刊行・販売案内

刊行・販売案内

三浦明範+吉川民仁/著『絵画の表現』

担当していた、この春刊行される新しい教科書の1冊『絵画の表現』(三浦明範+吉川民仁/著)も、後は納品を待つばかりとなりました。 本書は、昨年先に刊行された『絵画の材料』(三浦明範/著)と対になる一冊ですが、材料とは違ってものの見方や考え方など内面的なことについて書かれているので、それを理解して自分のものにするのには少し時間が掛かるかもしれません。それでも本書を読み込むことは、描くとはどういうことかをあらためて考えるきっかけになるでしょうし、今後の制作にきっと良い変化をもたらすことと思います。材料と表現の内容、双方がうまくマッチしてはじめて良い絵画はうまれるのでしょう。 絵画を学...
MAU GOODS

ネコエコバッグAkiko Endo 販売開始しました!

2/3にピロイのブログにもありましたが、 遠藤彰子先生に描き下ろしていただいた猫ちゃんの エコバッグがいよいよ発売開始となりました。 マチが広くて、お弁当もヨコにならず入る便利なサイズです。 シックな紺色に魅力的な猫ちゃんが際だちます。 ネコエコバッグAkiko Endo 定価:770円(本体価格:700円) 詳細は販売ページへどうぞ。 *武蔵野美術大学の関係者、卒業生のみなさまは、御購入の際、 カートの備考欄にそのようにお書きください。学内特典がございます。 ご注文お待ちしています! [営業zucchi]
刊行・販売案内

高橋陽一先生『チーム学校の教師論』3月中旬発売!

東京のコロナ感染者は、ほんの少しずつ減少している。 年末には、身近に罹患した人もあり、暗いお正月でした。。。 っていうかさ、ハムコは年末も、年始も、関係なく、毎日まいにち仕事をしてた。 これですよ、高橋陽一先生『チーム学校の教師論』 「教師論」って、へんな名称だと思いませんか? でもね、教職課程では2000年度から必修の科目になりました。 各大学で、その内容が異なり、特色がでるのではないか。。。 ムサビ「教師論」は、教職の意義、教員の役割・職務内容を 徹底的に法律に基づいて解説しています。 「美術のセンセイになるために」というよりも、 「働くとは、どういうことか」「...
刊行・販売案内

『ずっと人間描かれ』『形象の記憶 デザインのいのち』販売開始

今日は朝からPCの調子が悪く、いつもお世話になっている業者のMさんにSOS電話をかける羽目に。MAUP内では一番新しいマシンのはずなのに、とほほです。 そんなわけで、今日は諸々の片付けに専念。不要なゲラやら何やらをどんどん処分。その結果、自分を囲んでいた壁がほんの少しだけ低くなりました。 そうこうしているうちに、PCが無事に復旧。データが消え去る可能性もあった中、よくぞ戻ってきてくれました。Mさんに感謝、感謝です。 そんな中、明日から新刊2冊がいよいよ販売開始となります。 水上泰財著『ずっと人間描かれ』 向井周太郎著『形象の記憶 デザインのいのち』 お見かけになりました...
刊行・販売案内

配信開始!『美術の授業のつくりかた』amazon電子版

昨年の今頃、ふうふう、ぜいぜいとつくっていた『美術の授業のつくりかた』ですが、 amazon kindleで電子書籍としても販売! ボイジャーさんに制作していただいたリフロー型で、1月29日より配信開始しております。 昨年の初版を底本にしていますが、発売後に確定した「指導と評価」の部分について改訂を行い、反映しています[この改訂部分は、2月中に本webでダウンロードしていただけるようにいたします]。 単行本と電子書籍、ハイブリッドで使用していただくと素敵! です。 [制作:呑猫]
刊行・販売案内

『形象の記憶 デザインのいのち』も間もなく販売開始#向井周太郎

水上泰財先生の東急渋谷店での展覧会が終了いたしました。 私もお出かけし見に行って来ました。 デパートはすいていて清潔で快適。気分転換できる外出になりました。 『ずっと人間描かれ』に挿絵として描かれた作品を生で見られて感動しました。 水上先生のあたたかみがじっと伝わってくるような、そんな展覧会でした。 残念ながら見過ごしてしまったかた、 2/5(金)全国書店発売の書籍『ずっと人間描かれ』をどうぞ! またあの感動を自宅でもう一度味わいたい方にもおすすめです。 また同じ日に、武蔵野美術大学名誉教授・向井周太郎先生の 『形象の記憶 デザインのいのち』も刊行いたします。 『デ...
刊行・販売案内

『ずっと人間描かれ』間もなく販売開始

MAUPのある吉祥寺では午後に入って、一時、牡丹雪が降りしきる状態に。16時現在も、雪片は小さくなりましたが、未だに降り続いています。まあ、積もる感じではないので、道路や電車への影響も無さそうでひとまずは良かった。 繰り返しお伝えしてきました随想集『ずっと人間描かれ』刊行記念「水上泰財 展」も、昨日、無事に終了。緊急事態宣言下での開催でしたが、大勢の方がいらしてくださり、先行販売用に用意した本はすべて無くなったそうです。良かった。さらに嬉しいことに、本を手にしてすぐに読まれた方々から、ありがたい感想が続々と水上先生のもとに届いているとのことです。 以前にも書いたかもしれませんが、この本...
イベントのお知らせ

随想集『ずっと人間描かれ』刊行記念展 #水上泰財#武蔵野美術大学#油絵学科研究室

連日お伝えしておりますが、 武蔵野美術大学油絵学科研究室の水上泰財先生の展覧会が開催されています! 私はまだ見に行けていないのですが、週末楽しみにしています。 随想集『ずっと人間描かれ』刊行記念 「水上泰財 展」 会期:2021年1月21日(木)ー1月27日(水) 時間:10:30ー18:30(最終日ー17:00) 会場:渋谷・東急本店 8階 美術画廊    東京都渋谷区道玄坂2-24-1    電話:03-3477-3586(画廊直通) *会場では書店発売より先に書籍を御購入いただけます。世界一早い販売です。 ちなみに少しまえに、小中学生の女子の間(?)での流行...
刊行・販売案内

『これからの生活指導と進路指導』電子版が丸善で配信開始

ご案内が遅れました。 昨年末(12月28日)、『これからの生活指導と進路指導』の電子書籍が、KEPにつづいてMaruzen eBook Library<機関向け>とKNOWLEDGE WORKER<個人向け>で配信開始になりました。 また、ただいま『美術の授業のつくりかた』の電子書籍化を、鋭意進行中です。 どの書籍が、電子版もあるのか……本webの上部にある「電子書籍」をクリックしてくださいませ。配信書籍の一覧を記しています。 詳細ページでもご覧のように電子書籍があるタイトルは登録情報の一番下に表示するようにしています。 少しずつですが、コンテンツを増加中。電子書籍の...
刊行・販売案内

【書店発売2月5日】2021年春の新刊のご案内 #向井周太郎#水上泰財#武蔵野美術大学出版局

書店発売2021年2月5日に 新刊2冊を刊行いたします。 ▼向井周太郎 著 『形象の記憶 デザインのいのち』 本体価格:2,500円 ▼水上泰財 著 『ずっと人間描かれ』 本体価格:2,300円 *2021年1月21日(木)〜1月27日(水)渋谷・東急本店8階の美術画廊で先行発売あり! 発売準備中です。楽しみに刊行をお待ちください! 【営業zucchi】
タイトルとURLをコピーしました