‘イベントのお知らせ’ カテゴリーのアーカイブ

in 国分寺

2017年11月17日 金曜日

今朝の東京地方、このシーズン一番の冷え込み。
いよいよ本格的に寒くなってきました。

今日は国分寺で行われている、ムサビの学生によるイベントのご紹介。

「喚起 ムサビアートサイト2017」

t_20171011_1-1

日程:2017年11月11日(土)-2017年11月26日(日)
時間:10:00-16:00
場所:都立武蔵国分寺公園 円形広場(東京都国分寺市泉町2-1-1)
アクセス:JR中央本線・西武国分寺線 国分寺駅 徒歩10分
     JR中央本線・武蔵野線 西国分寺駅 徒歩7分
入場料:無料(一部イベントは有料)
主催:ムサビアートサイト2017実行委員会
後援:国分寺市、武蔵野美術大学

「ムサビアートサイト」とは
本学学生有志により運営されてきた野外展覧会です。1987年に小平市で開催された「小平野外彫刻展」を皮切りに、時代に即して名称や会場を変えつつ、約30年に渡る歴史を刻んできた伝統のあるものです。
今年度は「喚起」をテーマに、人々が集う公園という空間を変化させ、非日常的な感覚を呼び起こすという目的のもと、約30点の作品が集まりました。
会期中には、親子で楽しめるワークショップやイベント、作家自身の解説による作品鑑賞ツアーなども開催予定です。

関連イベント
(1)「作品鑑賞ツアー」
出品者本人に作品のコンセプトなどを話してもらいます
日時:11月26日(日)14:30-
参加料:無料

(2)「動物かくれんぼ」
公園の中にいる動物たちを探してみよう!
日時:展覧会期間中常時開催
参加料:無料

(3)「お絵かきフラッグを作ろう!」
公園の中にオリジナルフラッグを飾ろう!
日時:11月18日(土)、19日(日)12:00-14:30(30分×5回)
*「ぶんぶんウォーク」内のイベントとして実施
参加料:100円

その他、詳細はこちら →「喚起 ムサビアートサイト2017」ウェブサイト

国分寺と言えば、明後日19日(日)は「日立中央研究所庭園」秋の公開日。「日立中央研究所庭園」は野川の源としても知られ、手つかずの森が保存されています。同庭園に立ち入れるのは、春秋の年2回。なかなか貴重な機会です。

日付:平成29年11月19日(日曜日) 10:00-15:00(受付=14:30まで)(注)雨天中止
会場:日立中央研究所(東恋ヶ窪一丁目280番地)

「ムサビアートサイト2017」とあわせていかがでしょうか。
庭園公開は時間帯が短いので注意してください。

(編集:凹山人)

ツイート

まもなく発売! MAUカードケース(名刺入れ)

2017年11月2日 木曜日

noboriなんどもご案内させていただいております。
明日11/3(金・祝)〜5(日)の3日間、神保町ブックフェスティバル、本の得々市に
中央公論美術出版さんと共同ブースで販売します。
場所は、本のすずらん堂さん前、神田南神保町郵便局近くです。
ぜひ遊びに来て下さい。
←このノボリが目印です。

 
 
 
 
そして、新情報!
10/23に呑猫のブログで紹介した
遠藤彰子先生のビニール傘[しろねこ][くろねこ]
につづきまして、新作MAU GOODSのご案内です。

5種類の付箋(ふせん)が備わった
カジュアル仕様の名刺入れ
【MAUカードケース】が誕生しました。
商品イメージ

right_card

「就活ファイル」「就活バッグ」と共に、
ムサビ生の就活活動バックアップ商品として、
「Musashino Art University」のロゴを入れて販売。
名刺だけでなく、サイフの中でかさばるショップカードを
入れておくのにも便利です。
社会人の方は、サブの名刺入れとして活躍間違いなしです。

[ブラック]と[ホワイト]の2タイプあり、
お好きな色をチョイスしてください。

サイズ:H66×W102
仕 様:紙製/留め具部分ゴム製/付箋5種類(各25枚)
本体価格:864円(税込)

ですが、武蔵野美術大学内の世界堂さんでは、
お得な学内価格で御購入できます。
11月中旬から発売。乞うご期待ください!

