‘大学出版部協会’ カテゴリーのアーカイブ

大学出版部協会発行『大学出版』春号! ダウンロードできます

2016年4月7日 木曜日

春夏秋冬と年に4回、
大学出版部協会が発行している
『大学出版』No.106/2016.4春号の特集は、
「文系廃止?――文科相通知騒動と国立大学改革のその後」
です!

目次
●文科相通知騒動とは何だったのか?
 ……本田由紀(東京大学大学院教育学研究科教授)
●文化の成長と育成――首都圏国立大学の状況から
 ……河野真太郎(一橋大学准教授)
●私立大学は無関係なのか?
 ……寺脇研(京都造形芸術大学教授)
●「社会的要請の高い分野」とは何か――地域志向型大学の現在と未来
 ……足立薫(弘前大学教授)
●連載 命の形│形の命 No.07
 ……中垣信夫(グラフィックデザイナー)

IMG_1539

こちらからDownloadできます。

過去のバックナンバーともございます。
(2016前回の2016年2月に刊行した冬号も力作です。
特に、荒俣宏先生の
「韋編三絶ー読書と本づくりの過去と未来」は、
出版関係者にオススメです)

また大学出版部協会に加盟している
31の大学出版部が2015年に刊行した
全点の書籍がリストでわかる
新刊図書目録2015』も最新版を刊行いたしました。
IMG_1544

『新刊図書目録2015』はダウンロードできませんが、
全国主要書店で配布しています。
もしお見かけする機会がない方は、
こちらまでお問い合わせください。
         ↓
大学出版部協会事務局:お問い合わせフォーム

しかし、春ですね。
MAUPでは、お花見に外へ出ず、
お弁当のなかの桜を愛でる、
お花見会となりました。
ohanamib

この綺麗なお弁当は 知る人ぞ知る、
国立のサロンドトピナンブールさん。
残念ながらお店は閉店しているそうで、
特別に販売された
「お花見ちらしわっぱ弁当」です。
(とってもおいしかった〜)
目とお腹で春を満喫したのでした。

[営業ずっち☆]

ツイート

冷麺を喰らう〜盛岡・仙台研修【大学出版部協会】

2015年11月24日 火曜日

営業担当ずっち☆です。
先週末に東北地方へ、
大学出版部協会の研修があり行って参りました。

大学生協(書籍部)さんと書店さんをめぐり、
日頃お会いできない担当者さん、書店員さんにお会いし、
その土地での売れ筋や、ご要望、近所の美味しいお店まで
情報交換をさせていただきました。
研修参加者は10数名の大勢で押しかけながらも、
おもてなしをいただき、こころより感謝です。

iwatecoop3

iwatecoop

↑写真は岩手大学生協さん

盛岡は約2時間の滞在。
そこから仙台に移動するのですが、
次の予定が詰まっています。

しかし、ここは冷麺でしょ!
お昼はと東北大学出版会のK林さんに連れられ、
ぴょんぴょん舎で冷麺(とミニビビンバ丼)を
食べてきました。
注文を待ちながら、ふと移動時間を考えると
食べる時間が10分しかない!

pyonpyonsya

reimen

冷麺はこれまで食べた中で一番美味しかったのですが、
味わう時間はありません。
ほとんど飲み込みましたので、
こうして写真をみながら味を思い返しています。

reimenn2

↑皆、無言で冷麺を食べています。

全然仕事の話でなくてすみません。

仙台・盛岡のみなさま、
お世話になりました。
黄色くなった美しい銀杏並木忘れません!

[営業ずっち☆]

ツイート

図書館総合展2015終了いたしました。

2015年11月13日 金曜日

11月10日~12日パシフィコ横浜にて
開催していました図書館総合展が
無事終了いたしました。

いまは世間でも図書館のあり方が
騒がれています。
今年はいつもにも増して来場者が
多かったように感じました。

TRC2015

tosyokansogoten2015_2a

tosyokansogoten2015a

大学出版部協会の一員として参加しておりましたが、
人文会さん、歴史書懇話会さんとの共催で行った、
フォーラム「海を渡る日本の“学術書”
――北米研究図書館の電子化報告を受けて」
も沢山の方にご来場いただきました。

そして大学出版部協会のブースにお立ち寄りいただいた
たくさんの学生の皆様にも感謝です。
将来は図書館司書や出版関係のお仕事に就かれるのでしょうか。
未来、一緒にお仕事できるかと思うと夢が広がります。

daigakuseitonakanosan

そして、図書館司書さん、このカタログで、
ぜひ選書のご参考になればと思います。
panfu
武蔵美出版局の本も載っています。
P200とP207をご覧くださいませ〜。

では、この場を借りまして、
ご来場くださいました皆様、ありがとうございました。
またお会いしましょう!
[営業ずっち☆]

