‘イベントのお知らせ’ カテゴリーのアーカイブ

「版画の彩展2018 第43回 全国大学版画展」

2018年11月13日 火曜日

毎年恒例の展覧会が近づいてきました。
この展覧会の知らせが届くと、
今年ももう終わる感がぐぐぐっと高まります。
それに抗って過ごさねば。
まだ11月、大丈夫……。

「版画の彩展2018 第43回 全国大学版画展」

会期:2018年12月1日(土)~12月16日(日)
時間:[平日]10:00~17:00(入場は16:30まで)
   [土・日]10:00~17:30(入場は17:00まで)
休館日:月曜日
観覧料:無料
会場:町田市立国際版画美術館 
〒194-0013 東京都町田市原町田4-28-1
主催:町田市立国際版画美術館、版画学会

日本全国の美術大学、教育系大学、専門学校の学生作品が一堂に会する版画展。もちろん、ムサビの学生さんも出品します。
会期中には、関連イベントや学生作品の販売もあります。販売日は会期中の土曜日、日曜日(12月1、2、8、9、15、16日)。また、観客賞の投票者に抽選で版画作品がプレゼントされます。ちなみに、今年のプレゼント版画、作家の一人はムサビの元田久治先生です。是非、足を運んで投票してください。

その他、詳細は美術館webサイトでご確認ください。 
美術館webサイト → こちら

(編集:凹山人)

ツイート

「大学の約束 トップメッセージフォーラム2018 Part2」

2018年11月5日 月曜日

気がつけば11月。諸々、焦りが募る今日この頃です。

そんな中、ムサビの長澤忠徳学長が、日本経済新聞社主催のイベント「大学の約束 トップメッセージフォーラム2018 Part2」にパネリストとして登壇します。

大学の約束 トップメッセージフォーラム2018 Part2

「グローバルで活躍し、未来を創る人材とは何か」

私たちとともに考えてみませんか

~“世界基準”に向けた改革と社会の協働~

日時:2018年11月29日(木) 13:00~17:25(予定)
会場:日経ホール(東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル3F)
受講料:無料
定員:500名

《グローバル化、AI社会、人生100年時代等、劇的に変化しているグローバル社会やテクノロジー社会の中、次代の人材育成の最前線を担う大学では、「“世界基準”の人材を育成する教育がすでに始まっています。本フォーラムでは、これまでの日本的な価値観の人材規準とは違う、「グローバルで活躍し、未来を創る人材とは何か」「どのように育ててゆくのか」を、改革を先行している大学トップ、企業のゲストスピーカー、そしてご参加の皆様と考えてゆきます。企業の人材育成・採用部門、産学連携教育・研究担当部門をはじめ、社会やビジネスの変化に敏感な経営・マネジメント層全般、また「次代の教育」について関心の高い保護者層など、多くの方を対象としています。》(イベントwebサイトより)

受講には、事前の申し込みが必要です。
申し込み締め切り:2018年11月16日(金)

申し込みやその他詳細は、webサイト( → こちら)でご確認ください。

2019年度の新学部、新研究科開設(詳細は → こちら)に象徴されるムサビの新たな試みや今後の美術大学における教育の展望が語られるものと思います。これからの美術大学はいかなる役割を担い、どのような人材を育成していくべきなのか。他の普通大学のトップからの発信の中で、より浮き彫りになるのではないでしょうか。興味のある方は、是非、足をお運びください。

(編集:凹山人)

ツイート

2018年度 武蔵野美術大学芸術祭「アート・マハル」

2018年10月24日 水曜日

繰り返しお知らせしていますが、明後日よりムサビの芸祭(ゲーサイ)が始まります。

2018年度 武蔵野美術大学芸術祭
「アート・マハル」

t_20180928_2

日程:2018年10月26日(金)-28日(日)
時間:10:00-19:30 ※入退場自由
場所:武蔵野美術大学 鷹の台キャンパス

今年も作品展示、パフォーマンス、ライブ、模擬店、フリーマッケットなどなど、盛りだくさんの内容です。まだ一度もいらしたことがない皆さん。普通大学の学祭とはひと味もふた味も違う“ムサビの芸祭”を是非体験してください。

詳細は芸術祭の特設サイトで → こちら

芸術祭の期間中には進学相談会も同時開催されます。
ムサビ受験を考えている方やそのご家族の皆さん、芸祭を見がてら是非お越しください。

日時:10月26日(金)-28日(日)
時間:11:00-16:00 ※芸術祭開催時間とは異なるのでご注意ください。
場所:12号館 8F 第1会議室

職員による個別相談、実技合格作品の展示を行います。
なお、持ち込み作品の指導は行いませんのでご了承ください。

美術館で開催中の関野吉晴先生、田中克明先生の展示(→ こちら)や13号館民俗資料室での展示(→ こちら)もお見逃しなく。

(編集:凹山人)

ツイート

武蔵野美術大学芸術祭

2018年10月11日 木曜日

今年もこの季節がやってまいりました!

