2015年5月 のアーカイブ

しおりデザイン

2015年5月29日 金曜日

募集しています! しおりデザイン。
応募条件はムサビ生・ムサビ卒業生ですが、グループ参加OK!
もしも、在校生・卒業生でない方は、ムサビ生・ムサビ卒業生にお声かけしていただき応募していただけると嬉しいです。
本ブログ5月20日付で営業:ずっち☆が、ご案内していますが、応募用紙・デザインテンプレートも用意して本サイトのtopicsにもアップしました。
w40.5×H140mmの小さな世界を作り出してください!

私も、今春からの新刊を中心とした販促用しおりの制作にとりかかります!
7月1日〜4日開催の東京国際ブックフェアでお渡しできれば……というだんだん追いつめられている進行です。
みなさん、しおりデザイン、がんばりましょう!

[制作:呑猫]

ツイート

ムサビのオープンキャンパス情報2

2015年5月28日 木曜日

昨日の凹山人も書いていましたが、
6月13日(土)と6月14日(日)に開催される
ムサビのオープンキャンパス2015の情報です。

場所は小平の鷹の台校舎
会場では、最新の大学案内冊子や、
入試問題・参考作品を掲載した入試ガイド
を配布しています。

また通信教育課程相談会は、
職員が学習方法や入学手続きなど
なんでも質問に答えてくれるので、
通信教育課程への入学を考えているかた、
この機会にお気軽にお立ち寄りください!

MAUPも2日間、
1号館下にて出店いたします。

MAUグッズの新商品も初登場!
大学特価よりもお得な
オーキャン1コインセットも準備中。

しかもナント!

ご購入者には
MAUPくじ引き(はずれなし!)」が引けます。
あたりは豪華景品(!)
目下、ピロイが準備中であります。

JR国分寺駅から武蔵野美術大学行きのバスが
便利ですが、混んでいる可能性があるので、
西武国分寺線の鷹の台駅から
新緑に包まれた玉川上水に添ってお散歩気分で
歩いて向かうのもオススメです。
(徒歩18分ぐらいです)

みなさまのお越しをお待ちしています。

[営業ずっち☆]

ツイート

またまたオープンキャンパス2015

2015年5月27日 水曜日

前回、今年のオープンキャンパスのご紹介をしてから10日余り経ちましたが、特設サイトにはイベント情報(6月開催分)がどーん!こちら

「イベント一覧」。一見、ずらずらっと情報がランダムに並んでいるだけのようですが、お好みでポチポチ選択すると、さまざまな項目ごとに内容を呼び出すことができます。
ポチポチしてください。きっと気になるイベントが見つかるはずです。

しかし、すごいイベント数。
前回おすすめした体験型も、本格的な授業形式のものから短時間でお気軽に体験できるものまで、多数開催。短時間のものを次々とハシゴして歩くのも楽しそうです。
あと注目したいのが、学生との交流イベント。
どのコーナーにも学生さんはスタッフとしているはずなので、いつでもどこでも交流は可能なのですが、「ムサビ学生広報局による個別相談」や「学生によるガイドツアー」など、学生さんを前面に押し出したイベントも用意されています。
学生さんならではの話を聞くことができるよい機会でしょう。
受験生の方は、先生方への相談と合わせて、是非。

そうそう、MAUPも1号館下にて出店予定です。
2日間限りの特別販売がありますので、乞うご期待!

オープンキャンパスは、受験生はもちろん、どなたでも参加していただけます。
是非、お越しください。

(編集:凹山人)

ツイート

いってらっしゃーい

2015年5月26日 火曜日

新見隆先生の『キュレーターの極上芸術案内』は
7月上旬刊行予定。順調な進行で、三校を前に、
今日は2時間かけて最後の打ち合わせ。
この赤字を反映させた四校が印刷所に入稿されて、
世に出ます。疑問点はこの時点で最終確認せねば、
編集者としては緊張しつつ、なんどもおなじような
質問に恐縮しつつ、もはや「偏執者」の領域。
ようやく終わって、研究室をしつれいするとき、
新見先生が大きな声で「いってらっしゃーい!」
と手を左右に大きく振るのをみて、文字通りコケた。
編集者としては、これからが勝負である。
著者は晴れやかな顔で、ゲラにお別れを告げている。
この潔さを讃えるべきか否か、悩むところである。
ハムコ

ツイート

どう見えますか?

