日常の業務

日常の業務

巻末のかけひき

編集:t:eehが担当している高島直之先生著『イメージか モノか 日本現代美術のアポリア』の組版が連日おおづめ。 連日っていうところが、ミソですよね。 A5判に判型を決めたなら、用紙の取り都合で32の倍数でページ数を確定したい。本文量などから256ページでいこう!と進んでいくのですが。 本文が最後に終わるのが○ページ、256ページまで残り○ページ、本文のあとに「あとがき」「協力者一覧」「初出一覧」「プロフィール」「奥付」、あわよくば「広告」とフォーマットに左右されにくい巻末の残りのページで、うまい具合にめざす区切りのよいページにするために、連日ジタバタしていたのでした。 今回は...
ひとりごと

MAUPの夏季休暇は……

東京オリンピック2020がはじまりましたね。 このコロナ禍で開催されたのが夢のようです。 選手や関係者、ボランティアなど関わっている皆様は 大変な時期での開催でとても混乱することもあると思います。 本当にお疲れ様でございます。 暑そうにしている選手の様子をみるとお気の毒ながら、 夏の風物詩だなあと感じます。この蒸し暑いなか、 わざわざ夏にやらなくてもいいのに、 な〜んて個人的意見ですが、大人の事情があるんでしょうね。 私はテレビ前での観戦を楽しみます。 そして、MAUPの夏季休暇については、MAUPでは各個人で それぞれ調整しておやすみすることになっていますので、...
ひとりごと

いもじ_漢字で書くと

11月刊行予定の加藤幸治先生『民俗学 ヴァナキュラー編』を鋭意、組版中。 編集・ハムコが丁寧に原稿整理したデータを、 InDesignに一気に流し込んで、図版を配置し、 せっせとルビなど手動で組んでいく。 漢字で書くとそうだったのかという一文に触れる。 「金属を溶かして鋳物に流し込む鋳物師」。 鋳物師に「いもじ」とルビをふる指定をみて、 なんと! と驚きの発見。 祖母の実家の屋号が「いもじ」。 さすがに私の世代になると名字で呼ぶけれど、 越後の地元では屋号の方が通りがよく、 子供の頃から身近な「いもじ」という言葉と漢字がつながったのだった。 その家は板金工場で、前の...
ひとりごと

まるで年末のよう

七夕。 東京地方は雨があがって、織姫と彦星が会えるのでは…… などとようやくロマンティックなことに思いを馳せる余裕ができた7月7日夕方。 今週はじめから、まるで年末のように 段取りを踏み間違えないようにしなければとバタバタ。 急ぎじゃないけれど、2ヶ月は待てない増刷などなどについて 用紙代理店、印刷会社とメールの応酬。 そもそも用紙の在庫はあるのか??  オリンピック・パラリンピックのため、道路事情はどうなるのか?  高速料金は期間中値上げされるし、 連休はあるし、印刷所・製本所も夏季休業をとるだろうし……。 「思った通りに物事は進まない。予定通りにできたらラッキ...
日常の業務

興味津々! A社の対応

4月3日長い会社名になり、 先日、銀行口座名義も変更が完了したと経理からの一報を受けて、各所へ連絡。 顔が見える担当者には、メールでさらりと伝えればすむのだけれど、 困ってしまうのが、担当者がおらず、 webのいわばマイページから変更手続きをせよというところ。 ヘルプページを見ても要領を得ず、 結局はカスタマーサービスへメールで問い合わせる。 おおよそいいテンポで返信をいただき、 回答通りに試すものの「銀行口座名義の変更」というミッションは終了しない。 「その他にもご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。」 という返信を額面通りに受け取って、何度...
ひとりごと

さようなら警告の日々

紆余曲折を経て社内LANサーバを廃止し、学内サーバに共有データ保存の居場所を得ることになった。今日は最後の締めで、複合機のスキャニングの保存設定を実施してもらう。 「個人フォルダで有していたデータを別場所に移して〜」「今はさようならになってしまった仕事のデータは引越しさせないよ〜」など、大号令を放って1ヶ月半。なんとサーバの空き容量は、180GBから、1.41TBになった! 毎冬、教科書作成などが立て込んでくる季節になるとサーバの整理が追いつかず空き容量は、150GBを下回り、最初はメール、やがて電話で警告が届いていた。 そんな警告の日々とは、しばらく無縁となりそう。安心慢心は禁...
フェア情報

【ブックフェア】イサム・ノグチ 発見の道 #東京都美術館再開!

緊急事態宣言をうけ、休館していた東京都美術館での 「イサム・ノグチ 発見の道」展が6/1より再開いたしました。 それに合わせ、 弊社刊行『イサム・ノグチ 庭の芸術への旅』(新見隆著) をふくむ東京美術・平凡社・みすず書房合同のブックフェアが 全国各地の書店であらためて盛り上がっております。 ※開催期間、取り扱い書目については、各書店で 相違がございますので、御確認のうえおでかけください。 ちなみに同じく展覧会を再開した世田谷美術館さんの(投稿日は6/3?)のツイッター。 小さな訪問者さん、ほのぼの〜しました。 かわいくって楽しい情報ありがとうございます! ...
ひとりごと

元に戻りつつある世界

2003年だったかなぁ… 某アイドル雑誌の表紙で初めて彼らを見て、 「チャラいなぁ…😅、ないわぁ..」が第一印象(ごめんなさい)。 2003年あたりの自分の写真を振り返ると、自分も十分チャラかった 爆🤣 という、近くて見えぬは睫状態だった訳ですがw その後まさかの沼でしたねぇ。 このコロナ禍で、15周年の記念すべきライブへ行けたこと、感慨深いものがありました。 もちろん、声は出せない、ソーシャルディスタンス、ずっとマスク着用だった訳ですが、それでも、この記念すべき機会にまた参加できたこと、嬉しかったです。 15年も経てば、旦那さんもいれば子供もいる友人たちも、今回ばかりは何が何...
日常の業務

ればたら換算

外国為替には縁がないと思って過ごしていたけれど、本日、為替レートとにらめっこ。電子書籍の売上を集計(←かっこいい響き! 2019年まで、ささっとできてしまっていたので)し、今年の見込みを探るというミッションの中、カナダや豪ドルは、見当がつかず。カナダは約90円なのかあ、豪州は80円前半なのかあとwebでリサーチ。昨年から海外にも1タイトル『Nihonga for Beginners』の販売を開始したので、日本円にするとどのくらいになるのかと、換算してみた。 2020年4月、5月はコロナ渦で電子書籍の売上が急上昇したけれど、この勢いはどうなのか。思いをはせて今年の売上の予測をたててみた。 ...
ひとりごと

サーバ移動とMAUP20周年史

ここ1カ月の私の底辺にある仕事は、サーバの中身の移動。 紆余曲折あり、社内LANでつながっていたNASサーバを廃止して、本学のサーバに保存場所を与えてもらえることになったため、せっせとファイルを移動させている。 同じ容量をいただいているので、そのままコピーすればよいものだろうけれど……。これは、実人生の引っ越しと同じ。判断を保留にして、整理する、捨てるという決断を先送りにしていたファイルを一掃するチャンスでもあるのだ! と意気込んで、なかなかスムーズにいかない。 昨日は、あるファイルを目にして、開いてしまった(←片付けていると思い出の品を手にするたび、手は止まり、想いはかけめぐる)。...
タイトルとURLをコピーしました