2011年3月 のアーカイブ

午前0時のムサビ吉祥寺校

2011年3月12日 土曜日

どうせおうちに帰れないなら、お掃除をしちゃおう!
というわけで、地震で帰宅難民となったハムコ、
せっせと机の周辺をかたづけて、ほ〜らこんな!
110312_jisin
ただいま午前0時。
電気がついているって、ありがたい。
You Tubeで大好きなジュリーをガンガンかけて、
「やっぱり70年代のジュリーって、ス☆テ☆キ☆」
などと云いつつ掃除しているハムコは罰当たりかもしれません。

お茶の水で会議をしていたケロT取締役は、
途中で電動自転車を購入、9時過ぎに吉祥寺校に到着。
徒歩で自宅に向かったずっちも、凹山人も無事に帰ったと
メールが来ました。
阪神大震災のときは、こんなにメールは通じなかったのでは。
スタッフとその家族の無事が確認できただけでも、
神様仏様に感謝します!

今夜が無事にすぎて、明るい朝がいつものようにきますように。
[編集:ハムコ]

ツイート

震度5、約5時間後の吉祥寺

2011年3月11日 金曜日

現在、19時30分。東京の余震はおさまったようです。
外出していた凹山人がいったん帰社し、
夕方6時前に自宅に徒歩で戻ることになりました。
しばらくして、ずっちが徒歩の帰宅を決断。
近所に住んでいるt:eehはいったん帰宅、ふたたび自転車で
MAUPに戻り、コンビニに買い出しに行ってくれました。

武蔵野美大の吉祥寺校は、棚から書類が落ちて散乱していますが、
けが人は出ていません。
学内は、帰宅できない人がテレビを見ています。
JRは今夜、復旧の見込みがないとの発表があったので、
呑猫、ピロイ、ハムコは吉祥寺校に宿泊することにしました。
外は冷たい風がピューピュー。学内の方が安全です。

エアコンは止まっていますが、電気ストーブがあるので
暖房も確保できています。
電気は通常通りなので、晩御飯にカップラーメンを食べました。
さっきt:eehが買い出しに行ってくれたので、お菓子もあります。
ホカロンも常備しているので、寒くはありません。

いま、福島沖でまた大きな揺れが観測されたようです。
[編集:ハムコ]

ツイート

東京、震度5の恐怖

2011年3月11日 金曜日

そろそろ3時のおやつ・・・どういうわけか菓子パンを
かじっていたハムコ。
ガタガタガタ・・・MAUPの編集と営業の部屋の間仕切りは木製で、
上部にはガラスがはめられているので
地震がくると、これが音をたてる。
あ、きたな(と思いながら菓子パンを囓る)

しかし、長い。これはイカン!
t:eehとともに、菓子パンを手にしたまま廊下に避難。
じつに、長い。こんなことはこの10年で初めて。
「ここは学校、耐震工事もしてあるから安全、安全」
と言い聞かせるも、ピロイとずっちは外に飛び出てしまった。

呑猫、呑猫、モニターなんておさえてなくていいって!
凹山人は打合せに出たばかり。電車に閉じこめられているかも。
揺れがおさまるまで約5分。
「コートを着なさぁーい!」と声をかけて裏手の公園に避難。
10分以内に大きな揺れがなければ大丈夫。

裏手の小さな公園には大きな桜の木がある。
この樹の下にいるだけで安心できる・・・また揺れる。
ワンセグをみると御台場が火事?!
吉祥寺の住宅街は、瓦が落ちることもなく平穏無事。
約40分間、公園にいて出版局に戻る。

ハムコの席周辺はたいへんな状況!
もともと乱雑なのか、活断層の真上なのか?
この程度ならばすぐに復旧可能ではあるけれど・・・
110311_jisin

出版局の上の階には通信教育課程の研究室があり、
そこのスタッフが「大丈夫?」と見に来る。
心配しているだろう人に「大丈夫」とメールを送り、
返事を受け取ることもできた。MAUP周辺はそんなかんじ。
あ、また揺れてる。やっぱり怖い。
とりあえず周辺はみんな無事ながら、都内の交通機関は
壊滅状態。今日は吉祥寺校にお泊まりかなぁ。
[編集:ハムコ]

ツイート

あなたにとって記念日は?

