2010年4月 のアーカイブ

突然の

2010年4月14日 水曜日

片付けブーム。今日は朝からアルバイトの方がみえて、ピロイ隊長の指揮のもと倉庫の片付け作業が行われました。それに、昨日の呑猫のブログを受けてか、ハムコは朝から編集室の片付けをはじめるし、午後は呑猫がその後を受けて捨てる、捨てる、捨てまくってます。毎日ゴミの始末や掃き掃除をしてくれている方たち、明日の朝ゴミの多さに驚かないでくださいね。ごめんなさいね。
って、他人事のように言ってますが、周りが動いたということは、私も動かざるを得ないということ。ひと際うず高くものが積まれた私のデスク周り。何とか標高を下げていかねばなりませんね。
でも、他人から見たら未整理のように見えるかもしれませんが、これらは他人にはわからない、ある秩序をもって積まれているのですよ。よく見たら、美しいじゃあないですか。いいんじゃない? このままで。不衛生なわけじゃあないし。だめ? だめなの? だめだよなあ。
こうしている間にも、背後では呑猫が着々と片付け業務を遂行している。凄いプレッシャーだ。わかりました、明日からがんばります! だから今日はこれで帰ります!
あー、でもでも、なんと言うことでしょう、家に帰ったら帰ったでうちのカミさんが数日前から片付けモードONになっていて(暖かくなったからか? 冬眠からさめた感じ)、出版局以上にプレッシャーが激しいのです。ものに執着し、収集し、捨てない。捨てられない私。この性格なんとかしないと、いつか私が捨てられる。
とほほ……。
(編集:凹山人)

ツイート

勝負をかける

2010年4月13日 火曜日

6月中の完成に向けて「(大学院修士課程)修了制作作品集」(通称「大学院修了集」)の本文組版をスタートさせました。6月中っていうのがミソ。MAUPではムサビの夏休み前に「大学院修了集」と「(通信課程)卒業制作作品集」(通称「通信卒制集」)を同時期に、大学の教務課と通信教育課程事務部へ向けて納品します。

「通信卒制集」  :ハムコ + shin-sei
「大学院修了集」:凹山人 + 呑猫

というチーム編成で、編集・制作にとりかかっており、昨年は「大学院修了集」が6月30日に、「通信卒制集」が7月3日に納品でした。「通信卒制集」チームは全然、意識していないことなんですが、「大学院修了集」チームは、「通信卒制集」よりも先に納品することに至極の喜びを感じておりまして。

いやいや、それは去年までの話。今年のライバルは、昨年の自分自身。「大学院修了集」は本文組版まで社内で行うため、チーム内でも勝負をかけていたのでした! 凹山人は、原稿整理とサムネールがきをスピードアップさせ、昨年より1週間早く、組版担当のワタシへバトンタッチ。ええ〜い! 負けてはいられない! 前だけ見つめてひた走ろう! ……というと仕事熱心な様子がうかがえるかもしれませんが……振り返るとそこには、3月納品までの校正紙の山があるため、後ろに目を向けられないだけなのでした。納品デッドヒートの勝負より、片付けが先かな、やっぱり。

[制作:吞猫]

春の証明2

2010年4月12日 月曜日

といっても、今日も冷たい雨が降ってます。春なのにね。寒いです。花冷えとか、そんな風情のあるものじゃなく、冬のように寒い。それでも週末は2週続けて天気がよく春めいていたのは、せめてもの桜のお情けだったのかもしれない。

2010.04.08

2010年4月8日の、春の証明です。これは鷹の台の玉川上水から武蔵美に向かう途中の公園です。満開から、ちらほらと散り始め。桜はこの頃がいちばん。

風に舞う花びらをお見せできないのが残念です。

ところでピロイちゃん。散ってくる花びらが全部ポップコーンだったらなって、そんなこと思いもしませんでしたよ。ポップコーン…。想像してみた。風情なさすぎ。

いや、いいんだけど。なにげに豪快だなと、惚れ直しました。

 

もうひとつ。マニアックに根っこの写真。木の下は一面うっすらと雪景色にも見えます。

今年も咲いてくれてありがとう。また来年お会いしましょう。というわけで、2010年の春の証明です。桜ネタが続きますが、春ですから。

編集:t:eeh

2010.04.08-2

ツイート

新刊がそろそろ!

2010年4月8日 木曜日

3月末に、「映像表現のプロセス」(今度CGワールドで紹介されます。みてね!)

「絵画空間を考える」日本画の用具用材」を刊行しましたが、

5月中旬には新しく「石元泰博—写真という思考」の刊行予定が!

編集者たちは佳境に到達する度、

ナゼか!?痩せ細っていきますが、

営業職としては新しい書籍を皆様に紹介できる。

これは本当に楽しいところです。

そんななか好評既刊本、

昨年9月に刊行した『ジョン・ケージ 混沌ではなくアナーキー』

が青山ブックセンター六本木店で平積みされています。

フェアのメインは『アート&テクノロジー ミュージック」で

FOIL さんの『Rugged TimeScape』刊行記念関連フェアです。

いろいろと現代音楽についてのPOP が掲げられていて、

好奇心を刺激されます。

ひとつの展示品だと思います。
(写真は書店の許可いただいておりまーす)

ABC六本木全体

ぜひ、足をお運びください。

[営業ずっち☆]

ツイート

わが名はカトリーヌ

2010年4月7日 水曜日

4月の新学期にあわせてお引っ越しなさった方も多いのでは?

