いぬ・ねこ・かえる

かわいいもの。愛すべきモノについて。

いぬ・ねこ・かえる

Nihonga for Begginers なう

出版界にはコロナウイルスの影響が顕著には出ていないように思う(今のところは、というべきか) おうちにいる時間が長くなって、ついネットで本を買う、という現象も残念ながらなさそう。 しかし、新刊の動きがよろしくないように感じてはいる。全体に、世の中が緊縮ムードのせいだろうか。 そんなことを考えながら、日本画の技法書の英語版PDFをつくっている。 今年度中に日本画学科研究室に試作版を納品し、新学期から実際に使ってもらい、不具合は修正して夏までに電子書籍として市販したいと考えている。うまくいくかなぁ。。。 こんな閉塞的なときだからこそ、世界に向かって発信することがあっていいんぢゃ...
いぬ・ねこ・かえる

私たちってクラス担任みたい

2月末から3月末までにの刊行でかかわる著者の先生が、46人。 この大所帯は、18年ぶりくらいかも・・・ いくらやっても終わらない。誰かが何かを言ってくる。いつまでたっても終わらない。 ・・・と嘆いていたら「私も、数えてみたら38人」「私も40人ごえ!」という女性編集者が身近にいた。 3人でメールをしていたのだが、中でもいちばん若い編集者が 「クラス担任みたいな気持ちになりますね・・・。」 24の瞳とか? いやいや〜、そんな優しい気持ちにはなれんわぁ! と思いつつ、大爆笑。 辛い時に笑える仲間がいることくらい、ありがたいことはない(涙 彼女は大阪に住む小学生のママさんである...
いぬ・ねこ・かえる

『リンゴ作りのジョニー』🍎 見ました

昨日のハムコさんのブログを見て、 早速帰りの電車の中で、YouTube見ました。 『リンゴ作りのジョニー』🍎 ハムコさんに昨日、「ディズニーで、’ リンゴ作りのジョニー ’って知ってる?」 と聞かれた時、頭の中「???」。 自称ディズニー通と思っていただけに f^_^;) 「初めて聞くなぁ…。本当にディズニー?」なんて疑う気持ちもありつつ(失礼!)、見始めた訳です。 うん。このタッチは確かにディズニー。キャラクターの動きも表情も流れるメロディーもストーリーの展開も…、間違いなくディズニーアニメーションだと思う。(← 何目線? 笑) で、見ていくうちに、途中か...
いぬ・ねこ・かえる

学生に「さん」をつけるか否か

3月刊行の『映像のフュシス』。 著者の三浦均先生のお原稿に「学生さん」とあったので、 著者校正の際に、「さん」にくるりとマルをつけて鉛筆で 「トル?」と書き込んだ。 三浦先生から電話がかってきた。 著者「マルのついてた〈さん〉なんだけどね・・・ 〈学生〉って書くと、なんか上から目線なかんじがして・・・」 ハム「そんなことないですよー(笑」 著者「僕は学生時代が京都だったから、京都の人は学生を 〈学生さん、学生さん〉と云って、とっても大事にしてくれるんですよ。 だからね、僕も〈学生さん〉って云いたい・・・」 ははぁ! 脳裏に浮かぶ「お芋さん」「お粥(かい)さん」「...
いぬ・ねこ・かえる

ハムコは南の島へ

いよいよ詰まっています。。。 先週の木曜日の晩、ああ、どこか遠くへ行きたい・・・ 遠い南の島に逃げてしまいたい・・・と思いながら眠りについた。 翌朝、目がさめると旅仲間のM姉さんからラインがきていた。 「どこか海外の空港で、トランジットで並んでる夢を見ました。そう、ハムちゃんと私。 だけどカップルとか、ファミリーはいなくて、なぜか作業着のゴッツイおっさんばっかりなのよ! わたしたち、どこへ行ったのかしら?!」 布団の中で大爆笑。すごいぞ、ハムコ。 魂が飛ぶようになった?! 夢でもいいわ、気の合う友人と旅に出てたなんてステキ。 それにしてもどこかなぁ、、、今つくってい...
いぬ・ねこ・かえる

