いぬ・ねこ・かえる

かわいいもの。愛すべきモノについて。

いぬ・ねこ・かえる

新しい生活様式と多幸感について2【書店様向けweb商談会(β版)ご予約承り中!】

さて、今年の新型コロナウィルスの流行により、 書店営業の形が変わってきていると先週お伝えしました。 【書店員の皆さまへ】47社参加・ZOOMでの商談会のご案内 ZOOMで商談会? お手紙、メール、SNSやマスコミを通じて 宣伝はさせていただいているものの、 今回初めての試みでもあり ご案内している書店様のZOOMの安全性の確認や その時間に店舗のPCを独占できるか問題で、 なかなか簡単にお申込までいかないご様子です。 そんななか高いハードルを越え、営業zucchiに会いに来て下さる 書店員さんのご予約者がポツポツと。。。 ほんとうに嬉しい。ありがとうございま...
いぬ・ねこ・かえる

多幸感について

友人が、猫を飼い始めたという。さっそく写真を送ってもらう。 ん、まぁ、お世辞抜きで、なんと可憐な美人猫よ。 こんな子がいて、よくも働きに出られるもんだ感心していると、「今までに感じたことのない多幸感があるんですよ!」と言う。 たこうかん? なぜか「多重露光」が浮かんでしまうハムコ。 なんと薄幸な人生であろう! 「多幸感」なる言葉を、いまだかつて自分で使ったことはない。 はてさて、多幸感、いつ感じただろうか。。。 夕方、倉庫の本を片付けながら、ずっとそれを考えていた。 そうだ、上野千鶴子先生が、スキーで気分よく滑っていると「してやったり!」と思う、と書いておられたのを思...
いぬ・ねこ・かえる

柿沼宏樹先生の展覧会

『絵画組成』の著者のおひとり、柿沼宏樹先生から「2人展」のご案内をいただいた。 「ドメスティック エイリアンズ」 案内状には「100号を超える大作を中心に」とある。 髙木陽さんと「想像力の底に沈む異・和を全開にする」という。 場所は、銀座6丁目、秋華洞。 自慢にもならないが、ハムコは3月27日を最後に23区内に足を踏み入れていない。 武蔵野エリアだけで、たいそう地味に暮らしている。 嗚呼、ギンザ! そろそろ行ってもいいのではなかろうか・・・ 展覧会は、7月3日(金)から12(日)まで。 もう一枚、チラシが同封されており、こちらは軽井沢。 カフェがご自慢の美術館...
いぬ・ねこ・かえる

ぼさぼさ頭でスミマセン

奇妙なオカッパ頭になっている。 自分で、前髪をパッツン。 後ろも、適当にチョッキン。 ここ10年くらい、吉祥寺にある美容室に月に1回、通っている。 いや、いました。 美容師のナミちゃんとは、すっかり「おともだち」で、小学生の息子さんと一緒に映画に一緒に行くほど。 なので、この数ヶ月、ナミちゃんに会えないのはツライ。 変な髪型は自分では見えないので、まだ我慢できるけれど。。。 ナミちゃんとは、いつもいろんな話をする。 斎藤環先生が「今こそ、会話ではなく対話をしよう」と話していた。 目的のある「会話」ではなく、不要不急のおしゃべりである「対話」こそが、今の閉塞感に打ち勝...
いぬ・ねこ・かえる

zoomはお好き?