かくいうハムコは2月に引っ越しました。

こんどの住まいの良いところは、

モニターで来訪者を確認できることです。

当然ですが、モニターにはこちらの姿はうつりません。

 

ある晩10時、ピンポ〜ン。モニターにはうら若き青年・・・

「こんばんは! 美味しいコシヒカリと!」

「は?」

「選べる観覧チケット!」

「へ?」

「便利なゴミ袋をお付けして!」

「どなた?」

「Y新聞で〜す!」

 

新聞勧誘は通過儀礼のようなものだが、

ここは一発でしとめねばならぬ。

 

「ワタシハ ふらんす人デスカラ ニホン語 ヨメマセン」

 

驚愕の表情を浮かべモニターから消え去るコシヒカリ!

ホーホッホッ、パリ16区なまりのニホン語は効き目バツグン。

表札にはジャパニーズの名字がバッチリ掲げてあるが、

な〜に、構うものか。

今日からあたしのこと、カトリーヌって呼んでね♪

[カトリーヌ・ハム編]

ツイート

入学式でお店出しました。

2010年4月6日 火曜日

昨日はムサビの入学式でした。…雨かー

新入生の初々しい、でも時に凛々しいような姿に、しばし見とれてしまいました。

そして今年も出店させていただきました。

Image155

Image151

Newグッズのトート、10枚(大人買い?)してくださった方がいて、雨でもいいやと思えました。

お店をちょっとでも覗いてくださったみなさん、ありがとうございました。

そして、入学式といえば桜。撮ってきました。

Image149Image1471

ちょっと見づらくてすみません。写真の撮り方もヘタで… うまくお伝えできませんが、今まさに見ごろで、とってもきれいでした。雨の日の桜もいいものですね。これ全部、ポップコーンだったらいいのに。(…。)

そしてきっと、出版局のブログを見てくださっている、デスクワークの多いと思われるみなさまに、玉川上水のフォレスト、添付しておきます。

Image158

マイナスイオン、たっぷりです。時々休憩しましょう。

[総務:ピロイ]

ツイート

入学式

2010年4月5日 月曜日

今日は武蔵野美術大学の入学式。入学された皆さま、親御さんおめでとうございます。

MAUPでは、入学式と卒業式に大学よりお弁当をいただきます。それでもって、本日のランチはごらんのとおり。

bento

ついこの前の卒業式のお弁当がうまく思い出せないので、これは記録性があるな、とブログに書かせていただきました。

……さておき。大好評の手帳ですが、付属のシールについて、新入生の皆さんも本日手にされたと思います。インデックスシールとしても使えることを、シールの写真とデザインを担当してくれたmarisa onoさんが自身のwebで説明してくれています。右側の丸数字をクリックすると、たのしい使用例が表示されます。ぜひぜひ、みて使いこなしてください。

[制作:吞猫]

ツイート

春なのに

2010年4月2日 金曜日

気がつけば新年度。

サクラも咲いて春爛漫といいたいところですが、ここ数日天候不順で、基本的に寒い。

そのお陰でサクラも長もちしている感じですが、こう寒くては花見気分にもなりませんね。

そもそも、何年も花見らしい花見などしていないのですが……。通勤の時などに電車の窓や、道ばたで目にする街なかのサクラを見て満足しています。馴染みの木も何本かあり、花をつけると今年も咲いたか君、と心の中で話しかけてしまいます。今さらですが、毎年見てもその年ごとにはっとさせられるものがありますね、サクラの花には。個人的には、モクレンも同じような印象あり。特に夜のモクレン。でもモクレンは散った後の花びらが少々残念な感じがして、その点はサクラのほうが上かな。

いずれにせよ、早くあたたかくなって欲しいものです。

週明け5日は、ムサビも入学式。近年では珍しくサクラ(鷹の台校の構内のサクラは見事ですよ)もきれいな状態でもちそうですが、新入生のためにも良い陽気にでありますように。

(編集:凹山人)

ツイート

エイプリルフール

2010年4月1日 木曜日

なんですが、いいネタが思いつかない。「オーソン・ウェルズの火星人来襲」はエイプリルフールネタではなかったっけ?  と思って調べてみたら、1938年10月30日でした。ラジオドラマをニュース仕立てで流したところパニックになったという、あの当時はみな初々しかったんですね。言い方を変えれば怖くもある。ばかげた風聞に踊った結果の悲惨な出来事もたくさんあるし。

罪作りじゃなく、楽しくて、馬鹿馬鹿しくて、ネタばれのあとに思わず膝を打って唸っちゃうような、できのいいネタないですか?  

という話をしながら一休みしていた三時のお茶のネタはこれ。抹茶とあんこと牛皮のコラボレーションです。なかなかいけます

エイプリルフールのおやつ

エイプリルフールのおやつです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メキシコのカンクンで、英国人彫刻家のジェイソン・テイラーが海底に彫刻を展示するプロジェクトを進めているというニュースを聞いて、以前テレビで見た海に沈んだアレクサンドリアの遺跡を思い出し(私がたまたま見たのは海の中に逆さまに沈んだ女神像?の頭部でした。衝撃的だった)、海に沈んだ彫像というのは、オーソン・ウェルズの火星人と同じくらい、イメージ喚起力があるんじゃないかと思いました。

抹茶とあんこと牛皮のコラボレーションと、海底の彫刻?  海に沈んだ女神の頭部? だめだぜんぜん、調和しない。

編集:t:eeh