[営業ずっち☆]

ツイート

第27回 神保町ブックフェスティバル

2017年10月31日 火曜日

東京・神田古本屋街では「第58回 東京名物 神田古本まつり」(10/27金〜11/5日、ウェブサイト → こちら)が開催中ですが、この週末、MAUPも参加する関連イベントが開催されます。
それが、「第27回 神保町ブックフェスティバル」。

第27回 神保町ブックフェスティバル

会期:2017年11月3日(金・祝)、4日(土)、5日(日)
会場:すずらん通り・さくら通り・神保町三井ビルディング公開空地
主催:神保町ブックフェスティバル実行委員会
共催:神田すずらん通り商店街振興組合・神保町さくら通り実業会・一神町会・東京都書店商業組合千代田支部・日本児童図書出版協会・神保町一丁目町会
協賛:神田古書店連盟・文化産業信用組合・出版文化産業振興財団・文字・活字文化推進機構・千代田区商店街連合会・博報堂・本の街神保町を元気にする会・大活字文化普及協会・神田本の音色の会
後援:千代田区・千代田区教育委員会・千代田区観光協会・東京商工会議所千代田支部・東京都書店商業組合・毎日新聞社・東京新聞・読売新聞社・朝日新聞社

すずらん通り・さくら通りに並ぶ200台に及ぶワゴン書店による書籍販売を中心に、さまざまなイベントが開催される予定。お買い得の品、掘り出し物もいっぱいです! 詳細はウェブサイトでご確認ください。

「第27回 神保町ブックフェスティバル 」ウェブサイト → こちら

MAUPは、中央公論美術出版さんとともに出店いたします。
場所は「本のすずらん堂」の前。

本のすずらん堂・MAP → こちら

この週末、さすがに台風はこないようですが、お天気はどうでしょうか。晴れていても、グッと冷え込んできていますので、あたたかくしてお出かけください。

(編集:凹山人)

ツイート

旅するムサビプロジェクト展

2017年10月25日 水曜日

MAUP刊行の『造形ワークショップの広がり』『美術教育の題材開発』の著者であるムサビ教職研・三澤一実先生のプロデュースのもと、学生が取り組んでいる活動「旅するムサビプロジェクト」が、2017年度グッドデザイン賞を受賞しました。

グッドデザイン賞WEBサイト → こちら

●旅するムサビとは?
「旅するムサビプロジェクト(通称:旅ムサ)は、学生が全国各地の小中学校を訪れ授業を実施する取り組みです。美術館がない地域で中学美術教諭をされている本学卒業生からの「生徒に本物の美術作品を見せたい!」という依頼に対して、学生の作品を学校に持ち込んで鑑賞授業を行ったことを契機に2008年にスタートしました。2017年には活動10年目を迎えます。
旅するムサビプロジェクトでは、学生が制作した作品を持参し、子どもたちと対話して鑑賞する「対話型鑑賞」を中心に、黒板に絵を描き子どもたちを驚かす「黒板ジャック」、空き教室を利用した「公開制作」や創造活動を行う「ワークショップ」など、既存の授業では実施しにくい美術教育活動を展開しています。この活動は、美術の楽しさや多様性を子どもたちに伝えると共に、学生自身のコミュニケーション能力やファシリテーション能力の向上、そして現場教員の研修や授業改善に大きな成果を出し、関係者全員が共に学び合うという、これからの美術教育の可能性を提案する取り組みです。」
(ムサビWEBサイトより → こちら

この受賞に合わせて、11月1日 (水) より武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジにおいて「旅するムサビプロジェクト展」が開催されます。

17G161321_01_880x660

日 時:2017年11月1日 (水) ~5日 (日) 11:00 – 19:00
会 場:武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5階 デザインハブ内)
入場料:無料
企画・運営:武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ、社会連携チーム

展示内容
1. 旅するムサビプロジェクトの活動紹介
  ー対話型鑑賞、黒板ジャック、公開制作、ワークショップ
2. これからの美術教育の可能性
  ー旅ムサステイ、朝鑑賞
3. 旅するムサビの広がり
  ー映像上映、黒板ジャックギャラリー、刊行物の紹介 他

<特別イベント開催>
『武蔵野美術大学学生による展示解説』
日 時:2017年11月4日 (土) 13:00-、15:00-(各回30分程度)
会 場:武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ
(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5階 デザインハブ内)
参加料:無料(予約不要)

