2013年4月 のアーカイブ

GW

2013年4月30日 火曜日

GW真っ只中。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

GW前半だった先週末は、大阪に行って来ました。
(…って、思いのほか、とんぼ返りとなってしまい、お土産のひとつもなくてごめんなさいっ!!)
研究室スタッフ時代の、古美術研究旅行(略して古美研)以来の大阪でした。

大阪って、エスカレーター乗る時、右側に立つんですね。急ぐ人が左側を通る。東京と逆で、一瞬、鏡の中にいるみたいな感覚になりました。

ソウルもそうで、右側に立つうえに車は左ハンドルだから、更にそれを感じます。

しかも、大阪のエスカレーターって、東京より1.5倍早くないですか? ソウルは東京の2倍早い‼…あくまでピロイの体感速度ですが…
自分の周りの状況や環境が‘普通’だと思って生きてきたから、そういう‘違い’は、本当に面白いです。
いきなり斬新な別世界が始まる感じして…。

ソウルのタクシーのドアは自動じゃないので、開け閉めセルフです。
なので降車時、運転手さんから、「ドア閉めて〜‼」×3回はあったかな…
いいかげん、覚えなさいって\(^^ ;)

違うことは面白いです。
同じことは安心するし嬉しいけど、違うことは面白くてワクワクします。
そこに向かいたくなるのは、本能でしょうか…
知りたいと、思うことは…

お仕事に頭を切り替えて、
今知っておくべきことを調べなきゃっ!…です。

GW、良い時間をお過ごしください。

[総務:ピロイ]

ツイート

「題材開発」って知ってる?

2013年4月26日 金曜日

次年度、満を持してというべきか、
美術教育の教科書が2冊刊行される予定です。
そのうちの1冊は「題材開発」に焦点をあて、
「美術教育実践編」ともいえるような内容です。

「題材開発って、なに?」という声が聞こえてきます。
そうですよね、美術の先生なら日常用語だけど・・・
「題材」とは、生徒が取り組む課題(教材)のこと。
「そんなら教材開発って言えばいいぢゃん」
ごもっともです。
でもね、教材を追求すればいいってもんではなく、
美術は(音楽も)体験を通して学ぶ科目なので、
「題材」は学習「活動」をも包括する(らしい)
なるほどねぇ・・・

小学生の頃、図工の時間は好きでしたか?
美術の先生も好きでしたか?
あの先生たちは、こんなふうに研究して、
授業を組み立てていたのか?(ちょっと感動する)
いや、違う。
図工の時間は勝手なことをやり放題で、
好きなように好きなことをさせてくれたから
楽しかったんじゃないかなぁ。
いま思うと、あの先生はエラかった。
知久センセイ、おげんきですか?
[編集:ハムコ]

ツイート

「MAU M&L 博物図譜」

2013年4月25日 木曜日

武蔵野美術大学 美術館・図書館が誇る博物図譜のコレクションをiPhoneやiPadなどで楽しめるアプリケーション「MAU M&L 博物図譜」をご存知ですか。
それも、無料で。
まだご覧になっていない方は、コチラからどうぞ。
しつこいですが、無料です。
この質と量で無料は、ほんとうに驚きですよ。
そして内容をより楽しむために、こんなイベントに参加してみてはいかがですか。

「荒俣宏トークイベント:博物図譜をアプリケーションで楽しもう」
開催日程:2013年04月26日(金)
開催場所: Apple Store Ginza 3階シアター
 作家・博物学者の荒俣宏氏 (武蔵野美術大学客員教授)のトークイベント

[日  時]2013年4月26日(金)17:00~18:00
[会  場]Apple Store Ginza 3階シアター
[お問合せ]武蔵野美術大学 美術館・図書館
      042-342-6003

イベントは先着順、多数参加の場合は立見となる可能性があるそうです。
ご了承ください。

(編集:凹山人)