2015年5月25日 月曜日

一説によると、
『モナ・リザ』の微笑みは、
自分が充実してたり、いいことがあったりすると、本当に微笑まれているように見え、
なんか疾しかったり、うしろめたかったりすると、責められているように見えるのだとか…。
(ほんとかな…)

…不思議ですね。
心が、投影されてるみたいで。でもそう言われれば…な気もします。気がしてきました。

いまだに、謎とか暗号とか秘密とか、いろいろ関心を集め続ける『モナ・リザ』。
光があれば影もできますから、そんな謎もまた魅力的。

今日、その微笑みはどんなふうに見えますか?

私には、…う〜ん
微笑まれているでも責められているでもなく…
「相変わらず単純だわね……ㅋㅋㅋㅋ」って笑われてる感じします(笑)

あ。
ㅋㅋㅋㅋ…はハングル文字です。

韓国の友人がいる方は、やり取りの中でよく使うと思いますが、
日本の、‘(笑)’ みたいなもので、「クククク…」って笑うニュアンスです。

モナ・リザだったら、「ㅋㅋㅋㅋ」(クククク…)じゃなく、
「ㅎㅎㅎㅎ」(ホホホホ…)かしら…(笑)

とりあえず、モナ・リザが優しく微笑んでくれてたら、
その時の自分に自信持っていいんじゃないでしょうか…

[総務:ピロイ]

ツイート

日本古典芸能史

2015年5月22日 金曜日

天王寺の妖霊星を見ばや(てんのうじのようれいぼしをみばや)。
太平記第5巻4「相模入道田楽を好む事」にこういう文が出てきます。
頃は鎌倉幕府末期、南北朝前夜。田楽と闘犬に耽った北条高時(相模入道)が京都と南都(奈良・興福寺)の田楽者を招いて連日宴席を催したときのこと。
鳶のような顔をしたもの、羽のあるものなど異形のものたちが「妖霊星を見ばや」と言った。それを女官が聞いた。おそろしや。というくだりなのですが、

この妖霊星について、「玄玖本では〈や よろぼし〉と記述されている」という注があり、「天王寺のよろぼし」なら、能の、四天王寺を舞台にした弱法師(よろぼうし)のことではないかと考えた次第です。
弱法師は説教節の「しんとく丸」を題材にしたお話で、寺山修司も「身毒丸」という戯曲を書いてますが、なんでこんなことを書いているのかというと、13〜14世紀当時の芸能事情が垣間見えて面白いからです。

最も早い段階で日本に渡来したと言われる謎の「伎楽」から、散楽、猿楽(新猿楽)、田楽、さらに能楽へ。このあたりの芸能史の変遷はダイナミックでまた謎に満ちてもいて知れば知るほどワクワクするジャンルです。
たとえば散楽には物真似、踊、曲芸、軽業、奇術、幻術、傀儡師、人形の芸があったそうで(このあたりは今岡謙太郎著『日本古典芸能史』がとても読みやすくわかりやすいです)、
北条高時が耽った田楽は散楽・猿楽の影響を強く受け、曲芸・軽業も含まれていたそうなので、闘犬といっても、今とは違う見せ物だったかもしれないですね。

当時の曲芸・軽業がどんなものだったのか。『日本古典芸能史』にも画像が載っているのでぜひご覧ください。かなり面白です。
伎楽面の「迦楼羅」の画像も載っていますが、これはまさに鳥の顔。女官が聞いたという「鳶のような顔をした異形のもの」も、こうした面を付けた「田楽者」だったんじゃないのかね、とあてどなく考えるのも楽しいかと。

編集:t:eeh

ツイート

順調!「通信教育課程卒業制作作品集」制作

2015年5月21日 木曜日

「制作作品集」制作……なんとも二重表現のようですが、MAUPでは現在平成26年度に通信教育課程を卒業した皆さんの卒業制作を1冊にまとめる仕事をしています。
まだコートを着込む卒業制作展の直前に撮影を始め、編集作業を進め、今日は複数の案があった表紙も決まりました。ここまで予定通りの進行です。6月に色校正をして7月上旬に通信事務部に納入し、その後、卒業された皆さんへ届けられることになっています。掲載されている卒業生の皆さん、しばしお待ちくださいませ。

そして、この季節もうひとつの「制作作品集」制作もしております。大学院修士課程の「修了制作作品集」です。こちらは、私が進行の流れを止めている、いけない状況。なんとか早く挽回せねば!

