2010年2月 のアーカイブ

完成しました!!

2010年2月26日 金曜日

担当していた『映像表現のプロセス』と『絵画空間を考える』の2冊、ついに完成致しました!!

素直にうれしい! 2冊とも、とてもいい雰囲気の外見、充実した内容に仕上がりました。

店頭に並ぶのはもう少し先(3月25日予定)になりますが、弊社webページや図書目録などで内容の紹介をしていますので、是非ご検討の上ご予約下さい!

あ、いま営業ずっちより耳より情報が! ひと月近くも待てないという方、吉祥寺の出版局まで直接いらしていただけるなら販売できます、とのこと。『日本画の用具用材』も含めた、新刊3冊、すぐにも読みたいという方、是非いらしてください。遠方の方は申し訳ありませんが、今しばらくお待ち下さい。

img00642映像表現のプロセス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(編集:凹山人)

ツイート

New☆Face♪

2010年2月26日 金曜日

新しいMAUグッズができあがりましたぁ!(やったぁ〜☆)

キャンバストートです♪

Image1-1

ランチバッグとして、またちょっとそこまでお散歩のお供として、手軽に持ち歩ける普段使いに最適サイズ !親しみやすく馴染みやすいキャンバス地で作りました。

デザインは、おなじみのMAUマーク、美マーク、ムサビの正門をモチーフにしたチャームです。

そのまま使っていただいても、ちょっと手を加えて楽しんでもらってもいいかと…

Image1-2スカーフ、ピンズ、パール、ビジュー、スタッズなどなど、ひらめくままに、気分のままに、自分らしさを加えて楽しんでいただけたらと思います。


後ろは無地なので、シンプルに持ちたい時やその日の気分、ファッションに合わせてアレンジしてみてくださいな♪

Image1-3

ランチはもちろん、スケッチブック、アイデアノート、音楽、お菓子…ワクワクするものいっぱい入れて、お散歩へGo!Go!★☆★☆♪

3月に入ったら販売開始させていただきます

[総務:ピロイ]


ツイート

お先にごめんあそばせ

2010年2月24日 水曜日

あ、という間に過ぎたこの1カ月。1月末、怒濤の重版納品をクリアして、2月末は新刊3冊が続々納品中です。そのうちの1冊、凹山人編集担当の『映像表現のプロセス』が昨日、「無事」納品となりました。何度もゲラを出力して確認を重ねていましたが、製本されて本になると格別ですね。

ムサビ映像学科の5人が製作した映像を核とした本書。自作について文章で書き表し、その映像を完全収録したDVD付きの、なんてステキな1冊です。チャプター完成前の映像は、お正月にちゃっかり見せてもらっていましたが、製品になったDVDは一段といいです。音もきれいです。本文もアツイです。

ああ、ごめんなさい。お先に堪能しております。こんなに自慢しちゃって発売は3月25日予定。さあ、みんな予約に走ろう!

[制作:呑猫]

Bookmark(しおり)がついに完成!

2010年2月23日 火曜日

今年もおかげさまでBookmark(しおり)が完成しました。

一言、とてもカワイイですし、愉快です。

     左から「なまけもの」「サラリーマン」「歌舞伎」「レフリー」「かぶと虫」たちが、読書をしている……なぜ?とは言わない

左から「なまけもの」「サラリーマン」「歌舞伎」「レフリー」「かぶと虫」たちが、読書をしている……なぜ?とは言わない

( ウラ面には出版局の書籍の広告が入ってます)

100223_170530

これから出版局がお世話になっている

全国の書店さんに旅にでます。

そしてお客さんのお手元に届くと思います。

前回作った時、書店さんからも

ご好評をいただきました。

(お客さんがよろこんで貰ってくれていたそうです)

今回も、きっとよろこんでいただけると思います。

5種類各1万枚で、合計5万枚作っていますが、

はっきり言って、すぐ無くなってしまいます。

見つけたらGETしてください。

[営業☆ずっち]

ツイート

ぎりぎりでお会いできまして

2010年2月22日 月曜日

会期終了前日、ようやく土偶オールスターズに会う。終了前日ということもあってか、入場制限30分待ち!!?。おいしい定食屋に行列するくらいなら並ばずに食べられる屋台のたこやきでいいと思う私が並んで待って、見ました。中もすごい人だかりです。