ツイート

縄文号

2013年4月23日 火曜日

今日、池袋のジュンク堂書店で19時半から
海のグレートジャーニーと若者たちのトークショー『海とグレートジャーニー「気づき」の旅』があります。早々に満員御礼となりました。来てね、とお誘いできないのが残念ですが、みなさま、ありがとうございます。
でも、国立科学博物館では6月9日まで「グレートジャーニー 人類の旅」展開催中です。
縄文号に会えますよっ。ぜひ足を運んで下さいね。

砂鉄からタタラ製鉄で鉄を作り、それを斧にして木を切り出し、縄文号を作り、でもってインドネシアのスラウェシ島のランベ(バリ島の手前です)からこぎ出して日本の石垣島までの、大海原の旅です。
海って、島影が見えなくなると、それだけで非日常的です。漁師さんに「あほか」と言われそうですが。大海の真っ直中をカヌーで行くって、すごい。

大海原を想像し旅心がつくt:eehです。ここしばらくパツンパツンに予定が詰まってきゅうきゅう言ってます。

テキスト制作が本格化する前に佐渡に行くぞと思うも果たせず。
桜の季節に佐渡の能舞台を見に行きたいなとずっと思ってます。
能を観たいというわけじゃなく、花の盛りに誰もいない能舞台を見て、それから花盛りの佐渡を歩いてみたいじゃないですか。来年の話ですね。 これは庚申バラ。バラの原種のひとつだそうです。
子どもの頃、こんな色のバラを藪で見かけたことはありませんか?
それはあれですよ、きっと庚申バラです。多分ね。

編集:t:eeh

ツイート

コレって何だ?

2013年4月22日 月曜日

この春、年中組になったセブン坊主の、新たな持ち物がコレ。

帰宅して置いてあるのを見た時「ピアニカじゃん」と言うと、すかさずセブン坊主が「ピアニカって何? これはメロディオンだよ! 知らないのぉ?」。
メロディオン? 何じゃそりゃぁ。これはピアニカじゃないか!
ん、まてよ……もうピアニカって呼びかたは古いのか? 世代ギャップなのか? などと思っていると、母親が「メーカーによって呼び方違うらしいよ」。
なるほど。ピアニカもメロディオンも商標なのね。
その後調べてみると、これらは「鍵盤ハーモニカ」という楽器なのだそうです。ピアニカやメロディオン以外にも、メーカーの数だけ呼び名があるみたい。

それにしても、ピアニカは小学生になってから使った記憶あり。
幼稚園児にはまだ早いのではと一瞬思ったけれど、よく考えたら小学校でも使う期間は短かった気がするから、早くはじめて長く使うのはよいことだと思い直しました。
今はプップク、プップク適当に鳴らしているだけですが、そのうち曲らしいものが聞けるのかしら……。

(編集:凹山人)

ツイート

うちの不自然な五月人形

2013年4月19日 金曜日

暑かったり寒かったりな天気が続きますね。
吉祥寺校周辺の住宅街では、鯉のぼりが気持ち良さそうに泳いでいます。

男の子がほしかった父は、結婚してすぐ、五月人形を購入。(気が早すぎ!)
…結局、三人とも女子かよ…という結果になってしまいましたがf^_^;)

先日のずっち☆さんのブログを見たら、家族を強烈に思い出しました。
もう感謝しかないのに、それをちゃんと伝えられているんだろうか…
ゴールデンウィークに帰省したら、いっぱい話しをしたいと思いました。

 

4月23日の
【トークイベント】『海のグレートジャーニー「気づき」の旅』の準備も、着々と進んでおります。

写真が事務的すぎますねf^_^;)

満員御礼です。
書籍のご注文もたくさんいただいております。
本当に、ありがとうございます。

[総務:ピロイ]