2011年3月10日 木曜日

3月末日までにおさめなければならない刊行物をひととおり
印刷所に入稿。ホホホ、春の予感。
本日も晴天なり。ルルるン♪
こうゆうときは、そうだな、そういう話でいきましょうか。

50代のおぢさまで、結婚前にお付き合いしていた女性と、
いまでも年に一度逢うという方がいらっしゃいます(実話)
さて、その年に一度とは、何月何日だと思いますか?

M丸(エムマル・29才・男子)
「うーん、誕生日かな、えーと、クリスマス、それとも・・・」
なやみ悶えるM丸に、上司であるおぢさん(40代後半)は
「わからんのかM丸、7月7日に決まっとるやないか、ボケ!」
と叱責したのだそうである。そう、正解は「7月7日」。

この話を聞いて、ハムコはゲラゲラ笑ってしまったのだが
「7月7日」と即答するワレワレは古くてダメなのではないか、
(もちろん、ハムコも「7月7日」即答派)
記念日はいくつもあって、人によって違うと考える若人のほうが
よほど柔軟で正しいのではないか・・・と新たな悩みが発生。

そこで、MAUPスタッフに同じ質問をしてみました。
ピロイ「んーと、誕生日かな? それとも・・・」
ずっち「7月7日!」
呑猫 「7月7日!」
凹山人「アホなおっさん、あ、いや、ロマンチックな人は、
    7月7日なんだろうなぁ」
t:eeh (しばし黙考)「クリスマス・・・の・・・つぎの日」

世代のモンダイではないことが、t:eehの回答でよ〜く分かりました。
「なんで翌日なの?」と聞いたら、
「だって、クリスマスは奥さんと過ごすでしょう?」

ちなみに、かの逢瀬には、奥様も同伴されるのだそうです。
(なら、クリスマスでもいいよね)
[編集:ハムコ]

ツイート

すっきり!

2011年3月9日 水曜日

先週「青息吐息」でございましたが、本日
年度内納品の刊行物をすべて入稿いたしました!
すっきり!です。

すごいペースで進行してますので
来週には『造形ワークショップの広がり』が出来上がります。
先取りで装幀をアップしちゃいますね。

ƒWƒƒƒPƒbƒgŽs”Ì—p

工藤強勝さん率いるデザイン実験室に手がけていただきました。
デザイン実験室の原田和大さんが、写真を補正して明るくしてくださいました。
イラストは、武蔵野美術大学の日本画学科 男鹿哲平さんによるものです。
3月30日に書店に並ぶ予定なので注目してくださいませ。

ちなみに、こちらは2009年3月刊行の『美術と福祉とワークショップ』につづく“ムサビワークショップ”シリーズです。
あわせて、ごひいきに!!

[制作:呑猫]

ツイート

ドボTを着て、ドボク・サミットを読もう!

2011年3月8日 火曜日

2009年に刊行しました「ドボク・サミット」。
ジュンク堂書店さんの月刊PR誌「書標」(2010年11号)で
<土木系写真集の魅力が一冊に収斂されている>と紹介されました。

そして同じくジュンク堂書店さんのWEBサイト
「ほんのしるべ」のなかの特集、
橋からはじまるドボク系ブックガイド]でも
がっつりご紹介いただいています。

このように紹介されると
またまた読み返したくなってきます。
しみじみ寄藤文平さんの装幀もかっこよいです。

そして、残りほんのわずか!
本当に貴重なドボク・サミットTシャツ販売中です。

ドボT

税込 3,150円
[サイズ]
S(レディースサイズ 肩幅約42センチ・着丈約65センチ)
M(メンズサイズ 肩幅約46センチ・着丈約67センチ)
[素材]
綿100%
[色・柄]
チャコールグレー

著者のひとり、
佐藤淳一先生はこれを着て
タモリ倶楽部に出演してくださいました。

在庫がほとんどないため現在WEBでは紹介していません。
メールでご注文下さい。<ご注文方法はこちら
ドボTを着て、ドボク・サミットを読もう!
ぜひお待ちしています。

写真はM。女性はSがおすすめ。

写真はS。私の身長が154㎝。

[営業ずっち☆]

ツイート

数字が回るよどこまでも…

2011年3月7日 月曜日

今日さむっ!
おひな様が箱に帰った頃なのに、雪!?

ここのところのお仕事としては、著者の先生方の印税計算や、それに関わる書類を作成したりしております。
文字より、数字を見る割合が高い日々な感じで…。
えっ?ピロイがやって大丈夫か?!…と、不安に感じておられる著者の先生方もいらっしゃるかと…
大丈夫です。経理チームの確かな目も入ってますから、不安にならないでください。
…って、私がちょっと不安。いえ、大丈夫です!

