2014年12月 のアーカイブ

田中功起15のキーワード! 代官山蔦屋書店で相馬千秋さんとトークイベント!12/12

2014年12月10日 水曜日

営業のずっち☆です。
連日ご案内しています

<必然的/アートと生活
必然的にばらばらなものが生まれてくる
刊行記念トークイベント
が、
いよいよあさっての金曜日、
12月12日に開催いたします。

70名定員で、まだ若干お席に余裕もありますので、
寒さをはねのけ、ぜひこの機会に遊びに来て下さい。
19時15分より受け付け開始。
19時30分より21時までの予定です。

◎当日券もありますが、確実に席を確保されるなら、
代官山蔦屋書店でのホームページへ
ホームページ上でのお申込みは12月10日(水)までです!

田中功起さんと書店。
代官山蔦屋書店さんといえば、アート系の洋書も豊富。
もし、時間があれば、
代官山蔦屋書店さんにある、
田中さんおすすめの本(とくに洋書!)も
教えて貰いたいものです。

私は相馬千秋さんとは、
はじめてお会いするのですが、
今年9月末〜10月中旬に台湾でおこなわれた
r:ead/リード(レジデンス・東アジア・ダイアローグ)
のご活動内容、
そのご感想など、生の声を伺うのを楽しみにしてます。

そして重要な、お二人のトークは、

公共性」、「社会」、「アジア」、
演劇」、「生活」、「日本」、
参加」、「現代美術」などなど。

15のキーワードを中心に語ってもらいます。

観客のみなさまからの質疑応答の時間も設ける予定です。

人前にでて話すなんて、
はずかしくって到底出来ない!
なんて思わずに、
堅苦しい感じではなく、
田中さん、相馬さんに、ふと疑問におもったこと、
ご自身が感じたことでもいいです、
リラックスして質問して貰えればなあ、
ひとつでも思い出に残してもらえればなあ、
と勝手に思っております。

前回11月に開催したジュンク堂池袋本店さんでの
イベントで質疑応答の時間は、
担当編集者のt:eehがまっさきに質問し、

田中さんに、
それさっき話しましたけど!!??』と、
昔ながらのキツイやりとりがありましたが、
きっと貴方には優しいと思います。

ざっくりとゆっくりと、
お会いできるのを楽しみにしています。

[営業ずっち☆]

ツイート

2014年12月9日 火曜日

「ㅎ」

ハングルを構成する文字の一つで、「ヒウッ」と読みます。

ハングルって、こういうパーツが、2〜5つ合体して一文字になってるんですけど、
この「ㅎ」という文字、
前後・左右・上下に置かれる文字によって、7つ以上の音に変身します!

例えるなら…
今年話題になった、テニスの錦織圭選手の読み方のように。

「錦(にしき)」+「織(おり)」=「にしきおり」

が、

“錦”と“織”の隣接音が混ざって、
にしき + おり → き(k) + お(o) = こ →「にしこり」

ってなるみたいに。

韓国語はこんなんばっかりです。
周りの文字と影響しあって、常に、本来持っていたであろうその文字の音が変化する。
接する文字によって、自身以上の可能性を発揮したり、時には自身がなかったかのように消えたりもするんです。

例えば、エルメスの“H”のように。

「無声声門摩擦音」というらしいですけど。
あんなにシンボルになってる一文字なのに、音として存在してない。
でも絶対的になくてはならない文字ですよね。

存在してないのになくてはならない…
……って、自分で書いといて不思議なこと書いたな…
夢に向かうようなものかしら…。まぁいいや。話し変わりそうなのでココはスルー。

…なんの話しでしたっけ(;^_^A
あ。
周りの文字と影響しあって、自身の音が変わるという、文字のお話し。

人もそうじゃないですか…?
接する人によって、環境によって自分がすごく変わる。良くも悪くも。

何が言いたいかというと…

ただ、私は本当に、人に、出会いに恵まれた人生だな…と、そう思っています。
とても感謝しています。
ありがとうございます。

[総務:ピロイ]

ツイート

ジュンク堂書店トークセッション配信開始

2014年12月8日 月曜日

11月25日に開催された『必然的にばらばらなものが生まれてくる』刊行記念ジュンク堂書店トークセッションのネット配信がスタートしました!

【Youtube】ジュンク堂チャンネル

【ニコニコ動画】ジュンク堂チャンネル

【Podcast】ジュンク堂書店

ぜひご覧くださいませ。

 

今週末、12月12日には『必然的にばらばらなものが生まれてくる』刊行記念トークイベント第2弾として、アートプロデューサーの相馬千秋さんを迎えて、著者と語っていただきます。

会場は代官山蔦屋書店です。ぜひご参加ください!

 

[制作:呑猫]

ツイート

明日から「宮沢賢治 時間と空間への旅」いよいよ開催

2014年12月7日 日曜日

昨日、たまたまムサビ図書館へ行く用事があった。

大階段では設営作業の真っ最中。

月曜日から始まる「宮沢賢治 時間と空間への旅」の準備でした。

 

宮沢賢治の作品を、どのような本に仕立てますか?

