2012年7月 のアーカイブ

井の頭公園の弁天池の水鳥が…

2012年7月17日 火曜日

すごくよい天気です。梅雨明け近し。
みなさん暑そうな顔して歩いてますが、t:eehは「はぁ..暖かくてむしろ気持ちいい。網の上でこんがり焼けてくお餅の気分だわ」
と思いながらmaupまで歩いて来ました。
もちろく汗はだくだくかいてますが、ここしばらくの雨と湿気で体がひどく冷え込んでいたので、熱に炙られるとむしろほっとするという有様です。夏はいくら暑くても平気だと思う。汗? 我慢できるし、夏は暑いもんだし、という感じです。

この時期、編集部は静かです。が、井の頭公園の弁天池の水鳥が水面下で脚を一生懸命動かしているような静けさです。

凹山人とハムコはほとんど謎の古文書解読のような難解な作業に邁進してますし、t:eehは苦手な数字相手に文字数やら頁立てやら。
地道な基礎作業月間です。

ところで、夕方雨が降る、しかも雷が鳴るよとハムコと凹山人が教えてくれました。雨も雷も好物ですが、暖かい雨だとうれしいです。

テイカカズラです。鬱蒼と繁ってあちこちに絡みつけばいいのに、と思って6年前に植えて、予定通り鬱蒼となりつつあります。これは匂いもとてもよろしいのです。ピンボケですが。

編集:t:eeh

ツイート

お引っ越し→夏本番

2012年7月13日 金曜日

今日は夏のスクーリングの為、通信教育課程の事務部•研究室が鷹の台校へお引っ越しです。しばらく、吉祥寺校が静寂に包まれます。静けさとちょっと寂しさと…。本格的な夏が始まる…

伝票発行や在庫数、発注数の確認などで、数字にアタマを占領される時。ちょっとアタマを切り替えたくなります。
そんな時は……倉庫へGO!

倉庫でする仕事は沢山あります。
最近よくするのは、てぬぐいの帯巻き。店頭用の注文分なら、ここからの袋入れ。

ここで七つ道具登場!iPod♪ 音楽がない人生なんて有り得ないですっ!
もちろん、こういう単純作業中にしか聴きませんが(片耳だけ聴きます)、作業が進む進むっ!iPod(音楽)は、パワーチャージの点滴なのです♪アドレナリンが分泌して、やる気が湧いてきます。やる気スイッチON!…になります。

……てぬぐいの‘てまりねこ’がめっちゃ見てる〜。
作業がんばります。

〈おまけ〉

呑猫さんの故郷新潟より。(ピロイも新潟です)
いつもありがとうございます。また美味しくいただきます。

食べたい…のはもちろんですが、なんかデッサンしたくなるのは私だけ?
新鮮なお野菜や果物を見ると、鉛筆を握りたくなる衝動…

[総務:ピロイ]

ツイート

umesumiブックカバー紹介されました

2012年7月12日 木曜日

「限定」「新発売」などなど、そそられる言葉は多い私ですが、「1番のり!」も惹かれるものがあります。4月から販売を開始しているMAU GOODSの「umesumiブックカバー」も、そんなキーワードから商品にすべく企画案を出しました。

「こんな用紙があるんですよ」と梅炭クレープ紙を紹介してくれたのは、MAUPの刊行物の用紙をお願いしている日本紙パルプ商事さん。各種ノベルティグッズなどをみせていただきましたが、梅炭クレープ紙を使ったブックカバーは市場にはまだないとのこと。これはもう造るしかない! というわけで今日に至った次第です。その用紙を紹介してくれた日本紙パルプ商事さんのWEBのコラムページで、「umesumiブックカバー」が紹介されました!

MAUPのWEBから注文できます。また校友会のみなさまには夏のチラシでご紹介済み。A5判用の仕様ですが、原材料は用紙なのでカットすれば新書や文庫などにも! ぜひ、お使いくださいね。

[制作 呑猫]

ツイート

[ムサビ市場]作品送付開始しました

2012年7月11日 水曜日

営業ずっちです。

7月に入り、東京国際ブックフェアも終了、ムサビ市場も終了。

早くも一年の半分がわったな〜という感じです。

 

「ムサビ市場」でご入札いただいた方への発送を開始しました。

早くて本日お手元に届くかと思います。

梱包については、作品取り扱いの“ベテラン”にヘルプしてもらいました。

ご入札いただいた方へ気持ちを込めて発送しましたので、

届きましたら、お気に入りの場所に飾っていただければ嬉しい

です。

[営業ずっち☆]

