‘大学出版部協会’ カテゴリーのアーカイブ

隠岐さや香先生の御講演「学知・イノベーション・書物」

2018年11月27日 火曜日

11月15日から17日にかけて、大学出版部協会編集部会
秋季研修会が名古屋で行われた。
悪い癖で、行く前は何とも億劫でぼやくのが常だが、
参加してみると、普段は話せない遠くにいる仲間との
直にしか聞けない話が満載で、新たに得ることが多かった。
ことに2日目、名古屋大学の隠岐さや香先生の御講演
「学知・イノベーション・書物」は目からウロコであった。
隠岐先生は今年の夏に『文系と理系はなぜ分かれたのか』
という新書を上梓されたばかり(だというのに10月に私が
購入したのは3刷であった!)
科学史を御専門とする隠岐先生のこの御本は「なぜ」
というよりも、その分かれている現状分析で、
これが御講演のテーマかと思っていたら、ぜんぜん
ちがっていた。
最初に「イノベーション」という言葉の歴史にはじまり、
遡ること17世紀、フランシス・ベーコンの時代には、
かなり否定的に使われていたという。
それが20世紀半ばになって「テクノロジー」という
言葉と結びつき、明るい未来を予想させるような
ポジティブな印象になったという。
そして今や、経済産業省が「イノベーション政策」を
打ち出している。
イノベーション政策1.0から2.0、さらには3.0となり、
だんだんと属性の違う人々をつなげるための
「デザインとファシリテーション やらわかい管理の
時代」へと進んでいるという。
「デザインシンキング」と呼ばれているらしい。
おーまいが。ココロで叫んだとたん、隠岐先生が
「編集者とファシリテーターは同じか、違うのか?」
と真剣に、私たちに問われた。
おーおーおーおーまいが。
隠岐先生はファシリテーターをちょっと勘違いして
おられるところもありそうだ。
しかし、論点は、イノベーション政策3.0に対して、
研究者と学術出版者が一緒に考えたほうが良いのでは
ないか、という提案である。
つまりオープンアクセスが徹底して求められる政策に、
この新たな波を(疑いつつ)利用しつつ、今こそ
研究者と学術出版と読者をつなぐ新たな関係を模索すべき
ではないか、という御講演に拍手をおくった。
ニャゴヤに行ってよかった。
[編集:ハムコ]

ツイート

悲観的な水曜日の夜7時

2018年11月14日 水曜日

明日から大学出版部協会編集部会の秋季研修で
名古屋に行く。
ああ、なぜ行くことにしたんだろう、ニャゴヤ。
なぜって、自分で申し込んだからなんだが、
申込みをした夏頃には、11月のその頃ならば、
原稿整理が終わってレイアウトの時期だから、
ひと山越えて、ちょうどあいてるなぁ、
なんて思ったのだろう。アホちゃうか。
そんな予定、どんどん遅れとるわ。

2月末納品の教科書が2冊、3月末納品の技法書が
1冊、4月10日納品が1冊。
呪文のように唱える。気持ちだけが焦る。
ここでハムコが焦ったからといって、
事がうまく運ぶわけではない。
嗚呼、しかも明日の夕食は名古屋名物「手羽先」
だという。つらい。。。
[編集:ハムコ]

ツイート

【フェア情報】大学出版部協会<創立55周年記念> 『編集者、自慢の1冊!』フェア@ジュンク堂書店福岡店7/2〜

2018年6月29日 金曜日

大学出版部協会は、今年で創立55周年を迎えます。
これを記念して、『編集者、自慢の1冊!』をテーマに
全国各地でフェアを開催して行きます。

編集者自慢の1冊フェア_パネル_840

7月2日からは、『編集者、自慢の1冊!』をテーマに
ジュンク堂書店福岡店
開催します。

今回、福岡で大学出版部協会とこれは韓国大学出版協会で
日韓合同セミナーがあり、夏の研修を行います。
フェアを開催引き受けてくださったジュンク堂福岡店では、
今回初めて韓国大学出版部協会会員出版社の書籍も
展示・販売します。
また開催期間中、配布するチラシのアンケートとクイズに
答えていただくと、オリジナル「そえぶみ箋」を
プレゼントいたします。

同店では、7月1日から7月31日までhontoポイント5倍の
夏!のGOGOキャンペーン」を開催しています。
是非この機会に足をお運びください!