ツイート

【大学出版部協会】第17回図書館総合展&学生ツアー&フォーラムのお知らせ

2015年10月22日 木曜日

[大学出版部協会ブース展示]

武蔵野美術大学出版局は
2015年11月10日 (火) – 2015年11月12日 (木)に
パシフィコ横浜で開催します第17回図書館総合展
大学出版部協会として参加いたします。
小局ならび全国31大学出版部の図書館様向けおすすめ
書籍を展示しています。

大学出版部ブースでは、
スタッフが常駐していますので、
未所蔵書のチェックやジャンル別の納入、
また見計らい納入なども承りますので、
お気軽にお尋ねください。

●第17回図書館総合展招待券申し込み

tosyokansogoten2014

写真は昨年の様子です。

 

 

[学生のための展示ブースツアー]

また大学出版部協会のブースは
図書館総合展イベントの
「図書館業界・出版界に関心をもつ学生のための展示ブースツアー」

の立ち寄り先にもなっています。
図書館情報学を研究する教員などが色々な展示ブースを
案内してくれるそうで、
就職希望の学生、図書館学を専攻する学生におすすめです。

大学出版部? 出版社って? と質問などございましたら、
遠慮なく、話しかけてください!

ツアー詳細&申し込み方法

PowerPoint プレゼンテーション

[フォーラム]

人文会、歴史書懇話会、大学出版部協会の共催により、
図書館関係者様を対象としたフォーラム、
「海を渡る日本の“学術書”――北米研究図書館の電子化報告を受けて」
を開催します。
概要・お申し込み方法は下記のとおりです。
皆様のお来場をお待ちしております。

●フォーラム日時
2015年11月12日(木)10:30-12:00

●場所
図書館総合展 展示会場内(パシフィコ横浜 展示ホール)

●定員
400名(ご予約先着順・入場無料)

●講師
基調報告:野口幸生(コロンビア大学C. V. スター東亞図書館)
パネリスト:永﨑研宣(人文情報学研究所)
パネリスト:田中政司(ネットアドバンス ビジネスセンター センター長)
パネリスト:井村寿人(勁草書房代表取締役社長)
コーディネーター:橋元博樹(東京大学出版会営業局長)

●主催
人文会
歴史書懇話会
大学出版部協会

 

forum2015

 

フォーラム申し込み方法

※本フォーラムに参加するには,図書館総合展への入場が必要です.
図書館総合展への入場方法は、公式サイトをご覧ください.

 

[営業ずっち☆]

ツイート

秋の夜長に読みたい10冊〜大学出版部協会編

2015年10月6日 火曜日

めっきり秋らしくなってきました。

少し前に、ワタクシのまわりと言うか、
個人的にやっているツイッターで
[#本棚の10冊で自分を表現する]と言う
お題目がでていて、この話題に皆さん、
大変盛り上がっていたようです。

ただ好き、というだけではない、
「自分を表現する」というところが
ツボなのでしょうね。
ほとんどの方が、本棚から10冊を抜き出し、
画像をアップしていたのですが、
その面白いこと。

小説、文学、詩集、画集、写真集、絵本、
美術本、思想書、人文、哲学、自然科学、実用書、
啓蒙書、ラノベに漫画。
ジャンルの指定はありません。

みなさんの選んだ10冊を見ていると、
ひとりひとりに趣味や思考(嗜好とも)が
共通していて、その方の
御人柄を察することができます。

しかし不思議なことに、各個人と他人と
10冊まるまる重なることがないのです!
2冊でも同じ本を挙げてれば、だいぶ趣味があう人
と言えるのではないのでしょうか。
なんて考えたりします。

そこで、勝手に
秋の夜長に読みたい10冊〜大学出版部協会編
を考えてみました。

1.『太宰治自筆ノート複製セット
(2013年/弘前大学出版会)

2.『カフカらしくないカフカ
(2014年/慶應義塾大学出版会)

3.『映画になった児童文学
(2015年10月下旬の近刊/玉川大学出版部)

4.『魯迅と日本文学 漱石・鷗外から清張・春樹まで
(2015年/東京大学出版会)

5.『哲学カフェのつくりかた
(2014年/大阪大学出版会)

6.『ものと人間の文化史—酒
(2015年/法政大学出版局)

7.『脱!スマホのトラブル
(2014年/武蔵野大学出版会)

8.『クマムシ研究日誌
(2015年/東海大学出版部』

9.『日本画と材料 近代に創られた伝統
(2015年10月/MAUP刊!)

10.『キュレーターの極上芸術案内
(2015年7月/これもMAUP刊!)