この展覧会では、旅ムサの10年を振り返るとともに、これからの美術教育の可能性を提示するとのこと。
今では広く知られるところとなった黒板アートも、そもそものはじまりというか広まる発端となったのは旅ムサの「黒板ジャック」の活動のはず。その他にも、この10年で内容や活動範囲に大きな広がりをみせるに至ったプロジェクトの様子を、是非この機会にご覧ください。

(編集:凹山人)

ツイート

鏡と穴ー彫刻と写真の界面

2017年10月17日 火曜日

ムサビのギャラリーαMは千代田区東神田にあります。
都営新宿線の馬喰横山かJR横須賀線・総武線快速の馬喰町が最寄り駅になります。
小川町にある鷹の台キャンパスは美術館図書館だけでなく、たくさんの展示スペースがあっていつもなにかしらの企画展がし複数、同時並行で開催されているのですが、神田にもギャラリーがあるのです。
いまαMでは2017年度企画として「鏡と穴-彫刻と写真の界面」シリーズを開催中で、
10月28日から石原友明展が始まります。

20171017191842237

会期は2017年10月28日(土)から12月2日(土)まで
11:00〜19:00(日月祝休)、入場無料。
10月28日18時から石原友明さんと、キュレーター光田ゆりさんのアーティストトークがあります。

芸術の秋です(冬かというほどの寒さが2日ほど続きましたが)
いま、夜空はきれいに晴れ上がっております。
大人気の展覧会で人ごみにもまれるのもそれなりに楽しいとは思うのですが、

鷹の台キャンパスで、そして馬喰町のギャラリーαMで、
静かに深く秋をご堪能いただきたいです。

編集:t:eeh

ツイート

展覧会「戸谷成雄―現れる彫刻」

2017年10月16日 月曜日

MAUP刊行の『絵画 アートとは何か』『絵画 素材・技法』の著者のお一人でもある、ムサビ彫刻学科・戸谷成雄先生の退任記念展が本日より開催されています。

戸谷成雄―現れる彫刻
Shigeo Toya – Sculpture to Emerge

toya_poster-r

会 期|2017年10月16日(月)-11月11日(土)
休館日|日曜日、祝日、10月30日(月)
    ※10月29日(日)は特別開館
時 間|10:00-18:00
    (土曜日、特別開館日は17:00閉館)
入館料|無料
会 場|武蔵野美術大学美術館 展示室2・3、アトリウム1
主 催|武蔵野美術大学 美術館・図書館
協 力|ケンジタキギャラリー シュウゴアーツ 
    武蔵野美術大学 彫刻学科研究室
監 修|田中正之
    (武蔵野美術大学 造形文化・美学美術史研究室 教授)

詳細は展覧会サイトでご確認ください。 → こちら

会期中に関連イベントも行われます。

作家によるギャラリートーク
日 時|2017年10月21日(土)16:30-17:30(予定)
会 場|武蔵野美術大学美術館 展示室2・3、アトリウム1
参加方法|入場無料/
     先着順(予約不要)/直接会場へお越しください
出演者|戸谷成雄(武蔵野美術大学 彫刻学科教授)

シンポジウム「彫刻再考:戸谷成雄をめぐって」
日 時|2017年11月4日(土)14:00-16:30(予定)
会 場|武蔵野美術大学 美術館ホール
参加方法|入場無料/
     先着順(予約不要)/直接会場へお越しください
出演者|北澤憲昭(美術評論家/武蔵野美術大学客員教授)
    拝戸雅彦(愛知県美術館 企画業務課長)
    鈴木勝雄(東京国立近代美術館 主任研究員)
    田中正之
    (武蔵野美術大学 造形文化・美学美術史研究室 教授)
概 要|戸谷成雄が提示してきた「彫刻」とは何だったのか。もの派以降戸谷が再構築してきた彫刻の今日的な意味を改めて考えます。

この先しばらく悪天候が続くようですが、会期中には芸祭(芸術祭2017サイト → こちら)などもありますし、是非お出かけください。

美術館や民俗資料室ギャラリー、gFALで開催されている、他の展覧会もお見逃しなく。

美術館:
やきものの在処(ありか)
Where is your Ceramic?
詳細 → こちら

武蔵野美術大学のデザイン教育アーカイブ
タイポグラフィ教育 2
タイポグラフィデザインの楽しさを探る/田中晋の教育の軌跡
詳細 → こちら

民俗資料室ギャラリー:
しめかざり ―祈りと形―
Shimekazari-formation of people’s devotion
詳細 → こちら

gFAL:
所彰宏 見えないことで見えること
詳細 → こちら

(編集:凹山人)

ツイート

第27回神保町ブックフェスに社名がないっ!

