2015年3月 のアーカイブ

サクラサク

2015年3月31日 火曜日

週末を挟んでお休みをいただき数日間東京を離れている間に、東京地方はすっかり桜の季節。吉祥寺駅からMAUPへの通勤路で見かける桜の木も、見事な花を咲かせていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

個体差があり、まだまだ咲き始めの木もありますが、今日の陽気でどんどん開花するでしょう。
あいにく週末に掛けて天気は下り坂の様子。今日が一番の花見チャンスのようです。今日は、南風が相当強いですけどね。

そんな中、明日からの新年度を前に、MAUPの新しい図書目録が完成しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

表紙には、油絵学科の小林孝亘先生の作品を使わせていただきました。
これまでにない、緑が印象的な仕上がり。新鮮です。
この春刊行の新刊本はもちろん、既刊本も全て掲載されています。
ご希望の方には無料でお送り致します。詳細はこちら
また、お近くの書店などで見かけられましたら、是非ご覧ください。

(編集:凹山人)

ツイート

4月の新刊『表現者のための憲法入門』のひきつけられる写真の秘密

2015年3月30日 月曜日

志田陽子著
『表現者のための憲法入門』の表紙写真は、
「民族問題」「難民問題」「日本の現在」に
関心を持って作品を撮られ続けている
フォトジャーナリスト、ビデオジャーナリストの
豊田直巳さんの御作品です。
•Œ»ŽÒ‚Æ‚µ‚Ä‚ÌŒ›–@“ü–å-‰¡‘gƒWƒƒƒPƒbƒg-B-OLÏ

「生活に困窮する人びとが暮らすサダム・シティー
(現サドル・シティー)。
その日その日を懸命に生きる庶民が暮らしていた」と、
説明があるのですが、
まず、この女の子の瞳の透明さ、綺麗さに心を打たれます。
真実を知りたい、そんな眼です。

本文にも豊田直巳さんの御写真10作品を掲載しています。

・イラクで空爆を受けた老婆の姿、
・パレスチナの難民キャンプの少女、
・インドで石炭運びの労働をさせられるこども

など、沢山の涙が隠れている傷心の人びとの姿が撮られており、
一枚一枚が力強く、一枚一枚が私たちに語りかけてきます。

もちろん『表現者のための憲法入門』のために
撮られたものではないですが、
各章毎に一枚を掲載し、
憲法とは、表現とは、いや結局、人間とは、に迫ってくる
志田先生の文章にピッタリの配置になっており、
この本の見どころのひとつでもあります。

豊田直巳さんの御作品が
ご覧になれるWEBサイトはこちらです。

ぜひ、書店でお見かけの際は、
手に取ってご覧になってください。

  志田陽子/著
  『表現者のための憲法入門』本体価格2,000円

そして…
プロのカメラマンの紹介のあとに
勇気あるね〜!というか、
無神経だね〜!という感じで
非常に恐縮ですが、
[さくら咲いてました]ということで、
夜桜を撮ってきました。
IMG_2895
渋谷の桜坂です

どうぞみなさま一年に一度の
春のいい匂いに包まれてくださいね。

[営業ずっち☆]

ツイート

真昼の月

2015年3月27日 金曜日

今日、本校のある鷹の台で打ち合わせがあり、中央線で吉祥寺から国分寺へ、国分寺からバスに乗って鷹の台キャンパスへ。中央線からは、冠雪をいただいたままの富士山が、春には珍しくくっきりと見えました。

ところで雲がない。これはいわゆる特異日ではないか?

雲ひとつない空。春らしい淡い水色の空に真昼の月が浮かんでました。

1427437695367

鷹の台キャンパスで見た、明日にもほころびそうな蕾を付けた桜の木の上に、かすかに、かすかに六日目の月。
(正確には月齢6.71だそうです。でも六日目の月って言いたい)

雲ひとつない青空に真昼の月が一つ。孤独だなって思ったんです。
でも、太陽の光が強くて見えないだけで、夜と同じように、月のまわりに星々は輝いている。この季節なら、北西の空から中天よりに北斗七星も輝いているはず。

見えなくてもいるんだよ、見つけられなくても星々も月も輝いて空にある。
影のような
光りのような
幽霊のような

『メルロ・ポンティ「眼と精神」を読む』ではないか。

編集:t:eeh

ツイート

メルロ=ポンティ『眼と精神』を読む

2015年3月26日 木曜日

4月10日発売予定の、富松保文先生訳・注
『メルロ=ポンティ『眼と精神』を読む』の見本が
届きました。
わぁぉ、なんてかわゆい仕上がりでしょう!

150325

下手な写真で恐縮です。
何もないところから像がとつぜん現れるような
木炭デッサンの一部のような
水墨画の一部のような
影のような
光のような
水面のような
幽霊のような
この魅力的な装幀は、寺井恵司さんによるものです。

通信教育課程の教科書は初学者向けの本が多く、
読者は、ひとりで自分の手足をつかってハシゴで
上へ上へと登ってゆく、そんなイメージがあります。
それゆえ、丈夫な、しっかりとしたハシゴを
つくらねばなりません。
いくつもの通り道があるものの、まずは1つのルートを
体に覚えさせて、あとでいかにも応用が利くように、
しなやかな筋肉がつくように、
・・・と願いながら編集に携わっています。

が、『メルロ=ポンティ『眼と精神』を読む』は
もちろん通信教育課程の教科書ではなく、
手ごわい現象学の翻訳。
(編集のあたまの切り替えが、なかなかできない)
とはいうものの、この本は課外授業で「わかんない」
を繰り返す学生に向かって「僕がぜんぶ訳し直そう」
と生まれた「富松版『眼と精神』」
「訳者まえがき」を読むだけでも、かなりわかった
(ようなとても良い)気分が味わえます。
しかも翻訳には脚注だけでなく、巻末にこってりと
補注がつきます。
ゆきつもどりつ、なんどもなんどもくりかえして読む。
現れては消える
消えては現れる
たまには哲学書を手にしませんか?
[編集:ハムコ]

ツイート

春? 春!