[営業ずっち☆h]

ツイート

大学出版部協会創立55周年記念『編集者が書評したい[学術書]』フェア開催中〜投票で図書カード当たるかも!?

2018年2月22日 木曜日

なんどかご案内させていただいてますが、
2月10日(土)〜3月11日(日)東京堂書店神田神保町店様で、
大学出版部協会 創立55周年を記念
『編集者が書評したい[学術書]』フェア
を開催中です。

28の大学出版社の新刊書と編集者がセレクトした
オススメ本が並んでいます。

1Fフェア台、28の大学出版部の本。圧巻!

1Fフェア台、28の大学出版部の本。圧巻!

ありそうでない情報誌『東京堂評論』のポスター。特集がイイね!

ありそうでない情報誌『東京堂評論』のポスター。特集がイイね!

編集者がセレクトした自社本とそれに合わせて
読みたい他社本には、それぞれ140文字の書評を
POPでご紹介しています。

北海道大学出版会さんの選書と書評

北海道大学出版会さんの選書と書評

弘前大学出版会さんの選書と書評

弘前大学出版会さんの選書と書評

武蔵野美術大学出版局の選書と書評

武蔵野美術大学出版局の選書と書評

各出版社の紹介と書評POPのデザインがひとつひとつ違います!

ご来店されたお客様に、「本を読みたくなった書評」の
出版社を選んで投票していただきます。
この投票期間は、
2月25日(日)までとさせていただいております。

一番投票数の多かったものを「書評賞」に決定、
3月1日(木)より大きく展開していきます。
また、ご投票いただいたお客様の中から抽選で10名様に
1,000円の図書カード&協会オリジナル
そえぶみ箋をプレゼント
いたします。

オリジナルの図案。味わい深い美濃和紙製。

オリジナルの図案。味わい深い美濃和紙製。

ぜひご投票ください〜!

ぜひご投票ください〜!

また書評コーナーの隣には、
各出版社の新刊書が並んでいます。

ここは各出版社の新刊『大学人』(?)のコーナーです。

ここは各出版社の新刊『大学人』(?)のコーナーです。

面白そうだけど存在しない雑誌『大学人』のポスター。イラストもIさん!

面白そうだけど存在しない雑誌『大学人』のポスター。イラストもIさん!

気づいていましたか?
これって大正大学出版会の『地域人』のパロディです(笑)。

今回、看板から、ポスター、大学出版部紹介パネルに
書評パネルなど、すべてのアートディレクションを
奇才(!)の書店員 Iさんが担当してくださいました。
パロディがあったり、秀逸なデザインアイディアは、
魅力いっぱいで本当に見物でございます!

大学出版社の学術書との出会いで、新たな教養を
広げてみませんか?
皆さまのご来店&投票を心よりお待ちしています。

詳細は、コチラ
[営業ずっち☆]

ツイート

【大学出版部協会】「築地本マルシェ」出展・公開イベントのお知らせ 2/17(土)-18(日)

2018年1月26日 金曜日

2018年2月17日(土)・18日(日)10:00-18:00開催の
「築地本マルシェ」に大学出版部協会の一員として、
MAUPも出展いたします。
“読書の楽しみ再発見!”をテーマに、
ブースでは各社厳選の本を読者謝恩価格で展示販売。
御購入の方、先着500名様に、
大学出版部協会オリジナルの「そえぶみ箋」を
プレゼントいたします!
(猫と本のかわいいミニ便箋です)

2月18日(日)14:00~15:00には、
大学出版部協会企画として、
鼎談「学術書を読む–「専門」を超えた知を育む」
(東京大学教授三中信宏氏他)
を開催いたします。(定員50名:下記リンクより事前申込必要)
 
