映像のフュシス

三浦 均/著

映像のフュシス
定価:2,420円(本体価格:2,200円)
カートに入れる
※送料、ご請求金額は、3営業日以内に別途お知らせ致します。
各オンライン書店にて、この本を購入できます。

ムサビ映像学科でCGを教える三浦先生の得意技は天文学と物理学を駆使した宇宙空間の再生。理系文系の垣根を軽やかに超えた表現論。

「絶えまなく生み出されてゆく目に見えない自然(フュシス)の変化は、世界にすでにつねにその瞬間が用意されています。それを「観る」ことは、完全性に近づく喜ばしい経験として、気づかれることを待っているといまでは思えるのです。」 三浦均(本文より)

第I部は「北斎のブルー」に始まる色と光の解析。第II部では無限性についての考察を冒頭に据え、世界を写す・測る・算する。音を見る、色を記録するなど、世界の捉え方(記述)に挑戦する。第III部の主役は「人」。CGで「ふわり」と舞う雪に呻吟する三浦先生、感情(喜び/悲しみ)の表現に迫る。

 

ためし読みはコチラ

1962年、神戸生まれ。京都大学理学部卒業、神戸大学大学院自然科学研究科博士課程修了(理学博士)。物理学、天文学などを学ぶ。理化学研究所基礎科学特別研究員を経て、1999年に武蔵野美術大学着任。現在、造形構想学部映像学科教授。国立天文台「4D2Uプロジェクト」に参画。科学データに基づいたビジュアリゼーション、数値計算と組み合わせたコンピュータグラフィックス映像などが主な研究テーマ。分野を横断して、原子、分子のミクロなスケールの世界、生命スケールの世界、天体宇宙のスケールの世界までをCGの力をかりて目に見えるようにする映像づくりに取り組んでいる。

登録情報
著者三浦 均
ISBNISBN978-4-86463-110-5 C3070
体裁四六判 1色刷/一部4色刷 340頁
刊行日2020年03月31日
ジャンル芸術理論/写真・映像/人文・社会・自然

目次

I

第1章      空の色

第2章      夕日を眺める

第3章      モノはどこから来たのか、どこへゆくのか

II

第4章      世界の無限性について

第5章      世界を写す

第6章      世界を測る

第7章      世界を算する

III

第8章      動くものと動かされるもの

第9章      町の記憶

第10章  生成しつつある自然(フュシス)

おわりに

関連書リンク

映像表現のプロセス

板屋緑・篠原規行/監修 / 定価:4,070円 (本体価格:3,700円)

デザイン学 思索のコンステレーション

向井周太郎/著 / 定価:3,300円 (本体価格:3,000円)

ホスピタルギャラリー

板東孝明/編 / 定価:2,200円 (本体価格:2,000円)

デザインに哲学は必要か

古賀徹/編 古賀徹・板東孝明・伊原久裕・山内泰・下村萌・シン・ヒーキョン・小林昭世・池田美奈子・藤崎圭一郎/著 / 定価:2,420円 (本体価格:2,200円)

メルロ=ポンティ『眼と精神』を読む

モーリス・メルロ= ポンティ/著 富松保文/訳・注者 / 定価:1,870円 (本体価格:1,700円)