日常の業務

日常の業務

ジャケットをかける

気がつけば、2月も最終週。 嵐のような進行を経て、26日金曜日には、 三浦明範+吉川民仁 著『絵画の表現』 牧野良三 編『モノと空間のデザインを考える』 高橋陽一 著『チーム学校の教師論』 の通信教育課程教科書3タイトルが納品される。 先週は、刷りだし確認が届くのを待つスキマ時間に、ひととき内職的なお仕事。 1年前に刊行された三浦明範 著『絵画の材料』の2刷(!)約100部のカバー・帯・スリップがけ。(詳細略)MAUPにある、本体のみの書籍は、そのまま出荷できないため、仕立てし直すといったところ。カバーは、ジャケットともいわれるけれど、作業をしていて、初めてなるほどと納得...
日常の業務

立春が過ぎて

先週末、すぱッと17時に退社。 「通信手帳2021」の午前納品に備えて9時前に出社しており、コロナ渦の措置である10時〜17時のコアタイムを有効に使わせてもらった。 外に出てびっくり。17時はまだ明るいんだと感動。ずっと夕方の時間は顔をあげることなくモクモクと仕事をしていたので、日の入りが遅くなっていることに気づかなかった。 2月末納品の通信教育課程教科書3タイトルも、すべて入稿(この期に及んで当たり前なのだが)し、色校を戻したタイトルもあり、綱渡り状態を脱した。 立春が過ぎて、ほんとうの春がだんだんと近づいてきた。 [制作:呑猫]
日常の業務

焦るな、大丈夫

焦るな、落ち着け、まだなおせる、大丈夫……。 2月納品刊行物の「最終」確認週間が始まり、早くもハッ! ドキドキ!!(悪いほう)。 これは白焼、印刷していないのだから、なんとかなる! とザワザワな幕開けの月曜日。 [制作︙呑猫]
ひとりごと

今年もお世話になりました!

MAUPは12/29(火)〜1/4(月)まで、 冬期休業とさせていただきます。 毎年恒例ですが、編集者はまだまだ落ち着かないようすですが。。。 2020年を振り返ると、3月終わりから、 新型コロナの影響で予想がつかない日々の連続でした。 学生のみなさんは不自由でとても大変だったと思います。 教える側の方達もやはり不便で大変だったと思います。 日本中、いや世界中のみんなが新しい生活用式に強引に慣れさせられました。 私もテレワークをしたり、ZOOM会議をしたり、 緊急事態のなか、書籍の販売はどうなるのかとヒヤヒヤしっぱなし。 ただ流通は細々とされ、キケンな状況でも私たち...
日常の業務

かわらずにあるということ

年の瀬。 1年間の制作物・発注一覧表をまとめあげて、今年もよく働きましたと自画自賛しています。 2019年:新刊5タイトル、増刷8タイトル 2020年:新刊8タイトル(ほか1タイトル販売請負)、増刷13タイトルを刊行 さらに2021年1月すぐに納品していただく2タイトルがあり、よく間に合った〜というところです。 ほんわかとよい思い出なのが、増刷「星の王子さまの教科書」のCD制作。 2007年初版、2008年に2刷を刊行して以来の増刷なので、CDの制作会社と連絡がとれるだろうか!? とドキドキしていました。2007年当時の会社は解散されて、新しい会社を立ち上げた旨連絡をいただいた...
日常の業務

駆け引き

先週月曜日にブログに書いた、書籍に挟む売上カードの話。ネット印刷にお頼みして、11営業日価格で12月28日着予定が、本日到着!  申し込みをする際、混み合っていない時は前倒し納品を希望するか否かのチェック欄があって、もちろんチェックをした結果なのですが、こんな年末の時期だからなお嬉しい!  原稿〆切日や入稿日は、だいたい守られないのでサバをよんで駆け引きして伝える・伝えられるのが常だけれど、今回の売上カードをお願いしているグラフィックさんやアルプスPPSさんは「予定より早くできまたよ〜、送りますね〜」と、もったいつけないところが素敵! 弊社の今年の公式な営業日も残すところ1週間。...
日常の業務

売れてます!電子版「日本古典芸能史」

月初めは、印刷所や用紙代理店などなどの請求書の確認のほか、電子書籍の売上報告書をまとめます。文字にすると、恥ずかしいなあ。売上ゼロでも、報告は報告なので。 そんな状態が続くこともありましたが、今年に入ってから「おお!」という数字をあげています(注:当社比)。 このところ、顕著な売上を見せているのが、KEP「日本古典芸能史」です。著作権の関係で、電子版はすべて図版をナシとしました。ただ、KEP版はリフロータイプなので、デバイスによって読者の方が読みやすいように調整できることと、書籍版よりお求めやすい価格になっていることはメリットではないでしょうか。 本学の通信教育課程のほか、他校でも教...
日常の業務

図版サーチ/犯人探し

ここ数日、著者から提示された50点あまりの掲載予定の図版について、掲載の可否をチェックする作業をしている。 テキスト原稿と照合しながら、適切な図版か、出典は明示されているか・・・ もちろん、高額な使用料が発生するものはご遠慮願い、代案を出す。 こうした作業は一気にやらないと公平性が保たれない、というと大袈裟だけど、 ある種の「ノリ」がなければ逡巡するばかりで、何がなんだかわからなくなってしまうのだ。 ほかの仕事もあるので、1日に片づけられるのは20点が限度だろうか。 1885年、ローバー安全型自転車。 著者の先生から提示されたサイトをのぞいてみると、失礼ながらシロートのご趣味...
日常の業務

リスト化すればわかること

リスト化するとわかるものですねえ。 ここ10年余、10月下旬の仕事に大口入出金リストの作成があります。兼務で本学の経理チームがMAUPの経理も担ってくれることになったとき、いきなり年末に支払いが増えたらびっくりするだろうと、印刷・製本、用紙代支払いのリストを送ったのがはじまり。取りまとめも仰せつかるようになり、一覧表をつくっております。 去年は、この時期、教科書の重版が2冊と少なかったのが、今年は10月納品からカウントして10タイトルの重版を進めているため、そして助成金企画が年度末をまたずに刊行する進行なので一覧表の行がどんどんうまっていきます。 行数が多いって、MAUPの経済はまわ...
イベントのお知らせ

感謝です!「書店向けWeb商談会2020秋」*終了しました

10/5(月)から2週間、 オンライン上で続いておりました 「書店向けWeb商談会2020秋」が本日をもって無事終了いたしました。 MAUPの書籍・グッズに興味をもっていただいた書店さま、 ご参加いただいた皆さま、ありがとうございます。 今回は、初!の海外書店様との商談をさせていただき、 外国にいる方と、お顔を拝見しながら、スムーズにお話できるなんて、 自分が子どものころだったら考えられない話でした。 本当にいい経験をさせてもらいました。 一緒に参加した出版社の仲間にも感謝ばかりです。 またの機会がございましたら、お会いしましょう! 今後ともよろしくお願いいた...
タイトルとURLをコピーしました