[総務:ピロイ]

ツイート

三月は去る

2011年3月4日 金曜日

3月になったばかりですが、もう歳の暮れのことを考えている。
何だかな。
1月は往く、2月は逃げる、3月は去る、と昔の人は言いました。
1月すぎるとあっという間だねというのが実感です。それでも年の初めの1月だけはのんびり過ぎていく気はします。
「1月は実際時間の流れが遅い気がするんだよね。気がするだけじゃなくてほんとに遅いと思うんだけど」と言うたびに、
人はうつろな顔をします。それに頓着せず、
「時間の流れは一定じゃない気がする」というと、
人はうつろに笑います。
光瀬龍の『百億の昼と千億の夜』にはまり、『あかつきに還る』『墓碑銘二〇〇七年』といったSF小説(この字面すらなつかしい)から新書本の宇宙論をやたら読んだ時期がありました。新鮮な言葉との出会いがとても刺激的でした。もうほとんど忘れてしまったことが残念です。

ところで時間の流れは一定じゃないよね、というのは宇宙レベルの話なら当然のこと。でしたよね?
そう、だから1月と3月、ひいては1月と12月の時間の速度が違っていたって、それはありえるんじゃないの?
ということが言いたかったのでした。
そんなこと言って管巻いてる暇があるならさっさと原稿整理しなさい! ということです。
今は2007年を過ぎて2011年。思えば遠くへきたもんだ。
100518_1307~01
突然、去年の春の思い出。ピエール・ド・ロンサールでした。

編集:t:eeh

ツイート

おひなさまもびっくり

2011年3月3日 木曜日

昨日掲載された東大出版会60周年の朝日新聞全面広告は、
もちろん広告ではありますが、
創始者である南原繁先生の肖像を大きく掲げ、
「初心忘るべからず」という精神と、
あらたに設けた「東京大学南原繁記念出版賞」を知らしめ、
革新的な出版をつづけていくという強い意志を
かんじさせるものでした。
一方、MAUPは今年10周年という節目ながら、
どうも実感が薄い。

短大の通信教育課程を4年制にヴァージョンアップするにあたって、
新しい教科書を作成するチームが2000年にあつめられました。
「4年制通信教育課程開設準備室」という舌を噛みそうな名称。
そのなか、教科書作成のチームは「教材班」と名乗っていました。

この「教材班」をつくったのは、今は名誉教授の酒井道夫先生。
2年間限定の「教材班」、2000年は仕事らしい仕事もなく
(初めてマックを1台あてがわれて嬉しかったなぁ)
2001年の春頃から原稿がやっと入りはじめて、
その後のことは、もう思い出せないくらいタイヘンな日々。
それでも2002年春には、47冊の教科書ができあがったのでした。
懐かしいなぁ。

大学は長期的なヴィジョンで「出版局」を立ち上げたわけですが、
「教材班」は2年限定=とにかく開講までに教科書があれば!
という必死のパッチ・・・当時の現場の感覚としては、
「出版局」と「教材班」がイコールにならなかったのですね。
それで未だに10周年という重みが実感できないのかもしれません。

・・・なんで懐古モードになっちゃったんだろう。
そ、それどころぢゃないんだった。
はやく校正して戻さなくちゃ、きゃー!

    赤ペンと 青えんぴつと ひなあられ

[編集:ハムコ]

ツイート

祝! 東京大学出版会さん創立60周年

2011年3月2日 水曜日

MAUPも加盟している大学出版部協会をリードし
とてもお世話になっている東京大学出版会さんが、
昨日創立60周年を迎えられたそうです。
おめでとうございます。

今日の朝日新聞には、60周年を記念して一面広告が!
(西日本は3月3日掲載だそうです)
東京大学出版会の生みの親、南原繁先生の顔写真を
大きく掲げ、そして大ベストセラーの数々のタイトルで構成されています。

ちなみに、我らがMAUPも今年2月
株式会社武蔵野美術大学出版局に商号を変更してから祝!10周年なんです。
おととしくらいから「ウラ10周年誌」として、たのしい記念誌をつくろうと計画していますが、いまだ計画のまま。
……ですが、今日の東大出版会さんの一面広告に刺激をうけました!
3月23日までに納品する2媒体が、まだ入稿できずに
青色吐息のハムコと呑猫、テンションあがりました。

[制作:呑猫]

ツイート