*順不動です。

MAUPの編集長にこの話題を振ったら、
「自分のブログの番でしょ!自分で考えなさい」
と姉のように怒られました。

そんな訳でこれは、
営業ずっち☆の超個人的意見です。
あえてコメントは無しです。
10冊なんて絞りきれない!悩んじゃう。
と言いつつ、5分で考えてみました。
(名前があがらなかった出版部さんゴメンなさい)

秋夜のお供となれば光栄です。

(営業ずっち☆)

ツイート

9/1(火)ムサビしおりコンペ[オリオン書房ルミネ立川店]優秀賞発表します!

2015年8月25日 火曜日

すっかり夏の終わりの予感。
なんでこんなに寂しいのでしょうか。
どこにも行かないから……

いやいや、そういえば行って来ました。
先週の木曜日から土曜日にかけて、
MAUPが所属している大学出版部協会の
毎年恒例夏季研修で、長野市へ行って参りました。
印刷や製本の会社へ見学させていただいたり、
毎日まじめに研修しつつ、
夜は美味しいものをいただきました。
長野もとても住みやすそうな良い町ですね。

izakaya
[↑2日の夜の懇親会場]
naganoneko
[↑とおりすがりの長野猫]

なぜか研修会中の写真はないのです。

さて、オリオン書房ルミネ立川店で開催していました、
「ムサビしおりデザイン」の投票は、8/22を持って
締め切らせていただきました。
大変評判もよく、ご協力くださった皆さまに大感謝です。
ありがとうございました。

9/1(火)正午頃にはコンペの優秀賞発表を
させていただきますので、
応募者のみなさま、ご投票くださったみなさま、
もう少々お待ち下さい。

また店舗では、
MUSABI ART BOOK FAIR 2015を開催していただいているとのこと。

投票はできませんが、
しおりのパネルもまだ置いていただけるとのことで、
ぜひ見逃した方はお立ち寄り下さい。
(だいたい9月中旬までです)

[営業ずっち☆]

ツイート

2015東京国際ブックフェアへ出展します【武蔵野美術大学出版局】

2015年6月25日 木曜日

毎年、MAUP(武蔵野美術大学出版局)
参加させてもらっている東京国際ブックフェア
今年も大学出版部協会のブースで展開しています。

北は北海道大学出版会、南は九州大学出版会
30もの大学出版部(会・局)の
おすすめする書目、約2600冊が
東京国際ブックフェアに集結!
しかも!来場者の方にのみの特典でいつもより
お安く購入出来る特典割引がございます。

武蔵野美術大学出版局は、最新刊も含めた37タイトル。
たいへん珍しい!武蔵美グッズ15点が特別価格で販売。
ウチの今年の目玉は他にはナイ
ドボク・サミット』&Tシャツ( S or M )
特別格安セットです!

各大学出版部の目録も置いてますので、ぜひこの機会に
書目のチェックをお願いいたします!

また7/1と7/2にかけては
公共図書館様、大学図書館様のブックハンティングが行われますが、
ぜひ大学出版部協会のブースにお立ち寄りいただき、
MAUPの書籍(&ムサビグッズ)に注目いただければと願っています。

また大変ご好評いただいている大学出版部協会の
書架てぬぐいも500円で発売中。
500円は赤字覚悟の販売なんですよ〜。
専門書フェチの方、手ぬぐいフェチの方、
今年の色は今年だけの発売です!

心からみなさまのお越しをお待ちしています。

来場無料チケットはこちらへ

[営業ずっち☆]

ツイート

今日はブログ休みです。

2015年1月30日 金曜日

ブログ当番のワタクシずっち☆は、
今宵「出版五団体合同新年会
(人文会、法経会、歴史書懇話会、
国語・国文学出版会、大学出版部協会)」
に出席のため、
ブログはお休みとさせていただきます。

来週(来月)もMAUPをよろしくお願いいたします!

image

image

image

[営業ずっち☆]

ツイート

【大学出版部協会】図書館総合展へ出展!

2014年10月23日 木曜日

大学出版部協会では
11月5日(水)から、パシフィコ横浜にて開催します
第16回図書館総合展へブース出展いたします。
(イベントなどは、11/2(日)から開催しています)

加盟31大学出版部のおすすめ
書籍をご覧いただけます。

写真は2013年の様子です

写真は2013年の様子です


図書資料の収集について、お悩みや御相談はありませんか?
刊行年ごとの書籍情報をリストにして、お渡ししたり、
書籍のジャンル毎の見計らい納品など、
大学出版部協会では可能です。
ブースのスタッフにお気軽にお声掛けください。

写真は2013年の様子です

写真は2013年の様子です

また11月6日(木)13時より、
別会場にて、大学出版部協会と活字文化推進会議共催の
フォーラムを開催します。
皆様のお来場をお待ちしております.