束の間 フォーチュンクッキー

フォーチュンクッキー!! いただきました。 ♪ 恋する フォ〜チュンクッキ〜 ♫ 鼻歌を歌いながら、オープンっ!! パリンッ! どれどれ… っお! 大吉😆 …の割に、辛口だな 笑 f^_^;) うーーん… ごめんなさい。当たってない(爆)🤣 まぁ、「恋するフォーチュンクッキー」でも、 ♪ 先の展開 神様も知らない って、言っちゃってるし(笑) でも、 ♪ 未来は そんな悪くないよ は、結構長く生きてきて感じます。 生きるほど、楽しいというか、面白くなってきました(笑) はるか昔の…、恋...
いぬ・ねこ・かえる

仕事はじめのご挨拶

皆さまにおかれましては、よき年をお迎えのことと お慶び申し上げます。 旧年中は大変お世話になりました。 大晦日までメールを送りつけてしまった著者の 先生方には、この場を借りてお詫び申し上げます。 が、年明けの2週間が勝負のしどころでございます! 「おめでとうとはまだ言えない」 と仰る先生方との打ち合わせが続く年明け。 ありがたいことです。 本年もどうぞよろしくおねがいもうしあげます。 編集 ハムコ
いぬ・ねこ・かえる

ようやくノンブルが通った3冊

2月末納品の3冊。 本日ようやくノンブルが通った(ように思う)。 大坪圭輔先生編『求められる美術教育』はA5判、256ページ。 15人の著者の先生、ありがとうございました! 三澤一実先生編『美術の授業のつくりかた』はA5判、448ページ (にしたいとツヨク願っているところ)。 22人の著者に感謝しつつ、索引づくりが待っている(ぎゃー) 参考文献もこれからなり(キエー) 白尾隆太郎先生・三浦明範先生の『造形の基礎』はA5判、 本日できたてホヤホヤの207ページまでを デザイナーである白尾先生みずからがご持参くださった。 あまりにも突然、登場された白尾先生にびっく...
いぬ・ねこ・かえる

片付けることの罪と罰(笑)

年末の棚卸しに向け、倉庫を片付けております。 ピロイのお仕事的には、嵐の前の静けさである、今のうちに…。 その感じを、なんだか家にまで持って帰ってしまい(笑) 最近家もいろいろ片付け & お掃除モードです。 いい傾向だ(笑) 部屋がきれいなことはいいことなのに。ひとつだけ難点あり。 そういう時に限って抜き打ちで上京してくる母は、めっちゃ怖い顔で無言で私を見る。。。 いやいや、私が何歳だと思っているのさ、母よ。 鉢合わせの過去があるだけに f^_^;) 笑 …で締めます。 [総務:ピロイ]
いぬ・ねこ・かえる

2019大学出版部協会編集部会秋季研修会@ダーウィンルーム

先週の金曜日、11月8日に大学出版部協会編集部会の秋季研修会があった。 場所は下北沢のダーウィンルーム。ここは1階が自然科学系の書籍とグッズの店舗、2階には様々なイベントが開かれるスペースがある。 今回は、3人の研究者、軟体動物の奥谷喬司先生、真骨魚類の松浦啓一先生、魚類分類学の武藤文人先生にご登壇いただいた。 「軟体動物」と言われると、一瞬「?」が浮かぶが、奥谷先生のご専門はイカ・タコ・貝の分類学である。 「さかなくんのお師匠さん」という紹介が、一番わかりやすいかもしれない。 奥谷先生が発表された論文は膨大にあり(88歳の現在も鋭意執筆中)、その一方で、子ども向けの図鑑や、新書...
タイトルとURLをコピーしました