参照考察し、6 章ではメディアの歴史とポピュラー音楽を概観して初音ミクまで論じ、7 章では意味・美術・舞台の3 つの角度から音楽をめぐる想像力にアプローチした。さらに8 章では音楽と言葉の関わりを捉え、9 章では音楽をめぐる政策や産業までを視野に収める。

【執筆者】白石美雪 ・横井雅子・宮澤淳一

  • MAU 通信教育課程教科書
数量:
各オンライン書店にて、この本を購入できます。以下のバナーをクリックしてください。
amazonで購入 Honya Club.comで購入 e-honで購入 セブン&アイで購入


目次

まえがき

序章

第1 章 音楽とは何か
 第1 節 音楽はどこから来たのか
 第2 節 音から音楽へ――音楽のシステム
 第3 節 複数形の音楽――ジャンルの生成と混交


第2 章 声
 第1 節 声を出すことの意味、声の好み
 第2 節 声をめぐる文化、歌の場
 第3 節 総合的パフォーマンスとしての歌芝居


第3 章 楽器
 第1 節 楽器の起源
 第2 節 楽器をめぐる歴史と文化
 第3 節 楽器と表現


第4 章 音楽の伝え方
 第1 節 記譜の体系化――近代の五線記譜法について
 第2 節 音楽の伝承――それぞれの事情を映し出す音楽の伝え方
 第3 節 音楽の在り方を伝える楽譜


第5 章 音楽とパフォーマンス
 第1 節 パフォーマンスとは何か
 第2 節 音楽作品とパフォーマンス
 第3 節 パフォーマンス自体が音楽であること


第6 章 聴取とメディア
 第1 節 メディアとは何か
 第2 節 録音メディアの誕生・発達と現在
 第3 節 現代日本の音楽文化とミュージッキング


第7 章 音楽と想像力
 第1 節 音楽と「意味」
 第2 節 音楽と美術
 第3 節 舞台と音楽――歌舞伎の音世界


第8 章 音楽を語る
 第1節 言葉で音楽を体験する
 第2 節 音楽をめぐる研究――古代の音楽理論から近現代の音楽学まで
 第3 節 音楽評論と音楽学の影響力


第9 章 現代日本における音楽の諸相
 第1 節 音楽をめぐる文化政策と企業メセナ
 第2 節 伝統芸能の現状
 第3 節 音楽産業の展開


あとがき
主要参考文献
事項索引
人名索引
書誌情報へ戻る

関連書リンク

ジョン・ケージ
白石美雪
3,456円
(本体価格: 3,200円)
日本古典芸能史
今岡謙太郎
2,160円
(本体価格: 2,000円)
メルロ=ポンティ『眼と精神』を読む
モーリス・メルロ= ポンティ/著 富松保文/訳・注
1,836円
(本体価格: 1,700円)
現代芸術論
藤枝晃雄/監修
2,124円
(本体価格: 1,967円)

書誌情報へ戻る

ページの先頭へ戻る
amazonで購入 Honya Club.comで購入 e-honで購入 セブン&アイで購入