「本で再構築する大学と社会の学び
大学図書館と大学出版部の協働機能」

●内容
「専門外への無関心」――現代日本の知的状況が抱える問題の根幹の一つはここにあります.
いまこそ科学・学術へのリテラシーの再構築が求められているのです.
そして「専門外への関心」を育むのが,これからの学術書の役割だと私たちは考えています.
識者による問題提起とこの間の貴重な経験を軸に,図書館と大 学出版部の共同で,
新しい知の在り方を育む可能性について考えてみたいと思います.

●日時:2014年11月6日(木)13:00~14:30
●場所:図書館総合展 展示会場内(パシフィコ横浜 展示ホール)
●定員:400名(ご予約先着順・入場無料)

●発表者
講師:山内昌之(東京大学名誉教授)
講師:原田佐和子(科学読物研究会)
事例紹介:森貴志(玉川大学出版部)
コメンテーター:鈴木哲也(大学出版部協会常任理事/京都大学学術出版会)

●主催:大学出版部協会
●共催:活字文化推進会議

●お申し込み先
ここをクリック

※本フォーラムに参加するには,図書館総合展への入場が必要です.
図書館総合展への入場方法,公式サイトをご覧ください.
第16回図書館総合展公式サイト
[営業ずっち★]

ツイート

拍手は、片手ではできない

2014年8月25日 月曜日

新潟(帰省)→仙台(KAT-TUN♡)→富山(出張)

どうしよう。
ココロがちょっと、忙しい…

今書くべきは…
富山いきましょう!
お仕事の場のブログですからね。ピロイの場合、時々それ、忘れてる感ありますが…。ごめんなさいm(_ _)m

そう。出張で、富山に行かせていただきました。
「日本 • 韓国 大学出版部協会 合同セミナー」in 富山〜!

toyama

…今の文字、ちゃんと見ましたか?
「日本 • 韓国…」
はい‼ そうなんです〜〜〜♪(≧∇≦)♪

このブログの場でも、何度か韓国や韓国語の話をしていたピロイでありますが…
まさか、こんな個人的趣味や興味が、お仕事の場で繋がる日が来るなんて‼ 思ってもいませんでした。

好きなことは、公言した方がいいって…こういうことなんですね。

ただただこの機会が有難く、行かせてくださったことに心から感謝ですm(_ _)m
ありがとうございました。

そして富山の会場でも、
みなさま大変よくしてくださり、本当に感謝しております。
ありがとうございました。

行く前に、ハムコさんからいろいろ説明をいただいていました。
• わからないことは◯◯さんに伺う
• ◯◯さんには◯◯のお礼をお伝えする
• ◯◯さんは…

などなど…

メモ(ここではお守りでありガイド)を密かに手に忍ばせ、
まるでトランプの神経衰弱のように、みなさまの名札をサーチ。お顔をインプット。
キョロキョロしてた私は、さぞかし挙動不審だったことでしょう f^_^;)
そんな私を見兼ねて、みなさま、たくさん話しかけてくださり、いろいろ説明&案内してくださり…
気付いたらもう、みなさまの気持ちの暖かさによって、緊張の糸、ほぐれていました。
もう本当にいろいろお世話になり、感謝ばかりです。
本当にありがとうございました。

とても暖かく、楽しすぎる時間で、終始、修学旅行気分なピロイだったのでした。
もちろん、セミナーによる出版の意識や課題、歴史と現状、プレゼンなど、たくさん勉強になりました(←いやそれが目的\(^^ ;)

韓国側のみなさまとも、たくさんお話させていただき、
「次に韓国に来る時は、うちにホームステイしなさい」と名刺をくださったり、
交流晩餐会では、テンション上がって韓国の歌を一緒に歌ったり、微力ながらも通訳させていただけたりと…本当に本当に、充実した濃度の濃い時間を過ごさせていただきました。

入口がなんであれ、それが間口を広げ、人と繋がり、楽しくなることは間違いなくて。

韓国側のご挨拶で、印象に残った言葉がありました。
「拍手は、片手ではできない」

お互いに協力し、向上し、響き合っていい音を出す…と。
これって人の醍醐味だと思いました。
日韓とか、そういうことに限らず、全部に言えることですよね。

十人十色しかり。だからこそ面白く、だからこそ切磋琢磨があり、相乗効果や化学反応があり…

…うまく言えませんが、
何か困難に思ってしまう時も、これでいいのか躊躇してしまうような時も、結局その先に、‘人’がいたりしませんか? だからまた進める。
せっかく同じ時代、同じ地球上にいるのですから、一緒に前を見て進んでいけたら嬉しいです。

息継ぎの場所忘れるくらい、書き続けてしまってすみません…
そのくらい、楽しく充実した時間だったことを察していただければ幸いです。

아주 좋은 시간을 감사합니다.
또 만나요!

image
ちゃっかり韓国語テキストGet〜
勉強しまーす!

[総務:ピロイ]

ツイート