『武蔵野美術大学芸術祭』!!
日程:10月26日(金)~ 10月28日(日)
時間:10:00-19:30 (入退場自由)
場所:鷹の台キャンパス

芸術祭特設サイトはこちらです。

今年のテーマは、『アート • マハル』

小人達がかけた魔法によって、
この3日間、ムサビにどんな世界が出現するのでしょうか。
コンセプトが、妖怪だったり、ゲームだったり…いつも、かわいい。
今年は‘マハル’ということで… 「王冠宮殿」。

そして、日程が完全にかぶっておりますが f^_^;)
こちらも。
『第28回 神保町ブックフェスティバル』

日程:10月27日(土)• 28日(日)

書籍と、ムサビオリジナルグッズを、超特価でご購入いただけます。

芸術の秋。読書の秋。食欲の秋。
この際、全部摂取してしまいましょう!!

…秋って。。。なんでこんなにお酒がおいしいのでしょうか…(笑)

[総務:ピロイ]

ツイート

関野吉晴 ワンダースペース

2018年10月10日 水曜日

台風の到来も一段落ついた様子で、落ちついた空模様の今日このごろ。来週15日(月)より、関野吉晴先生の展覧会がムサビの美術館を中心に開催されます。

c66a860203de5d199cc1f1e8a2004fe3-1

「関野吉晴 ワンダースペース」

会期:2018年10月15日(月)―11月10日(土)
時間:10:00―18:00(土曜日・特別会館日 ―17:00)
休館日:日曜日 10月25日(木)、29日(月)
    ※10月28日(日)、11月4日(日)は特別開館日
会場:武蔵野美術大学美術館 展示室2、アトリウム1・2、
   南北地下通路(ガレリア)、14号館地下ギャラリー
入場料:無料

「関野吉晴[1949-]は、人類がアフリカから南米大陸まで拡散した5万キロもの道のり“グレートジャーニー”を、自身の脚力と腕力のみで足掛け10年かけ旅をした探検家であり、写真家、医師であると同時に、本学教授(文化人類学)でもある。本展では、関野の約50年に渡る行動と『虫の視点(虫瞰)と虫の眼(複眼)』で見出した関野独自の視点、思考を探るため、関野の旅の軌跡である写真作品や言葉などを5つのセクションに分け紹介する。関野の実践やその視点から地球全体を考察し、ひいては我々は現代社会をどう生きていくべきなのか、様々考えを巡らす機会となるだろう。」(美術館webサイトより)

会期中には、関野先生のギャラリートークやゲストを招いての映画の上映、鼎談などが予定されています。詳しくは、美術館のwebサイトでご確認ください。

美術館webサイト → こちら 

本展では、美術館・図書館のtwitter(→ こちら)でも紹介されている通り、関野先生や当時の学生たちによって造船のための工具から手づくりされた丸木船・縄文号が豊岡市立植村直己冒険館より里帰りしています。その勇姿を是非ご覧ください。また、この縄文号による航海「海のグレートジャーニー」の詳細については、弊社刊行の『海のグレートジャーニーと若者たち 四七〇〇キロの気づきの旅』(→ こちら)をご一読いただければと思います。

なお、会期中に開催される芸術祭の前後は、平日の休館日や日曜日の特別開館日があります(上記「休館日」参照)。よくご確認の上、おでかけください。

(編集:凹山人)

ツイート

第28回 神保町ブックフェスティバル2018/10/27(土)、10/28(日)

2018年10月4日 木曜日

昨年に続き、東京・神保町で行われる
在庫点数300万点、在庫冊数1000万冊、売場面積5000坪の
ブックフェアに出店いたします!

bookfes2018_kodomo_omote_s

昨年は、中央公論美術出版さんと
共同ブースで出店したのですが、
今年は、それぞれ1ブースずつ
(隣り合わせの仲良し)で出店です。
よりパワーアップして販売いたします。

この2日間のみ、書籍のわけあり品などを
特別価格で販売いたします。
また人気の武蔵美グッズもお安くお求めになれます!

ブックフェスの詳細は、こちらをご覧ください。

*昨年は共同ブースということで、チラシに
「武蔵野美術大学出版局」の名前がなかったのですが、
今年は、ちゃんとあり…………いや惜しい、
一文字間違っていました(´;ω;`)
でも、皆さんなら分かってくださいますよね。

JBF2018_syamei

では、会場でお会いできますように!
ブログ・SNS見た方、お声掛けいただいたら、
良い事あるかも!