緊急事態宣言が解除されたものの、もう「もと」には戻れません。 みんながちょっとずつ不自由な思いをしながらも、自身を、家族を、大事な人を守る暮らしをつづけるにためには、直接、人と会う機会を減らさねばなりません。 学生時代から本棚にある『孤独な群衆』。ふとまた手にして、わたしたちは新たなる「孤独」を定義しないといけないのかなぁ、と思ったりしています。 皆さんの周りでも、仕事でzoomを使わない人は、少数なのでは。。。ハムコはまだ、指折りで数えるほどしか使っていませんが、、、タイヘンに苦手です。 難しい設定はない、遠くにいる人とダイレクトに話せる、料金は安い、こんなに便利なものはない...
いぬ・ねこ・かえる

武蔵野美術大学リモートキャンパスが始まって。

武蔵野美術大学では、 オンライン授業の「武蔵野美術大学リモートキャンパス」が始まりました。 新しい時代の到来を感じます。。。 MAUPでもこの「リモートキャンパス」の様子を伺うことができないのですが、 慣れない環境で新学期がはじまった学生のみなさんは、大変な苦労や心配があると思います。 学生はもちろん教職員すべて始めてのことばかり。 はやくみなさんがこの環境に慣れ、大学の授業を楽しみつつ 習得できるよう心から願うばかりです。 そしてこの「リモートキャンパス」でも大事な教科書。 本学で指定されている教科書は世界堂武蔵野美術大学店さんが 割引で、代引き手数料なし、送料無...
いぬ・ねこ・かえる

もう少しの辛抱、もう少しの楽しみ

東京は、もう少し我慢すれば「自粛生活」の成果が現れそうです。いえ、もうすでに現れていますね。ハムコは北大の西浦先生のお話だけは、よくよく聞いて行動することにしています。 在宅勤務にも限界があり、今月はかなり有給休暇を取り、ひたすら断捨離。。。ニュースでは、DV被害の報道がなされています。 「オレの機嫌が悪いのはお前のせいだ」と宣う夫がいるとは!? 「お前は王様か」と反論したくなりますが、こういう時は反論せずに、そっと外出するのがよいとか。。。 自分の気分を人のせいにするのは幼稚な行為ですが、ついつい気づかずに、自分もやっているのかも。 ひとりココロ楽しく過ごせるかどうか、これが「教養...
いぬ・ねこ・かえる

『映像のフュシス』ができるまで

週に一度の出社も危うい状況になってきました。もちろん自宅で作業することがベストなのですが。。。 3月は末日まで「パツパツ」に詰まっており、気づくとデスク周辺は「捨てられない人」のお家のようになっています。ようやく片付けられると思っていたら、こんな日々が来ようとは! 古い(といっても2018年10月)の書類・・・三浦均先生の『映像のフュシス』は、企画段階では『イメージのテクノロジー』というタイトルでした。 映像学科の授業「イメージ・テクノロジー」を書籍化しましょう、ということから始まり・・・企画段階では256ページ。実際できたのは304ページ(笑 しかし、企画書にある「著者が〈世界を...
いぬ・ねこ・かえる

ひとり一部屋

本日よりmaupは、新型コロナウイルス拡散防止のため、営業日時を限定することになりました。 日々、状況は変化するため、来週にはまた違ったご報告をすることになるかもしれませんが、当面、週に3日間の営業となります。 ひとり一部屋、これを原則に、時短営業のためご迷惑をお掛けすることもあろうかと存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 明日、9日は『映像のフュシス』搬入。 倉庫も、取次も、書店も、ありがたいことに少しずつ動いています。 無事に読者の皆様のもとへ届きますように。 編集 ハムコ
いぬ・ねこ・かえる

できました『映像のフュシス』

昨日の午前中に『映像のフュシス』が納品された。 2019年度の最後の最後! ページを開くのが、嬉し恐ろし。 いつものように呑猫が検品。1ページずつ最後までチェック。 「はい、できましたっ。おめでとうございます!」 一同、ぱちぱち拍手。 すぐに三浦先生に送る。同時に鷹の台校に3冊を納品に行く。 鷹の台校の研究支援チームのカウンターに立つと、担当のEさんに「遅いから何かトラブルかと思った!」と言われてしまい、「すみませんすみません」と謝りながら本を差し出す。 「わぁ!ステキ!」 この一言は、身に沁みる(涙 そうなんです、webで見るとはかない感じだけれど、実際にはタイト...
タイトルとURLをコピーしました