大学出版部協会

フェア情報

同志社生協良心館ブック&ショップに大学出版部協会旋風

1/6(月)より3月の中旬まで、 京都の同志社大学にある生協、 良心館ブック&ショップさんで、MAUPのフェア 「デザインに哲学は必要か刊行記念フェア」がはじまりました。 また大学出版部協会企画「美術と音楽のフェア」も! なかなか現地へ伺うことができず様子がわからないのですが、 きっと関西在中の出版部さんが写真など撮って来てくれるハズ。 期待大です。 しかも、同時開催で、1/14(火)より、 「4大学出版会合同フェア」もはじまるそう。 北海道大学出版会、大阪大学出版会、九州大学出版会、東北大学出版会さんの4大学。 (MAUPは入っていないですが、独自のフェアやって...
フェア情報

「いま大学出版会がおもしろい!」フェア 啓林堂書店奈良店様【大学出版部協会・外伝】

啓林堂書店奈良店様にて、 「いま大学出版会がおもしろい!」をテーマに10大学出版会合同フェアが開催されております。 大学出版ならではの各社自慢の学術書・専門書が、いまならお店で選び放題です。 今回、大学出版部協会のなかから、10社参加しています。 参加出版社は、北海道大学出版会・東北大学出版会・慶應義塾大学出版会・名古屋大学出版会・ 京都大学学術出版会・大阪大学出版会・関西大学出版会・関西学院大学出版会・九州大学出版会 そして武蔵野美術大学出版局。 なかなか珍しいメンバー。 啓林堂書店店長様が、美術を愛好されていらっしゃり、 MAUPを仲間に入れて下さったとの...
フェア情報

2019年12月下旬 & 2020年1月のフェア準備中

営業zucchiです。 都内書店さんを訪れるとすでに、師走の装いで人が多く賑やかです。 ほんと12月ですね。1年経つのが早いこと。 今年刊行したMAUPの市販本(教科書含め)は5冊でした。 12月8日付の毎日新聞「2019 この3冊」で『くわしすぎる教育勅語』 (太郎次郎社エディタスさん刊行)を紹介されたうわさの著者、 高橋陽一先生の 『ファシリテーションの技法 アクティブ・ラーニング時代の造形ワークショップ』、 同じく高橋先生編の 『総合学習とアート』、 武蔵野美術大学油絵学科研究室 編、絵画技法書で好評二刷りの 『絵画組成 絵具が語りはじめるとき』、 京...
フェア情報

そうだ 京都(出張)、行こう![大学出版部協会秋季研修を終えて]

先週末11/21(木)-22(金)にかけて、 大学出版部協会営業部会の秋季研修会で 京都市内へ行って参りました。 ちょうどいま京都は紅葉が美しい時期。 そして人の多いこと。電車やバスなか、人気のエリアはとても混雑していました。 よく大学出版部協会の団体で、ホテルが取れたものです。 2日間で、5つの書店様と書店外商様、3つの生協様を2日かけて廻ってきました。 総勢17名でお店へ押しかけてしまい、大変ご迷惑だったかと思うのですが、 皆さま快くお迎えくださり感謝ばかりです。 いつも電話やメールでやりとりをしているけれど、初対面の書店員さん...
大学出版部協会

京都出張二日目!大学出版部協会営業部会研修

営業zucchiです。 今日は、大学出版部協会の 京都研修2日目です。 昨日、フライングでブログ書いてしまいましたが、 今日がほんとの当番です。 すでに後半です。 いまは立命館大学図書館さん、 大学生協ふらっとさんへお邪魔しています。 もみじが赤焼いで素敵です。 しばし目の保養。 [営業zucchi]
大学出版部協会

京都出張!大学出版部協会営業部会研修

営業zucchiです。 本日より、大学出版部協会の京都研修です。 少し肌寒いけど、晴れて清々しい朝です。 京都市内の書店、書店外商、生協、 大学図書館の合計10箇所をたずねてきます。 関西出張は毎回実りがあるので、今回も楽しみです。 がんばんぞー。 [営業zucchi]
フェア情報

芸術の秋なので、フェア目白押し!【 藝大生協さん・京大生協さん・ムサビ世界堂さん】

読書の秋ですね。 そのおかげもあり、全国各地でフェアが目白押しです。 (来週開催もあり) まずは、大学出版部協会のフェア。 お知らせページやSNSでもご案内しておりますが、 上野の東京藝術大学・美術館の地階にございます 藝大生協さんにて、「美術と音楽の本フェア」を開催しています。 これまで美術書出版会として、 「美術本」にテーマを絞って フェアを毎年させていただいておりましたが、 今回は、大学出版部協会で「美術本」と「音楽」をテーマとし、 魅力的な書籍を多くご紹介します。 大学出版部協会団体としても初出店ですが、 「音楽」をテーマとしたフェアは、 ...
大学出版部協会

『悪魔にもらった眼鏡』(目次あり)と老眼鏡

昨日のブログで心優しいとハムコに書かれましたのはワタクシ営業zucchiでございます。 本当に優しかったら、ブログを忘れているのを見ても、 疲れて居眠りしている子どもを眺めるごとく ソッとしておいてあげるようなものを真相はいかがでしょうか。 さて、私はヨワイ四十ウン才。 生まれてこの方、視力は良い方で、眼鏡と無縁の人生だったのですが、 最近、文字の読み間違いが多いなあ、趣味のはずの読書が遠のいているのは、 実は眼のせいだったかもと、とうとう老眼鏡を購入しました。 装着してみるとなんとも世の中の文字がスッキリしていること。 (ああ、これで言い訳ができないわ) 眼鏡に“...
大学出版部協会

隠岐さや香先生の御講演「学知・イノベーション・書物」

11月15日から17日にかけて、大学出版部協会編集部会 秋季研修会が名古屋で行われた。 悪い癖で、行く前は何とも億劫でぼやくのが常だが、 参加してみると、普段は話せない遠くにいる仲間との 直にしか聞けない話が満載で、新たに得ることが多かった。 ことに2日目、名古屋大学の隠岐さや香先生の御講演 「学知・イノベーション・書物」は目からウロコであった。 隠岐先生は今年の夏に『文系と理系はなぜ分かれたのか』 という新書を上梓されたばかり(だというのに10月に私が 購入したのは3刷であった!) 科学史を御専門とする隠岐先生のこの御本は「なぜ」 というよりも、その分かれている現状分析...
大学出版部協会

悲観的な水曜日の夜7時

明日から大学出版部協会編集部会の秋季研修で 名古屋に行く。 ああ、なぜ行くことにしたんだろう、ニャゴヤ。 なぜって、自分で申し込んだからなんだが、 申込みをした夏頃には、11月のその頃ならば、 原稿整理が終わってレイアウトの時期だから、 ひと山越えて、ちょうどあいてるなぁ、 なんて思ったのだろう。アホちゃうか。 そんな予定、どんどん遅れとるわ。 2月末納品の教科書が2冊、3月末納品の技法書が 1冊、4月10日納品が1冊。 呪文のように唱える。気持ちだけが焦る。 ここでハムコが焦ったからといって、 事がうまく運ぶわけではない。 嗚呼、しかも明日の夕食は名古屋名物「...
タイトルとURLをコピーしました