[営業zucchi]

ツイート

教育史学会で出店

2018年10月1日 月曜日

一橋大学で9月29日から30日まで教育史学会の大会がありました。
 いままで、学内の課外講座や学会では出店を出していたのですが、今回は国立の一橋大学、歴史的建造物の本館での学会大会にお店を出しました。

本館の建物

本館の建物

 もちろん、教育関係の教科書類、さらに小久保明浩先生のご本をならべました。

図書類

図書類

 さらに、大学グッズも。これには他の出店の出版社さんもおどろいていました。

グッズ

グッズ

 そして、非公認キャラクターのムサビーも。
20181001_3

これには学会参加の方々もおどろいて記念写真をしている先生も。ムサビー頑張りました。

 出店は9月29日だけでした。翌日30日は台風。学会も3時頃に予定を切り上げて早じまい。当日は午後6時に国立市の商店街も閉店でした。大変な台風でした。
 一橋大学の皆さん、学会事務局の方々、ご協力ありがとうございました。

  〔ケロT取締役〕

ツイート

【丸善丸の内本店】「defrag 2」〜特集「美術書を売るということ」も必見!

2018年9月19日 水曜日

「defrag 2」は丸善ジュンク堂書店のスタッフが
選んだ290冊の美術書を80頁の読み応えタップリで紹介した
カタログです。
全国の丸善さん、ジュンク堂さんでなんと無料配布しています。

290冊の選書&美術書店員によるコメントはもちろん、
丸本、J天満橋、J大分、MJ梅田、Jロフト名古屋、
丸善京都、J池袋の書店員さんのコラムも必見です。

このカタログ制作に美術書出版会も協力させていただいており、
特に注目して貰いたいところは、
J池袋のK林さん、丸本のK藤さんと我が美術書出版会・
H守会長の鼎談特集「美術書を売るということ」の特集頁です。
あっついトークを再録・編集しました。
Zucchiはこの鼎談の録音係だったんですが、
衣擦れの音でNGになりましたが。

さて、この「defrag 2」に乗っている
ほとんど全部の書籍を丸善丸の内本店3階フェアスペースに
一同に集めたフェアを開催中です。
“一人出版社”さんや、ふだん高級すぎたり、大人の事情で
書店であまりお見かけしないようなレア本も、並んでいます。

web_maruhon_defrag000

web_maruhon_defrag002

web_maruhon_defrag003

web_maruhon_defrag004

看板、力作!
POPも力作(MAUP呑猫が文字組み担当/カットはH守会長)!

開催は2018年9月4日(火)〜10月1日(月)までです。
ご来店をお待ちしています。
[営業Zucchi]

ツイート

牛の足音 ―冨田美穂牛の木版画展― 2

2018年9月14日 金曜日

北海道胆振東部地震の発生から早いもので1週間がたちました。あらためまして、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

先日、このブログでお伝えした「牛の足音 ―冨田美穂牛の木版画展―」(→ こちら)。台風21号の接近に地震と開催直後から災難に見舞われましたが、冨田さんご自身の無事と展覧会の様子をブログで報告されています(→ こちら)。明日、9月15日(土)には、予定通りアーティストトークが開催されるとのこと。牛を描き続ける作家の思いや制作にまつわるエピソードなどを、直接聞くことができる良い機会と思います。是非、お出かけください。

牛の足音 ―冨田美穂牛の木版画展―
会期:2018年9/4(火)~10/14(日)
休館日 : 毎週月曜日
時間 : 10:00~17:00
会場:神田日勝記念美術館(美術館HP → こちら
住所:北海道河東郡鹿追町東町3-2
電話:0156-66-1555 
観覧料 : 一般 520円、高校生 310円、小中学生 210円
※鹿追町民無料

イベント:アーティスト・トーク
冨田さんが会場を案内しながら、自作について語ります。
日時:9/15(土)13:30~14:00
会場:展示会場
※参加無料・事前申込不要(要観覧券)

(編集:凹山人)

ツイート

吉田事物屋 “STUDIOLO”

2018年9月7日 金曜日

本日は、個展情報を。

MAUPと同じ吉祥寺校の、通信教育チームにいらっしゃる、
吉田和司さんの個展です。

『吉田事物屋 “STUDIOLO”』
IMG_4739

会期:2018.9.30(日)〜10.7(月)
時間:14:00-20:00 / 最終日12:00-17:00
(会期中火曜日休廊)
会場:Galley子の星(ねのほし)

こちらのギャラリーは、私も数回、伺ったことがあります。
真っ白い壁の、落ち着いた空間。
光が射し込み、空間を美しく幻想的に演出します。
もしかしたら外に一歩出たら、地中海が広がっているんじゃないか…と、思わせてくれるような…
そんな雰囲気の内装です。

吉田さんのWebサイトはこちら

せっかくですので、吉田さんご本人より、コメントを頂戴しました!
こちら ↓ (^_^)
――――
着彩したペン画、作品としての道具の展示・販売します。
最終日以外は20時まで開廊しています。
ご高覧くださいますと大変嬉しいです。よろしくお願いします。
吉田事物屋
――――

吉田さんのWebサイトを見ただけで、結構内容にワクワクします。
代官山という場所柄、周りにはおしゃれなお店もいっぱい。

気候も空気もいい時期…
ぜひお散歩がてら、お出かけしてみては ^_^
私も会期中、おじゃましまーす!!

[総務:ピロイ]

ツイート