その他、講演・対談・ビブリオバトルなど、
読書に関するさまざまなプログラムも開かれます。

会場は、ベルサール汐留
(東京都中央区銀座8-21-1 住友不動産汐留浜離宮ビル地下1階)。
入退場自由。 ※イベント参加には事前申し込みが必要です。

すべて入場無料です。

詳細・お申し込み・お問い合わせは、
朝日新聞社メディアビジネス局「築地本マルシェ」係へ。
朝日新聞DIGITAL 築地本マルシェ

みなさまのお越しを心よりお待ちしています!
[営業ずっち☆]

ツイート

札幌:大学出版部協会夏季研修会2017(前半)

2017年8月8日 火曜日

8月3日から5日まで、MAUPの所属する大学出版部協会では
札幌で夏季研修会が行われ、ハムコが出席しました。
北海道大学出版会を筆頭に、全国から16の大学出版部から
30名が参加。
初日は経済書編集者の立場から「商業出版と大学出版部」
について、慶應義塾大学出版会のMさんの講演。
Mさんは某新聞社の出版局から慶應出版会に移籍され、
次々と経済書のヒットを飛ばしている方だ。
Mさんの講演に対して、ふたりがコメントを述べ、
そこからさらに全員で討議してゆく。
コメントした一人は、若き日を商業出版社で過ごし、
「月曜日に書店にならべると金曜日には増刷、たちまち
100万部」という経験を積んで、定年退職をされてから
名古屋外語大学出版会の立ち上げにかかわった方。
もう一人は、若き営業マンNさん。
「僕にはそんな成功体験がありません」という率直な意見を
述べつつも、Nさんはベテラン営業マンに鋭い質問を放ち、
さいごに「学術書の社会的使命への共感の薄さが、今の
時代にはある。それを研究者に対しても、読者に対しても、
もっと営業から発信すべきだと思う」と締めくくり、
「Nさん、めちゃカッコええやん」と拍手して終了。

じつは、終わってからの議論のほうが長い。
経済書を担当しているMさんとハムコに共通の話題は
なかろうと思っていると、ふっとMさんが
「いちばん尊敬している装丁家は田村義也」
という言うではないか!
わが師匠、田村義也の名前をここ(札幌の松尾ジンギスカン)
で聞くとは!
「ぼく〈編集現場の115人〉にも出てますよ」
「ええっ、あたしも出てます!」
というわけで、夜はますます長くなるのであった。
前半の報告はここまで。後半へつづく。
[編集:ハムコ]

ツイート

山口雅己さんとムサビ出版局

2017年6月21日 水曜日

訃報のつづく梅雨はじつに寂しい。

大学出版部協会の前理事長であった山口雅己さんの

通夜が月曜日にあった。

東大出版会の前専務理事でもあり、いくつもの要職を

同時に務めておられた。

当時、まだ本郷にあった東大出版会にお邪魔すると

山口さんと常務理事の竹中さんがお雛様のように(?)

机を並べておられ、呑気にもハムコはシュークリームを

手土産に、ずいぶんといろんな相談をさせていただいた。

東大出版会のような老舗に比べれば、ムサビ出版局など

赤子のような存在だったが(今もそうだが)

赤子の話をよくも聞いてくださったものだと思う。

できたての『日本古典芸能史』を持参すると

「これは面白い本ができたね」と言ってくださり、

しばらくたって「ちょっと気になるところがあったよ」

と、そっと誤植を知らせてくださったこともあった。

あれほど多忙な方が、じつに丁寧に読んでくださり、

こうした指摘をさり気なくしてくださったことに

たいへん驚きもし、ハッと背筋が伸びるというか、

襟をただす瞬間でもあった。

遺影の山口さんは、とても柔和な笑みを浮かべて

おられた。三人の息子さんは、すらりと背が高く、

山口さんの若かりし日もかくあらんと思った。

ダンディーで優しい方だったと言うと、異論を唱える

人もあるかも知れないけれど、私どもムサビ出版局の

山口さんへの思いは、そうとしか言いようがない。

[編集:ハムコ]

ツイート

【好調フェア】大学出版部協会『アートの授業!』 世界堂ムサビ店にて

2017年5月25日 木曜日

武蔵野美術大学(東京・小平市)にある
画材店・の世界堂武蔵野美術大学店様で
大学出版部がムサビ生のために選書した
アートの授業!〜アカデミック・ブックフェア2017
が絶賛開催中です!