2015年3月25日 水曜日

東京地方、昨日今日と、日射しはあたたかいものの吹く風はとても冷たく、春なのか何なのか、とにかくはっきりして欲しい気候です。
ただ、そんな中でも、植物の変化は明らかですし、先日取り上げたカエルのようにあまり気付かないものも含めて、自然界は確実に次の季節にむけて動いています。
昨日は、吉祥寺校舎の上空でツバメが舞っているのを目にしました。
ツバメというと初夏のイメージが強いのですが、もう飛来しているのですね。
こんなサイトもありました。来てます、来てます。
昨年ご紹介した夜間暖房、照明、監視カメラ付きの高級住宅にも、今年も無事にやって来てくれるでしょうか。要注目です。
とにかく、一日も早くすっきりと春!になって欲しいなあ。

(編集:凹山人)

ツイート

【これから出る本】メルロ=ポンティ『眼と精神』を読む【4月10日発売!】

2015年3月24日 火曜日

モーリス・メルロ=ポンティ 著
富松保文 訳・注
メルロ=ポンティ『眼と精神』を読む
が4月10日に書店発売となります。

『眼と精神』といえば、
1966年にみすず書房さんが
滝浦静雄先生・木田元先生の訳で
刊行されています。

今回刊行する美大版(!)
「『眼と精神』を読む」は、
みすず書房さんのご理解とご協力を
頂戴し刊行することができました。
さすが懐がおひろいです!
ありがとうございました。

みすず書房さん版は
『眼と精神』を含む、
メルロ=ポンティの原稿数編を
編まれていますが、

美大版は『眼と精神』の
原稿のみに焦点をしぼり、
前書きではメルロ=ポンティの
歴史、思想や時代背景を詳しく解説。
本文では、富松先生いわく
クドイほど(笑)詳しく
訳注を付けております。

みすず書房版をすでに読まれている方にも、
またはじめて読まれる方にもオススメしたい一冊です。
どうぞよろしくお願いいたします。

『眼と精神』を読む
モーリス・メルロ=ポンティ 著
富松保文 訳・注
四六判 264頁
ISBN978-4-86463-020-7
1,836円(税込)
(本体価格:1,700円)

営業ずっち☆

ツイート

手帳2015販売開始

2015年3月23日 月曜日

先週末の編集:t:eehのブログにあるムサビの手帳、本日から販売スタートしております。
webから注文できます。
数量限定ですので、お早めに!
校友会のみなさまで予約いただいた方には、本日発送しました。

繰り返しになりますが、4月始まりの手帳です。ぜひご贔屓に。

[制作:呑猫]

ツイート

ムサビの手帳2015

2015年3月20日 金曜日

ことしのムサビの手帳(正しくは学生手帳というのですが)は紺色です。
4月からの日付の手帳なので、3月20日の今日、2014版と合わせて二つ使ってます。いや、持ってます。4月になったら紺色に切り替える。シール付きです。シールはこんなかんじ。
img08757
3つの虫食いは使用済み。その3つを貼った手帳がこちら。
img08754

うまく写真が撮れずスキャンしたものの、やっぱりうまくない。表1と表4をご紹介したく、開いてスキャンした結果、真ん中がビミョーに盛り上がってます。表4の大学名の上に貼っているのは猫の親子なんですが…。
スピンの色も粋なんですよ。着物の色遣いっぽいところが、いいかんじじゃないですか?

編集:t:eeh

ツイート

助っ人MAUP

2015年3月19日 木曜日

最近は、新年度の教科書注文をたくさんいただいております。
ありがとうございます!

また新しい年度が始まるんだな…と、こちらも姿勢を正します。

「教科書」が、楽しくなってきたのって、いつからかしら。

「知りたい」とか「なんで?」…が、
自分から湧いて来た時って、不思議なくらいアタマに教科書が入ってきますよね。

MAUPの教科書が、みなさまにとってそんな助っ人でありますように…

私も今勉強してること、がんばります。

[総務:ピロイ]

ツイート

卒業式

2015年3月18日 水曜日

昨日も、今日も、朝の国分寺駅で袴姿の女子学生を
見かけました。
可愛いなぁ・・・思わず眼で追いかけてしまいます。
しゃきしゃきと一人で歩いているのは麗しいのですが、
その隣に大荷物をもったお母さんがおられること屡々。
あれはいただけませんなぁ・・・

と思っていたら、いましたね、お父さん。
隣ではなく、少し後ろに。
娘の後ろを歩くお父さん。
ハムコ世代には考えられない光景ですが、
なかなか良いお姿でありました。
おめでとうございます!とお父様に言いたい。
[編集:ハムコ]

ツイート