たとえば遮光器土偶のサイズは30から40㎝。小さいものは10㎝大。会場のどこかから「きゃあわいぃ」「癒されるぅ」と声が挙がっていて、まさに、「きゃあわいぃ」の世界。それにしても、今時のポケモンとかドラエモンに通じるような造形だったり、もちろんかわいいだけではなく、厳かな静けさもあるのですが、愛らしく厳かとはすごい。

首のあたりで折られ、叫んでいるような十字形土偶(これは、ただしく「ひとがた」として使われたのでしょう)もあったけれど、丁寧に修繕された痕のある土偶もあり、大切にされてたんだなあ、遮光器土偶のフィギアがほしいなぁ、と思いながら外に出たらほぼ4時半。ながーい入場待ちの列が延々と続いていて、たしか東博の入場は4時半までじゃなかったっけ…..と思いつつ、4時半の、上野公園側から見た東博と石焼き芋の小型バン。

2010.02.20

2010.02.20

このあと、上野公園の屋台のたこ焼きを食べ、帰りました。上野公園はいついっても楽しい場所です。

編集:t:eeh

ツイート

わたしの特技

2010年2月19日 金曜日

出社して、昨日のブログをみてギョッとした。

いつだったか・・・呑猫が「教授」になったお祝いに

酔っぱらって書いた「命名」がこんなかたちで世間に

公表されるとは?!(著作権侵害だよぉ・・・)

 

ま、習字のほかにハムコの特技といえば

「みかん絞り」でしょうか。

ありがたいことに、MAUPでは季節になると度々みかんを

箱で送ってくださる方があります。

もちろんスタッフ一同、おいしくいただくのですが

連休をはさんだり、どういうわけか外での打合せが続いたりして

みかんがしなびてしまうことがあります。

そうなると、ハムコの出番。

まずは腕まくり、テーブルに新聞を敷きまして

包丁をにぎり、みかんをいくつもいくつも二つ割りにして

レモン絞り器で次々と絞っていきます。

ありったけのグラスとコーヒーカップに注いで強制的に

「はい、ビタミン剤」とスタッフに飲ませてしまう。

じつに贅沢な美味しさですよ!

 

家でもやってみたのですが、つまんなかったですねぇ。

やはり大勢のスタッフに「きゃー、風邪が治りそう、嬉しいっ」とか

「おいしいわぁ! これでみかん何個分?」とか

「あのシワシワみかんが、こ〜んなにみずみずしいなんて!」

ワイワイガヤガヤ・・・それが楽しいみたい・・・

ということは、特技でもなんでもないか。

[編集:ハムコ]

ツイート

ワタシも教授

2010年2月17日 水曜日

……という一言から「呑猫」は命名されました。実は世に出ない(出せない)雅号なのです、いけばなの。

さかのぼること、およそ3年前。「ワタシも教授なんですよ〜(四級だけど)。ワタシより級の若い人に教えてお金いただいてもいいんです」と、おケイコしている小原流いけばなの話題に。それならば、雅号が必要だと、編集:ハムコさんと凹山人さんが、討議し決まったのでした。ま、ワタシの愛すべきモノをくっつけて、まとめたカンジなんですけど。そして、2010年2月、祝・進級! 三級家元教授を経て、二級家元脇教授になりました。小原流になじみのない方は、なんやそれ? の世界ですね。小原流東京支部の研究会に参加されている方には、研究会の日程が変わる大きな境目の進級なのはわかっていただけると想いますが。

いやはや「カテゴリー」に注目してほしかったのです。「いぬ・ねこ・かえる」って、MAUP的には、“かわいいもの”、“いとしいもの”っていう意味なんでございます。どこかでちゃんといっておかないとね。

20100217_0120100217_02

その場でサラサラとハムコさんが書いてくれました。いや〜呑み屋のお品書きにもぴったり。こんな字で「揚げ出し」とかオススメの一品にあったら、すぐたのんじゃいますねえ。ほれぼれする文字です。今も机の前の壁に掲げています。

[制作:呑猫]

啓文堂吉祥寺店でムサビフェア開催!

2010年2月17日 水曜日

keibundokichijoji_01

啓文堂吉祥寺店で、

「美大生がいま読んでいる本

『ムサビ日記』の仲間たちによるセレクトブックス』

略して、『ムサビフェア』開催中です。

ムサビの学生さんはどんな本を読んでいるのか?