2017年10月13日 金曜日

2017年11月3日(祝)から5日の日曜日までの3日間、
神保町ブックフェスティバルが開催されます。
今年初めて、中央公論美術出版さんと共同出店と
なったMAUP、大いに張り切っていたところ・・・
プログラムの「参加出版社」に武蔵野美術大学出版局と
記載されていないではないか!
中央公論美術出版さんの社名は、きちんとある。
どういうことだ、これは???
主催者側に問い合わせたところ
「来年からは、どのように社名を記載するかを予め
お聞きします」という説明がずっち☆にあったそうな。
共同出店の場合、社名が長くなりすぎるのも難点らしく、
ともあれ、今年はどうしようもないという。
なんたることだ!

が、いつまでもゴネていてはいけませんね。
3日、4日は、ハムコも機嫌よく店番をする予定です。
みなさま、どうぞ神保町にお越しくださいませ。
[編集:ハムコ]

ツイート

『柳澤紀子 全作品 1964-2017』

2017年10月5日 木曜日

柳澤紀子先生がご退任されたのが東日本大震災のすぐ後(同月末)ですから、早いものでそれからもう6年半も経ちました。先生はムサビを去られた後も、尽きない好奇心に突き動かされるように世界中を駆け回り、精力的に制作を続けられています。
この度、先生の作品集が刊行され、それを記念した展覧会も開催中です。

『柳澤紀子 全作品 1964-2017』
阿部出版、2017年、7,560円(税込)
「油絵からパブリック・アートまで、領域を広げつつ制作活動を続けてきた美術家・柳澤紀子氏の50年以上にわたる画業の集大成となる画集です。 1964年より現在まで手掛けてきた全版画200点以上、ミクストメディア、パブリック・アートを収録。」とのこと。展覧会会場での購入も可能だそうです。

出版社のサイト → こちら

「『柳澤紀子 全作品 』刊行記念展」
会期:2017年10月2日(月)-10月14日(土)日曜・祝祭日は休廊
時間:11:00-19:00(最終日は17:00まで)
会場:養清堂画廊
住所:東京都中央区銀座5-5-15
電話:03-3571-1312

詳細はこちら → 柳澤先生のウェブサイト 
展覧会や刊行記念パーティの様子はこちら → 養清堂画廊facebook 

今週末、7日(土)にはギャラリートーク&レセプションも開催されます(15:00〜)。養清堂画廊は、先日ご紹介した(→ こちら)白井敬尚先生の展覧会が開催されている「ggg」からもすぐ近く。あわせて足をお運びください。

柳澤先生といえば、在任当時に発売を開始した「POSTCARD」は現在も販売中。その後退任された斎藤國靖先生、池田良二先生、そして今年度で任期を終えられる遠藤彰子先生、長沢秀之先生のカードもあります。

「POSTCARD」詳細 → こちら

売り切れ御免、他では買えない「POSTCARD」を是非お求めください。

(編集:凹山人)

ツイート

展覧会「組版造形 白井敬尚」

2017年9月26日 火曜日

本日より、日頃から大変お世話になっているムサビ視覚伝達デザイン学科・白井敬尚先生の展覧会が始まります。

ギンザ・グラフィック・ギャラリー第362回企画展
「組版造形 白井敬尚」

IMG_1_00000709

会期:2017年09月26日(火)~11月07日(火) 
   日曜・祝日休館
時間:11:00am-7:00pm
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F
TEL:03-3571-5206/FAX:03-3289-1389
入場料無料

今日の5時30分よりオープニングパーティが開かれます。

オープニングパーティ
日時:9月26日(火)5:30-7:00pm
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー/DNP銀座ビル2F

関連イベントもあります。来月6日のトークは受け付け終了していますが、その他はまだ申し込み可能のようです。白井先生といく印刷工場見学は大変貴重な機会ですね。興味のある方は、お早めに。
詳細は展覧会ウェブサイトで → こちら

関連イベント
◎ギャラリートーク1
「組版造形とブックフォーマット(ケーススタディ)」
日時:10月6日(金)6:30-8:00pm
出演:白井敬尚
会場:DNP銀座ビル3F
入場無料 要予約 定員70名
*予約受付開始は9月15日(金)11:00amより=予約受付終了