ツイート

日本・韓国 大学出版部協会合同セミナー

2012年7月10日 火曜日

さる5日と6日、東京国際ブックフェアに合わせて

「日本・韓国 大学出版部協会合同セミナー」が開催され、

MAUPからはハムコが参加した。第30回となる今年の

テーマは「大学出版部の発展的再編と国際的協働」。

低迷する学術出版、押し寄せる電子化、こうした問題に

今のところ明快なる打開策はない。

しかし、「協働」というキーワードにより将来を考えよう

という試みは、MAUPのような、単科大学とともにある

小さな株式会社にとってもリアルな話であった。

「協働」とは、大学出版部×図書館であったり、

国際間の大学出版部×大学出版部など、

多数の事例から現状と課題があぶり出された。

アメリカ大学出版部協会が「持続可能な学術出版」を

発表したのは2011年3月。

「持続可能な」を支えるのは「協働」にあるという展開は、

あらゆる「環境」に通ずる・・・

 

このセミナーでは、直接の版権交渉の場も設けられる。

今年、MAUPはワークショップ系の書籍をだしたが、

韓国ではワークショップという概念があまり広がって

いないらしく、悲しことに人気ゼロ!

「協働」という意味では「ワークショップ」はお買い得、

いや、役にたつはずなんだけどなぁ。駄目か。

その一方、 ハムコの両手(ほんとに同時に両手)を

つかまんばかりの勢いで二つの出版部から同時に

「ブックフェアに出ていた『新版graphic design』の

韓国語版権はあいていますかっ?」と聞かれた。

 

あー、うー、えー、あいているんですけれどぉ、

そのー、膨大なる図版掲載許可申請が必要でぇ、

かなり金額もかかりぃ・・・この本にかぎらず

オファーは多いものの、その交渉の煩雑さ、

かかるコストを知るや、みなさん退散なさる。

(その資料をつくって説明するわれわれも疲弊する)

 

美術やデザインこそ、「協働」しやすいように思うものの

うまくいったためしがMAUPにはない。

いったいどこに突破口があるのだろう?

[編集:ハムコ]

ツイート

ゴボウって何科?

2012年7月9日 月曜日

このところ、我が家のセブンボウズがネタのまくらにされていたりして、皆様、食傷気味のことと思いますが……今日もボウズネタ。

 

彼が「7」以上に、ながーくはまっているのが「植物」。

t:eehがバラに一家言と書いていたが、バラに限らず植物が好きで好きでたまらない様子。

外を歩けば、何の花が咲いた、実がなった、何々が枯れちゃったなどといいながら、ずーっと観察。

彼の頭のなかのご近所地図は、どんな植物がどこにあるかということでできあがっているらしい。

 

で、当然、愛読書は子供用の植物図鑑。去年から繰り返し、繰り返し見ている。

総ルビなので、ひらがな、カタカナが読めるようになってからは一層、食いつくように読み出した。

「ゴボウは何科か?」

なんて質問すると

「キク科」

などと即答する。

こちらは答えを知らずに適当なこときいているし、ゴボウがキクと結びつかないものだから、ついつい

「ほんとか~?」

なんて言ってしまうのだが、これがほんとだから恐い。

(ちなみにこの問題、ハムコもt:eehも答えられなかった。では、アボカドって何科か知ってます?)

 

それだけ繰り返しみているものだから図鑑もだいぶくたびれてきていて、殆どのページはセロテープでかろうじてつながっている状態。昨日、たまたま一緒に書店に行ったので、奮発して新しい他社の図鑑を買ってあげた。

家に帰ると早速、お気に入りの植物のページを探し出しては、やはり熟読している。

よしよしと思いながらしばらくほうっておくと、急に笑いながら

「これ、まちがってるよー」

と言い出した。何が間違っているのかと思ってのぞいてみると、ボウズが指し示す先には

「タチオアイ」

の文字。

あちゃー。

正解は

「タチアオイ」。

これはおやじにもかろうじてわかった。

 

しかし、恐るべし3歳の目。

そして、図鑑を手にする順番が逆でなくてよかった。

ライバル関係にあるであろう2社製のうち、たまたま手にした方で正しい名前を覚えていたからこその発見ですから。

 

それにしても、自分の担当した本ではあって欲しくない事態だなー。

こわい、こわい。

 