ツイート

春の上野

2013年4月18日 木曜日

今朝、打ち合わせのために上野の博物館へ。
うららかな春の平日、ありんこの行列のように
お揃いの帽子をかぶった小学生がゾロゾロ・・・
遠足である。
どうやら動物園に向かっているらしい。
ふだん上野の美術館・博物館に行くのは週末に
決まっているハムコにはめずらしい光景!
むっつり不機嫌な子もいれば、
何が楽しいのかクスクス笑っている子もいる。
懐かしいような行列である。
広場にさしかかると、ハムコよりも若い先生が
「ここはちょっと騒いでもいいです!」
と子どもたちに大きな声で言った。
うわぁ、そんなことまでわざわざ指示するんだ!?
とギョッとしたのだけれど、
子どもたちは先生の言うことなんかぜんぜん
聞いちゃいなくて、その態度をみて安心して、
仕事に向かってのでした。
[編集 ハムコ]

ツイート

「海のグレートジャーニーと若者たち」webとツイッターにて

2013年4月17日 水曜日

「海のグレートジャーニーと若者たち 4700キロの気づきの旅」が、昨日からwebでご紹介いただき、ツイッターでも反響いただいています。

「HONZO」
「YAHOO!JAPAN ニュース ライフ」
「現代ビジネス」<HONZO×現代ビジネス>

要チェック! してくださいませ。
4月23日ジュンク堂書店池袋本店開催の著者トークイベントまで、1週間をきりました。
おかげさまで満員御礼! お申し込みいただいた方、会場でお待ちしております!

要チェックといえば、本日更新した本サイトのtopicsも、ムサビ生、卒業生のみなさん、ご注目ください。
線描<手ぬぐい>デザインコンペ参加のお知らせをアップしました。
ご応募お待ちしています!

 

[制作:呑猫]

ツイート

おばあちゃんの思いで

2013年4月16日 火曜日

すっかり春ですね。

あたたかな日は初夏の匂いさえ感じられるほどです。

このころになりますと、ここ3年連続で開催させていただいている

立川市のオリオン書房ルミネ店のフェアの準備に駆け回っています。

今年はMAUPの所属する美術書出版会の協力を得て、

「線描・手ぬぐいコンペ」を開催する予定です。

 

これは、故三嶋典東先生の

線の稽古 線の仕事』(3月刊行)の本から

インスパイアを受けて企画したフェアです。

応募資格は武蔵野美術大学の学生・卒業生とさせていただいております。

近々、募集要項をアップいたしますので、

対象者の方はぜひご参加お待ちしています。

 

まったくもって個人的な話ですが、

本日4月16日は亡き祖母の誕生日で、

“ひまわり”のような祖母を思い出しては泣き笑いの一日でした。

おばあちゃんは目立ちたがり屋だったので、

まったくの私的な写真ですが、アップいたします。

昭和14年に結婚した祖父と祖母の写真です。

昭和14年 泰蔵(祖父26歳)と多実子(祖母20?歳)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大正時代のチャーミングレディー(たぶん)です。

ちなみに祖父は今年100歳でピンピンしています。

泰蔵新聞Vol.1

 

写真出典『泰蔵新聞Vol.1』

(ずっち☆家のみ2012年刊行・非公開)より。

 

みなさんもご家族をお大事にね!

[営業ずっち☆]

ツイート

仲春のお知らせ

2013年4月15日 月曜日

四月は仲春。春を知らせるものは二月の強い光とネコの日向ぼっこでしたが、仲春の使者は花です。あちこちの庭に花、花、花の花盛り。よそ見ばっかり、きょろきょろしながら歩くのは春の楽しい歩き方です。

モッコウバラです。maup界隈のあちこちのモッコウバラがほぼ咲きそろいました。棘がないので人気があるそうです。なのに植木屋さんに言わせると雑草並の生命力ですよ、とか。ひとつの花は可憐でも咲きそろうと、滝か雪崩か、そのくらいの迫力で「咲きまくり」。

それから、モッコウバラより早く咲いて寒い庭を飾った花花。馬酔木、蘇芳、アブチロン。馬酔木は2月末から咲き始めてほぼ終わり。早春から仲春まで咲く花です。蘇芳もほぼ終わり。

ところで、アブチロンの画像がどうしてもうまく入りません…。さっきからどんだけ時間かけて画像を入れたり削除したりを繰り返していることか!!..

次のブー当番でアップします。

編集:t:eeh

 

ツイート