◎ギャラリートーク2
日時:10月20日(金)6:30-8:00pm
出演:榎本了壱×白井敬尚
会場:DNP銀座ビル3F
入場無料 要予約 定員70名
*予約受付開始は10月2日(月)11:00amより

◎DNP秀英体活字倉庫と久喜工場見学
日時:10月25日(水) 久喜駅 1:00pm集合 6:00pm解散
参加無料(現地までの交通費は各自負担) 要予約 定員30名
*予約受付開始は10月10日(火)11:00amより

白井先生プロフィール → こちら

白井先生デザインによるMAUP刊行書籍は以下の通り。ぜひ直にお手にとって、隅々まで配慮の行き届いた白井先生の組版をご堪能ください。

『建築』
(板垣鷹穂/著、丹尾安典/解題)

『武蔵野美術大学のあゆみ 1929-2009』※品切
(武蔵野美術大学80 周年記念誌編集委員会/編)

『線の稽古 線の仕事』
(三嶋典東/著)

『保田龍門・保田春彦 往復書簡 1958-1965』
(保田龍門+保田春彦/著、酒井忠康/解題)
※限定80冊、ブックケースと保田春彦による手描きの新作素描1点付きの特装本もあります。

『カウンターパンチ 16世紀の活字製作と現代の書体デザイン』
(フレット・スメイヤーズ/著、山本太郎/監修、大曲都市/訳)

(編集:凹山人)

ツイート

「未来の幽霊 ―長沢秀之展―」関連イベント

2017年9月15日 金曜日

油絵学科、長沢秀之先生の退任記念展も早くも2週目。

「未来の幽霊 ―長沢秀之展―」

bcb302c3ba41e95e744f36abb378919f1

会期:2017年9月4日(月)-10月1日(日)
休館日:日曜日、祝日
※9月18日(月・祝)・23日(土・祝)、10月1日(日)は特別開館
時間:10:00-18:00(土曜日、特別開館日は17:00閉館)
入館料:無料
会場:武蔵野美術大学美術館 展示室2・3、アトリウム1

ウェブサイト → こちら

明日、16日土曜日には関連イベントが開催されます。

対談2「パラドックス・ビューについて」
出演者:山本和弘(栃木県立美術館シニア・キュレーター)
    長沢秀之(武蔵野美術大学 油絵学科教授)
日時:2017年9月16日(土)14:00-15:30
会場:武蔵野美術大学 展示室3
参加方法:入場無料/先着順(予約不要)/直接会場へ
※定員に達し次第、立ち見となります。

あまりアナウンスされていないようですが、9月18日(月・祝)には追加イベントも行われます。

「長沢秀之によるギャラリートーク」
日時:2017年9月18日(月・祝) 15:00-16:00
会場:武蔵野美術大学美術館展示室2・3、アトリウム1
参加方法:入場無料/先着順(予約不要)/アトリウム1に集合
出演:長沢秀之(武蔵野美術大学油絵学科教授)

座談会「ごじら!談話室」
日時:2017年9月18日(月・祝) 16:30-17:30
会場:武蔵野美術大学2号館1階 FAL 
参加方法:入場無料/先着順(予約不要)/FALに集合
出演:長沢秀之他

「長沢先生ご本人より、今回の展示について、これまでの制作について、お話しいただきます。展覧会初日に行われたギャラリートークとは少し異なる内容をお聞きいただける機会ですので、前回お越しいただいた方も、聞き逃してしまった方も、お楽しみいただけることと思います。
 また、同じく現在2号館FALで開催中の『ゴジラ考 “大きいゴジラ、小さいゴジラ”から』も、長沢秀之氏の企画立案によります。上記ギャラリートークの後に、座談会『ごじら!談話室』を行いますので、あわせてご参集くださいませ。」
とのこと。

ちなみに18日(23日も)は祝日ながらムサビは通常授業日。
普段通り、学食や世界堂も営業しているはずです。
世界堂では長沢先生関連グッズのスペシャルセットも販売中。
先生デザインのてぬぐい(ブルーピンク)1本+作品ポストカード2枚で900円。お買い得です。期間限定フェア「ムサビ書店」も開催していますので、美術書などもあわせてどうぞ。

この連休は台風の動きが気になるところですが、お時間ありましたら是非お出かけください。

(編集:凹山人)

ツイート