2000円以上の本をお買い上げいただけると、
特典として、大学出版部協会のオリジナル
「森羅万象」風呂敷をプレゼントしています。
(数量限定・お早めに)

期間は6/9までです。
ぜひこの機会に、お立ち寄りくださいね!

参加出版部:北海道大学出版会、東北大学出版会、
慶應義塾大学出版会、専修大学出版局、玉川大学出版部、
東京大学出版会、法政大学出版局、武蔵野大学出版会、
武蔵野美術大学出版局、早稲田大学出版部、
東海大学出版部、名古屋大学出版会、大阪大学出版会、
関西学院大学出版会、九州大学出版会[北から順]

[営業ずっち☆]

ツイート

15の大学出版部が出品!『アートの授業!2017』 世界堂ムサビ店にて

2017年5月10日 水曜日

昨日5/9(火)より、武蔵野美術大学鷹の台キャンパスにある
世界堂さんにて、大学出版部協会に加盟しているうち15出版部の
ブックフェアがはじまりました。
詳細はこちら

どどんと142タイトル、520冊が集結中でございます。

世界堂AJUPフェア2017_シンプル

昨日はフェアの設営隊として、
東海大学出版部のMさん、武蔵野大学出版会のSさんが
手伝いに来て下さいました。
東海大のMさんは、予定よりだいぶ早い時間に
集合場所に来て下さったのに、
なんと東海大さんの書籍が行方不明で店頭に届いていなかったのです(原因究明中)。
私は担当者として申し訳ない気持ちでいっぱいですが、
大人のMさん、それでも素敵なアイディアを出してくれ、
設営をひっぱってくださいました。

また武蔵野大Sのさんは集合時間前に構内で
迷子になりかけていたところ、
偶然通りかかったMAUP編集長のハムコが救出。
遅れずに到着し、力を発揮していただきました。

2000円以上お買い上げの方に協会オリジナル風呂敷プレゼント![数量限定]

2000円以上お買い上げの方に協会オリジナル風呂敷プレゼント![数量限定]

web002

web003

web004

web005

ごぞんじ世界堂さんは画材屋さんですが、
昨年から引き続きこの時期は大学出版部協会の
ブックフェアを開催して頂き、街の書店のようになっています。

アート関係の本の他、ムサビ生を対象にした選書に
なっていますので、どのような本があるか、ぜひ覗いて見てください。
ムサビ関係者はもちろんですが、ムサビ生でない方も大歓迎です!
新緑のなか玉川上水を散歩しつつ、
ぜひムサビまでお立ち寄りくださいね。

[営業ずっち☆]

ツイート

セブンネットショッピング【大学出版部が提案する21世紀の教養 未来を生き抜くための入門書】フェア開催中

2017年4月12日 水曜日

w500_m_daigaku

セブンネットショッピング×大学出版部協会
期間限定のWEB上ブックフェアです。


大学出版部が提案する21世紀の教養
未来を生き抜くための入門書

をフェア開催しています。

各種テーマ毎にご案内しています。
ぜひご高覧ください。

[フェアテーマ]
1.アカデミック・スキルを身につける
2.サイエンスを極める
3.ヒューマニティで遊ぶ
4.ソーシャル・サイエンスを考える
5.アートで学ぶ

[参加出版部]
・北海道大学出版会
・東北大学出版会
・流通経済大学出版会
・慶應義塾大学出版会
・中央大学出版部
・東京大学出版会
・東京電機大学出版局
・法政大学出版局
・武蔵野大学出版会
・武蔵野美術大学出版局
・東海大学出版部
・名古屋大学出版会
・大阪大学出版会
・関西学院大学出版会
・京都大学学術出版会
・関西大学出版部
・九州大学出版会

[営業ずっち☆]

ツイート