あなたの「春と修羅」、わたしの「春と修羅」

おなじ作品が、まったくちがった姿になる。

「ぜんぜん違うよ、それ」と思うか、

見た瞬間に「うっ、負けた」と息を飲むか、

素直に抱きしめるか。

 

8年間の三嶋先生の授業の記録として、ずらりと並ぶ作品には、

個々の学生と先生との時間が凝縮されているようで、

どうしても、ふと天を見上げてしまう。

典東先生ったら、そんな高いところからニコニコ手を振らないでよ。

[編集:ハムコ]

 

ツイート

イベント&展覧会

2014年12月5日 金曜日

連日ご案内していますトークイベント【田中功起×相馬千秋(代官山蔦屋書店、12月12日金曜日、19:30〜)】まで、あと一週間となりました。まだまだご予約、受け付け中です。

先日のジュンク堂書店池袋店でのイベントの日は、あいにくの冷たい雨でした。12日(金)はよい天気でありますように。

皆さま、是非お越しください。

つづいて、毎年恒例の展覧会のご案内。

明日から、東京町田市にある町田市立国際版画美術館にて「版画の彩展2014 第39回 全国大学版画展」が開催されます。

全国の大学などで学生が制作した作品が一堂に会する、年に一度の大学版画のお祭りです。

鑑賞するだけではなく、学生の小作品(展示している作品とは別)を手頃な値段で購入することもできます。その他、感想などを書いて投票すると抽選で、有名な先生方の作品が当たる企画などもあります。

町田市立国際版画美術館は、JR線や小田急線の町田駅から歩いて15〜20分くらい。商店街を抜けたところにある、芹ヶ谷公園の一角にあります。散歩気分でどうぞ。

学生作品の他に、同時期に開催しているミニ企画「マックス・クリンガーの銅版画」展をお見逃しなく。大学版画展と同じ階、別の展示室です。なかなか見応えがありますよ。

この展覧会が始まると12月だなぁと実感します。

いろいろと、やばいですね。はい。

(編集:凹山人)

ツイート

必然的/アートと生活

2014年12月3日 水曜日

12枚つづりのカレンダーがたった1枚になった。

華やかな色ガラスのような空があっという間に暮れてゆく。

そのように、歳の暮れが怒濤のように押し寄せてます。

クリスマスになると、紙で作った三角帽を頭に乗せたサラリーマンが銀座のクラブでどんちゃん騒ぎするというニュースが定番だった昭和の昔。

クリスマスもバレンタインデーも消費され尽くし、いまどきはハロウィーンがニュースになるのかな?  流行廃りで あらゆるものが消費されてゆくご時世ですが、

消費されない手強いモノもあります。敷居は高くない、気楽に参加できる、しかし実は手強い、含蓄もあるという作家とアートプロデューサーのトークイベントのお知らせです。

img09218a

12月12日金曜日19時30分から

代官山蔦屋書店1号館2Fイベントスペースにて、田中功起さんと相馬千秋さんのトークイベント「必然的/アートと生活」が開催されます。

ぜひお越しください。

編集:t:eeh

ツイート

オリオン書房ルミネ店リニューアルオープン!

2014年12月2日 火曜日

立川市にあるオリオン書房ルミネ店さんが
本日12/2にリニューアルオープンされました。

前日オープン前のお忙しい時に
見学させていただいたのですが、
以前よりも、見やすくて楽しい雰囲気の
売り場になっていました。
とても素敵な空間です。
クリスマス向けの絵本棚や、来年のカレンダーなど
種類が豊富にあり、わくわくしながら、店内を歩き回りました。

お洒落で可愛い雑貨も多く、
お気に入りの一冊とともに
プレゼントにいかがでしょうか。

またオリオン書房
オリジナルしおりも配付しています。

orionoriginal

このオリジナルしおりは、
6月に開催したムサビしおりデザインコンペ
武蔵美生・ゆうさんの優秀作品です。

得票した理由のひとつとして、
原画の美しい青色に惹きつけられたそうで、
その色味を出すのに制作・呑猫が苦心したかいもあり、
とても美しいしおりになりました!
ぜひ皆様の読書のお供にしてくださればと思います。

MAUPおすすめ書籍の宣伝をいれた
しおりを入れ、
デザインの種類は3種類です。

hoshizorasanninsyuu

ぜひコンプリートしてみてください!

 

オリオン書房ルミネ店さんはじめ、
立川駅周辺店舗のみでのご配布となります。

 

また下記のイベントも開催されるとのことです。

 

◎12月6日(土) 参加費300円

「好きな絵を描いてオリジナルトートバッグをつくろう!」

◎12月7日(日) 参加費無料
「白井明大さんトークイベント〜あらたな年を迎えるために」

 

お絵かきトートバッグ作りはお子様も楽しめそうです。

ぜひお出かけください。

[営業ずっち☆]

ツイート

パピルスの冬越し

2014年12月1日 月曜日

 もう12月1日、いかがお過ごしですか。
 出版関係者なら大好きな植物、カヤツリグサ科のパピルスが今年も元気だったので、今年も冬越しの準備です。

141130_161053

 ナイル川なみに繁殖されると困るので、できるだけ栄養を少なくして小さく育てているのですが、今年は水瓶から外に出るような調子になって、やっぱり古代の出版文化を支えた植物はすごいなと思いました。
 霜や雪はだめなので、今日は伐採して金魚ヒータを設置しました。どうか元気に冬越ししてほしいと思います。
パピルス紙によらない出版の時代になっても、みんなに敬愛されたパピルス。電子出版の時代の冬越し、がんばります。

(ケロT取締役)

ツイート