[制作:呑猫]

ツイート

しおりデザイン大募集! 2015

2015年5月20日 水曜日

*武蔵野美術大学在学生・卒業生向けのご案内です。

立川駅中のルミネ8Fにある
オリオン書房のブックフェア会場にて
昨年2014年に開催し、大好評いただいた
「しおりデザインコンペ」を今年も開催します。

今回のデザインテーマは2つ。

1つ目のテーマは、
[オリオン書房キャラクターしおり]

オリオン書房の“キャラクター”(非公式)
あなたが自由に創り上げ、
その“キャラクター”をしおりにデザインしてください!

2つ目のテーマは、[自由]!

みんなが手に取りたくなるような、
素敵なしおりをデザインしてください。

上記、両方のテーマをみたしたデザイン、
2点で1組の応募となります。

「星空」ゆうさんの作品です。 *今年は2つのデザイン募集です。

2014年の優秀賞「星空」ゆうさんの作品です。
*今年は2つのデザイン募集です。

 

フェア期間中、来店された方にテーマ別に、
このしおりが好き!と、いうものに投票していただき
テーマ毎で一番人気の作品を優秀賞とします。

応募締切は6月25日(木)です。
武蔵野美術大学在学生のみなさん、卒業生のみなさん、
ぜひご参加ください。
またグループでの参加も可能です。

■フェア開催期間:7月18日(土)~8月22日(土)まで
■会場:オリオン書房ルミネ店(JR立川駅ルミネ 8F)
■応募特典:ミニクロッキー帳
■優秀賞特典:3000円の図書カード贈呈
■主催:武蔵野美術大学出版局
■応募詳細はコチラ(PDF)
*5月27日(水)に「応募用紙・デザインテンプレート」を出版局のホームページトピックスに公開する予定です。
便利にご利用いただけますので、こちらもご活用ください。

ご応募お待ちしています!

[営業ずっち☆]

ツイート

言いたい言葉

2015年5月19日 火曜日

これから校友のみなさまにお送りするチラシが納品されました。

夏が始まる…感じします。

今回久しぶりに、ミニクロッキー帳の新色展開もございますので、お楽しみにしていてください。
売り切れ御免の限定品です。

…売り切れ御免

いい言葉です。

[総務:ピロイ]

ツイート

ムサビのオープンキャンパス2015

2015年5月18日 月曜日

5月も半ばを過ぎました。
ムサビでは、学生諸君も連休気分から覚めて、それぞれの制作や研究に勤しんでいることでしょう。一年の中でも最も落ちついている時期のひとつでしょうか。季候もいいですしね。
そんな中、大学としては、来月半ばのオープンキャンパスに向けての準備が本格化する頃です。
今年度も、6月、8月の2回、ともに小平・鷹の台キャンパスにて開催されます。

●ムサビオープンキャンパス
6月13日(土)10:00-18:00 / 6月14日(日)10:00-16:30

●真夏のオープンキャンパス
8月15日(土)9:30-16:00 / 8月16日(日)9:30-16:00

まだまだ情報は少ないですが、サイトも立ち上がっています。こちら
随時、新情報がアップされるようなので、たまにのぞいてみてください。

本格的なオープンキャンパスがはじまって、10年以上経つでしょうか。 
年々大掛かりになっていますが、それもこれも、皆さんにムサビの良さを知っていただきたいから。それに尽きると思います。
大学や各研究室が趣向を凝らしたプレゼンテーションにご注目。
体験型のイベントも多いので、是非ご参加ください。
そして、あの有名先生に直接相談ができるチャンスです! 
思い切って目の前の席に座ってください。
きっと気さくにお話ししてくれるはずです。
 
通学部中心のイベントではありますが、通信教育課程への入学相談もしっかりできます(12号館8階にて)。大学院への進学を考えている方も、是非お越しください。先日も書いたとおり、「大学院修了制作集が見たい!」とリクエストしてみてください。

そうそう、オープンキャンパス時、美術館では面白そうな展覧会が3つも開催されています。6月14日、8月16日は日曜日でも開館の予定。こちらもお見逃しなく。

また会期が近づいてきたらご紹介したいと思います。

(編集:凹山人)

ツイート