ずっと人間描かれ

水上泰財/著

ずっと人間描かれ
jaket-B-1 OL済aiのサブ画像1
jaket-B-1 OL済aiのサブ画像2
jaket-B-1 OL済aiのサブ画像3
jaket-B-1 OL済aiのサブ画像4
jaket-B-1 OL済aiのサブ画像5
定価:2,530円(本体価格:2,300円)
カートに入れる
※送料、ご請求金額は、3営業日以内に別途お知らせ致します。
各オンライン書店にて、この本を購入できます。

「ずっと人間描かれ」。
今も耳に残る亡き母の言葉を胸に、
浮き世の人間模様を描き続ける画家が振り返る、
どこか懐かしい家族の風景。

ブリューゲルの作品世界に惹かれ、風俗画家を自負しながら絵を描き続ける筆者の前に立ち現れた、悲喜こもごも、懐かしい家族や友人との「描きたくなる」エピソードの数々。持ち前の誠実さで時代を生き抜いた父。美人でヴァイタリティあふれる母。晩年、山へ帰ると言っては家出を繰り返した祖父。少年時代の苦い体験や、今も心に残る社会的出来事への思いなども交えながら、飾ることなく書き綴る。画想の原点をたどる随想。著者による描き下ろし含めた挿画54点を掲載。

1962年、富山県生まれ。武蔵野美術大学造形学部油絵学科教授。87年、武蔵野美術大学大学院造形研究科油絵コース修了。88年からほぼ毎年個展を中心に作品を発表。主に社会で起こるさまざまな事象から発想を得、自然と人間、社会と個人、風習や流行、それらに時には翻弄され、時には反抗する同時代を生きる人々の姿を作品にしたものが多い。2005年から1年間、武蔵野美術大学在外研究員としてオーストリアのウィーンに滞在。92年「日伯現代美術展」最優秀賞、95年「日本海美術展」大賞、95年「セントラル美術館油絵大賞展」佳作賞などを受賞。主な展示として、あかね画廊(東京・銀座)、コート・ギャラリー国立(東京・国立)、ギャラリーアルトン(東京・南青山)、アートスペースカワモト(富山)等で定期的に個展を開催。他グループ展など多数。著作に『3つのアングルから見るヌードポーズブック』(池田書店 08年)、『3つのアングルから見る_日常の動作を描くヌードポーズブック』(池田書店 09年)、水上泰財画集『Little Life』(あかね画廊 11年)など。

登録情報
著者水上泰財
ISBNISBN978-4-86463-117-4 C0070
体裁A5判 上製 口絵16ページ4色刷 256頁
刊行日2021年02月10日
ジャンル美術/人文・社会・自然

目次

貧しさと豊かさについて

卓球大会/給食費/色鉛筆/帰り道/おまけ

死のこと

帰省/仕事/食事/あの人/鎖/歩く/三姉妹/猫

旅の話

字/手紙/読めない手紙/山/日記から/インドにて/冬の花火/退屈

再生について

子供の絵/野球/働く人たち/できなかった観光/新しい明かり

大人とは

タケオさん/宗教/権力/酒/消去法

憧れ

美術室/画家/鞄の中身/眼のある風景/十郷/

風俗画について

切実な「物」/宗教絵画との出会い/浮き世を描く/それぞれの未来/

リアリティのある現場/人の顔/アキ/平成と天災

泡沫のような/私の家/メディアのこと/みんなの家/

今が花/プラットホーム/一〇年目の夏

あとがき

関連書リンク

絵画組成 絵具が語りはじめるとき

武蔵野美術大学油絵学科研究室/編  川口起美雄・丸山直文・袴田京太朗・水上泰財・小林孝亘・樺山祐和・赤塚祐二・長沢秀之・遠藤彰子・
小尾修・塩谷亮・中尾直貴・柿沼宏樹/著 / 定価:3,520円 (本体価格:3,200円)

絵画 アートとは何か

武蔵野美術大学油絵学科研究室/編 / 定価:6,013円 (本体価格:5,467円)

絵画 素材・技法

武蔵野美術大学油絵学科研究室/編 / 定価:6,746円 (本体価格:6,133円)