(編集:凹山人)

ツイート

7にまつわるエトセトラ

2012年7月6日 金曜日

七夕☆ですね。

なにを隠そう(…いえ、隠すことなんてないけど)私も‘7’好きです☆
凹山人さんの3才ぼうずくんと一緒。

‘7’にまつわる言葉って多いですよね。
七夕、七つ道具、七福神、七賢人、七不思議、七草粥、七転び八起き、虹は七色だし…七味唐辛子、北斗七星…ラッキーセブン☆
ドラゴンボールも7つ!!…7つ揃ったら何願おう…

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

「自分のお誕生日の風物詩くらい、言えなきゃだめよ」
子供のころ、母に言われて…
セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、スズナ、スズシロ、ホトケノザ
…七草粥の七草。
これだけは、子供のころから呪文のように言えてました。
お誕生日、七草粥を食べきらないとケーキを食べちゃダメという、誕生日なのに罰ゲームのような、ピロイの‘7’にまつわるお話でした。

そして、話しはガラッと変わり…
大学出版部協会の日韓セミナーに参加したハムコさんが持って来てくれました。

「ソウルの伝統料理」の本。
ハングル見ただけで細胞がざわつきます。なんでだろ。もっとがんばろう…と思いました。

[総務:ピロイ]

ツイート

7にこだわる男のバラ

2012年7月5日 木曜日

7才と言って譲らない、凹山人んちの3才ぼうずはバラの花にも一家言あるらしい。
「寝癖ですベンツ」といい、ファミリーマートのなまはげネタといいい、ほかにもいろいろ逸話に事欠かないほうずです。
バラ図鑑を見て、これがいい、あれがいいと教えてくれるそうで、好きなバラはルチェッタ、マリアカラス、トボネ、ザ・スクワイヤ、ブルボンクィーン。
マリアカラスって、あんた…。華やかでゴージャスなバラじゃないか。
凹山人に、3才ぼうずの好みのポイントを教えてもらって、
じゃあパレードとイブ・ピアッツェも好きじゃない? と聞いてみました。
パレードは凹山人所蔵のバラ図鑑には載っていなくて、返事は保留。
イブ・ピアッツェは「それほどでも」とのお返事。t:eeh完敗です。
再挑戦で、オフェリアとウィリアムシェイクスピアはいかが?
の返事待ち。

白は、白バラの名花といわれるツルフラウカールドルシュキ。アプリコットはロココ。
ドルシュキは、ひょっとしたらお眼鏡にかなう? 白だけど。

編集:t:eeh

ツイート

今度は東京国際ブックフェア!

2012年7月4日 水曜日

あっという間に2012年も折り返し。1カ月のオリオン書房ルミネ店での「みる・つくる・あそぶBOOKフェア」が終わり、同時開催の「ムサビ市場」にて、入札→落札いただいた方、出品してくれたムサビ生への連絡を終えたところです。
フェアはつづく。いよいよ、明日からは東京国際ブックフェアが始まります。MAUPは、大学出版部協会のブースで出展しています。どうぞお立ち寄りください。

個人的には、繰り越してしまった2011年目標(2011年1月5日ブログご参照ください)を公私ともにパワフルに実行中! 今日、仕事場の机の下が、だいぶ「すっきり」しました。

[制作:呑猫]

ツイート

カエルの公園彫刻

2012年7月3日 火曜日

 あっという間に大学は前期授業も大詰めで、しばらくすると補講や前期試験の時期へ。通信教育課程はスクーリングの準備の時期です。
 さてカエルさんの写真です。


 武蔵野美術大学の共通彫塑研究室のみなさんが小川町一丁目区画整理組合から依頼されて、区画整理によって造成された3つの小平市の公園のための彫刻を制作されました。それが引き渡されて、今では立派に彫刻のある公園としてオープンしています。写真のカエルさんと一緒にみえるネットは、まだ1月に造成中のころのフェンスですが、この背景がある方が記念になると思ってアップします。
 造形ワークショップと言えばカエルさんですが、その通称カエル本をテキストにする「ワークショップ実践研究」受講学生たちが、近隣の小平第十二小学校の先生方の協力をいただいて、児童の
ための造形ワークショップを公園で企画中です。この彫刻のカエルさんは、知る人ぞ知る小さな彫刻なので、子どもたちは気づいてくれるでしょうか。楽しみに見守りたいと思います。

[ケロT取締役]

ツイート