大学出版部協会

大学出版部協会

大学出版部協会発行『大学出版』No.126・春号(2021.5月刊)完成!

MAUPが所属しています 大学出版部協会が発行している季刊誌 『大学出版』No.126・春号(2021.5月刊)が出来上がりました。 今回の特集は、「印刷文化と印刷博物館」です! そして、写真のとおり装幀がリニューアルされました。 装幀は、奥定泰之さんです。 奥定泰之さんは、弊社刊行の 『近代デザイン史』でもご執筆いただいています。 裏表紙は、新連載がはじまりました。 連載のテーマは「何年経っても忘れられない、編集者の一冊」で、 記念すべき第一回は、東京大学出版会の山田秀樹さんです。 全国の書店様、販売店様などで配布されます。 またバックナンバーはP...
フェア情報

「アートと人文 crossover」フェア後半スタート!#函館蔦屋書店#大学出版部協会

函館蔦屋書店(北海道函館市)1階アートの小部屋(中央催事広場側)にて、 「アートと人文CROSSOVER」会期後半フェアスタートしました。 参加出版部は以下のとおりです。 ぜひご注目ください! ・慶應義塾大学出版会 ・玉川大学出版部 ・武蔵野大学出版会 ・武蔵野美術大学出版局 ・早稲田大学出版部 ・名古屋大学出版会 ・京都大学学術出版会 ・関西大学出版部 詳細はこちら [営業zucchi]
フェア情報

「アートと人文 CROSSOVER」フェア #函館蔦屋書店#大学出版部協会

現在、函館蔦屋書店様で、 大学出版部協会「アートと人文CROSSOVER」フェアを開催しています。 函館蔦屋書店の担当のK倉さんは芸術書の棚のエキスパート。 武蔵美のフェア、美術書出版会のフェアなどで、いつもお世話になっています。 昨年、函館蔦屋書店様では、フェア開催させていただく イベントコーナーがリニューアルされ、 そこは、人文とアートが重なりあっても大丈夫な場所になっているとのこと。 そこは、大学出版部協会にぴったりなフェア台! とK倉さんのご提案で、 (芸術書もありますが、どちらかというと人文書の刊行が多い) 大学出版部協会のフェアを開催させていただくこと...
いぬ・ねこ・かえる

【大学出版部協会】ウィズコロナ時代におすすめする本 丸善NW

営業zucchiです。 再度の緊急事態宣言が一都三県に発令されました。 緊張が走るなか、二度目だし、忙しいし、少し感染に対し気がゆるみがちです。 そんなときこそ、注意ですよね。本当に感染してしまったら、 どのように行動すべきか、日頃、スタッフと話しあってても良いかと思いました。 みなさまもくれぐれもご自愛ください。 まさにこのウィズコロナ時代に読んで頂きたい本の紹介サイトのご案内です。 丸善KNOWLEDGE WORKER(ナレッジワーカー)で、大学出版部協会で刊行した、 「ウィズコロナ時代の大学出版・新刊図書カタログ」のなかから、 新しい生活様式、人生を考える人文・...
刊行・販売案内

ウィズコロナ時代の大学出版・新刊図書カタログ<2020年1月~10月刊行書籍>のご案内

大学出版部協会で、臨時カタログを急遽、製作することになり、 武蔵野美術大学出版局が担当いたしました。 このコロナ禍で、新刊情報がうまくお届けできなかったことを実感しており、 一年を振り返る形で刊行した臨時カタログです。 10月下旬に企画・編集、校正、仕様決定、印刷会社数軒の見積とりから、 納品まで約1ヵ月ちょいでの完成。怒濤の納品でした。 そして、配布先データの整理、実際の配布とできあがって、 皆のお手元に届くまでが営業のお仕事です。 国公立、大学などの図書館の司書さんや書店の外商さん、 一部の書店などで配布いたします。 いちはやくご覧頂きたい場合は、大学出版部協会...
フェア情報

同志社生協良心館ブック&ショップに大学出版部協会旋風

1/6(月)より3月の中旬まで、 京都の同志社大学にある生協、 良心館ブック&ショップさんで、MAUPのフェア 「デザインに哲学は必要か刊行記念フェア」がはじまりました。 また大学出版部協会企画「美術と音楽のフェア」も! なかなか現地へ伺うことができず様子がわからないのですが、 きっと関西在中の出版部さんが写真など撮って来てくれるハズ。 期待大です。 しかも、同時開催で、1/14(火)より、 「4大学出版会合同フェア」もはじまるそう。 北海道大学出版会、大阪大学出版会、九州大学出版会、東北大学出版会さんの4大学。 (MAUPは入っていないですが、独自のフェアやって...
フェア情報

「いま大学出版会がおもしろい!」フェア 啓林堂書店奈良店様【大学出版部協会・外伝】

啓林堂書店奈良店様にて、 「いま大学出版会がおもしろい!」をテーマに10大学出版会合同フェアが開催されております。 大学出版ならではの各社自慢の学術書・専門書が、いまならお店で選び放題です。 今回、大学出版部協会のなかから、10社参加しています。 参加出版社は、北海道大学出版会・東北大学出版会・慶應義塾大学出版会・名古屋大学出版会・ 京都大学学術出版会・大阪大学出版会・関西大学出版会・関西学院大学出版会・九州大学出版会 そして武蔵野美術大学出版局。 なかなか珍しいメンバー。 啓林堂書店店長様が、美術を愛好されていらっしゃり、 MAUPを仲間に入れて下さったとの...
フェア情報

2019年12月下旬 & 2020年1月のフェア準備中

営業zucchiです。 都内書店さんを訪れるとすでに、師走の装いで人が多く賑やかです。 ほんと12月ですね。1年経つのが早いこと。 今年刊行したMAUPの市販本(教科書含め)は5冊でした。 12月8日付の毎日新聞「2019 この3冊」で『くわしすぎる教育勅語』 (太郎次郎社エディタスさん刊行)を紹介されたうわさの著者、 高橋陽一先生の 『ファシリテーションの技法 アクティブ・ラーニング時代の造形ワークショップ』、 同じく高橋先生編の 『総合学習とアート』、 武蔵野美術大学油絵学科研究室 編、絵画技法書で好評二刷りの 『絵画組成 絵具が語りはじめるとき』、 京...
フェア情報

そうだ 京都(出張)、行こう![大学出版部協会秋季研修を終えて]

先週末11/21(木)-22(金)にかけて、 大学出版部協会営業部会の秋季研修会で 京都市内へ行って参りました。 ちょうどいま京都は紅葉が美しい時期。 そして人の多いこと。電車やバスなか、人気のエリアはとても混雑していました。 よく大学出版部協会の団体で、ホテルが取れたものです。 2日間で、5つの書店様と書店外商様、3つの生協様を2日かけて廻ってきました。 総勢17名でお店へ押しかけてしまい、大変ご迷惑だったかと思うのですが、 皆さま快くお迎えくださり感謝ばかりです。 いつも電話やメールでやりとりをしているけれど、初対面の書店員さん...
大学出版部協会

京都出張二日目!大学出版部協会営業部会研修

営業zucchiです。 今日は、大学出版部協会の 京都研修2日目です。 昨日、フライングでブログ書いてしまいましたが、 今日がほんとの当番です。 すでに後半です。 いまは立命館大学図書館さん、 大学生協ふらっとさんへお邪魔しています。 もみじが赤焼いで素敵です。 しばし目の保養。 [営業zucchi]
タイトルとURLをコピーしました