啓文堂の担当者Mさんが興味を持ってくださって始まったフェア。

急な開催決定にも関わらず、

ムサビコムの必殺管理人:手羽イチロウさんご協力のもと、

ムサビ日記の仲間(現役ムサビ生19名+必殺管理人1名)たち

がどのような本を読んでいるか

アンケートにお答えいただきました。

さすが『ムサビ日記』のみなさん、コメントが巧みで面白い!

てんでバラバラなセレクトなのも面白い!

ほんと素晴らしいチョイスでした。

keibundokichijoji_03

そして、それらの本を啓文堂書店さんで揃えてもらい

(全74冊!+出版局の本100冊ちかく。これは大変な作業です)

このようにズラーと並べています。

そして急きょ、しおりデザインで優秀賞を受賞した

Tritsch-Tratschさんにご協力いただき、

しおりデザインをフェアイメージに使わせていただきました。

店頭には選択者・コメントをPOPで紹介しつつ、

書店を訪れたお客さんが、家に帰って

お風呂などでじっくり読めるように

リーフレット(無料)を作りました。

出版局の本を買うと、かわいらしいバッジが貰えます。

書籍版『ムサビ日記』をぜひ!

keibundokichijoji_02

keibundokichijoji_04

今回、ご協力いただいたみなさん、

本当にありがとうございました。

このフェアは“ムサビの力”が集結している!と自負しております。

また「ムサビ日記」の仲間たち以外の

学生さんも今後ご協力を乞うことがあるかも知れません。

ぜひともよろしくおねがいします。

いま、ムサビは受験真っ直中ですが、受験帰りホッと

ひと息つくためにも、はたまた井の頭公園デート帰り、

……理由なくても吉祥寺に寄った際は、

その棚をぜひご覧くださいね。

中央線文化フェアの並びにあります。

[開催期間は3/15(月)閉店まで]

ーーーご紹介ーーー

■ムサビコム-ムサビ日記-
http://www.musabi.com/

■姉妹サイト:美大日記
http://bidai.tv/

[営業ずっち☆]

ツイート

レオナルドかダ・ヴィンチか

2010年2月16日 火曜日

レオナルド・ダ・ヴィンチ。

略す場合はレオナルドとダ・ヴィンチどちらを使いますか?

最近の出版物などでレオナルド・ダ・ヴィンチを扱ったものは、ほとんどレオナルド表記ですね。ヴィンチ村のレオナルドという意味らしいので、レオナルドが名前と考えればそう表記するのが正しいのでしょうね。でも、ひと昔前は、みんなダ・ヴィンチでしたし、会話の中ではいまだにダ・ヴィンチを使うことが多いように思います。

絵画の空間構成、ことに遠近法のこと等に触れる場合、どうしてもレオナルド・ダ・ヴィンチは避けては通れない存在です。間もなく完成する教科書『絵画空間を考える』でも当然よく登場します。そこで、表記の問題が。まあ問題ないのはレオナルド表記なんでしょうね。でも、執筆者のひとりの先生はどうしてもなじめない、レオナルド、レオナルドじゃ、サッカー選手の話をしているみたいだ、とおっしゃる。さらには、『ダ・ヴィンチ・コード』が『レオナルド・コード』じゃおかしいでしょ? ごもっともです。『レオナルド・コード』だったならば、あんなに売れなかったかも。

まあ『ダ・ヴィンチ・コード』は明らかに戦略というか、意図があってのダ・ヴィンチなわけですが、それはそれとして、『絵画空間を考える』は学者の論文でもなければ研究書でもない絵描きの視点で書いた考察だ、というこの本の基本姿勢を貫く意味でも、今回はダ・ヴィンチ表記でいくことになりました。

確かに、ダ・ヴィンチの方が、文章の内容もすんなり頭に入ってくる気はするのですよね。そのうち、これで世代が分かれたりするのかも。

[編集:凹山人]

ツイート

FPシンポジウム満員御礼!

2010年2月15日 月曜日

11,12日に、武蔵野美術大学新宿サテライトにて、造形ファシリテーション展示会・シンポジウムが開催されました。

毎年、それに関わる書籍と大学グッズ数点をセレクトし、出店させていただいております。Image130

雪がちらつく中にも関わらず、シンポジウムは立ち見の方がいらっしゃるほどの満員御礼状態で、書籍やグッズも沢山ご購入いただきました。ありがとうございました。

[総務:ピロイ]

ツイート